TEAM BRIDGESTONE #8 MAMI TANI PARALYMPIC TRIATHLON

折れない心 飽くなき挑戦心

photoTEAM BRIDGESTONE #8 MAMI TANI PARALYMPIC TRIATHLON 折れない心 飽くなき挑戦心 Photo by Kenta Onoguchi

prev

next

photophoto

谷真海(佐藤真海) MAMI TANI パラリンピック トライアスロン谷真海(佐藤真海) MAMI TANI パラリンピック トライアスロン

1982年 宮城県出身。中学校で陸上競技を始める。早稲田大学で応援部チアリーダーズで活躍していた2001年の冬、骨肉腫を発症し2002年4月に右足膝下を切断。義足で走り幅跳びに出場し、2004年のアテネパラリンピックから3大会連続で出場した。東京2020大会の招致活動では、IOC総会でプレゼンターを務めた。2016年から東京2020パラリンピックを視野にトライアスロンに転向。自ら招致を呼び込んだ東京2020パラリンピック出場を目指している。

主な戦歴

走り幅跳び
2004年 アテネ2004パラリンピック 9位
2008年 北京2008パラリンピック 6位入賞
2012年 ロンドン2012パラリンピック 9位
2013年 ブラジルオープン 日本記録(当時)
IPC世界選手権大会(フランス リヨン) 3位
トライアスロン
2017年 ITU世界トライアスロンシリーズ 横浜 優勝

Q&A

  • Q1

    今後の夢はなんでしょうか?

    まずはTokyo 2020の出場、そして表彰台にのぼること。

  • Q2

    「2020」と聞いて思い浮かぶ光景は?

    老若男女、人種、国籍、障害の有無に関係なく、
    すべての人が一つになって大会を楽しんでいる光景。

  • Q3

    意識的に自分に課している日課はありますか?

    早朝の練習を確実にこなしていくこと。

  • Q4

    自分自身が乗り越えたい壁はなんでしょうか?

    特にないです。常に限界の蓋を外しています。

  • Q5

    ご自身で自分の好きなところをあげてください

    折れない心。飽くなき挑戦心。

  • Q6

    スポーツの素晴らしさ、ひと言で言い表すとそれは?

    夢や希望をもたらし、人と人を笑顔で繋いでいくこと。

  • Q7

    東京2020は自分にとってどんな大会ですか?

    自らが招致に関わったからこそ、思い入れが強い。
    「家族」というチームで目指す初めてのパラリンピック。