10月9日、レース2日目も熾烈なトップ争いが続く!- 2017 ブリヂストンワールドソーラーチャレンジレポート(6)

コト

この記事のタグ

このページを共有する
    • Twitter
    • Facebook
    • Google+
    • はてなブックマーク
    • LINE
10月9日、レース2日目も熾烈なトップ争いが続く!- 2017 ブリヂストンワールドソーラーチャレンジレポート(6)

レース2日目、午前8時にレース再開です。トップ2チームはデイリーウォーターの約10 km南からスタート。3位から8位までの第2グループはほぼ横並びで、デイリーウォーターでキャンプし、2日目のスタートを切りました。
English version is here外部リンク

太陽電池パネルに影を落とさないよう注意しながらソーラーカーを充電し、8時のスタートに備えます。

地元の子供たちもソーラーカーを見ようと集まってきました。

第3コントロールストップのテナントクリークまで約100 kmのところで、トップを走る3号車 Nuon Solar Team(オランダ)にトラブルが発生、2位につけていた10号車東海大学(日本)がトップに立ちました。しかし、40 kmほどで3号車Nuonがトップを奪い返し、約2分30秒のリードでテナントクリークに入りました。

有名な絶景スポット、デビルズマーブルの近く。奇妙な形の巨岩が並んでいます。

第4コントロールストップ、バロークリークでは、Nuonが引き続きトップ、東海大学が3分差で続きました。

一方、クルーザークラスでは、より実用的な車での戦いが繰り広げられており、前回優勝の40号車Solar Team Eindhoven(オランダ)が驚きの5人乗りソーラーカーでトップに立っています。

また、11号車 HS Bochum SolarCar-Team(ドイツ)は、初日にトラブルに見舞われながらも走行距離では2位まで猛追してきました。

この記事のタグ

このページを共有する
    • Twitter
    • Facebook
    • Google+
    • はてなブックマーク
    • LINE

ブリヂストンブログのソーシャルメディア公式アカウント