会社情報

ニュースリリース

乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK REVO GZ(ブリザック レボ ジーゼット)」新発売−氷上ブレーキ性能を12%向上−

2009年7月16日
No.73
 株式会社ブリヂストン(社長 荒川詔四)は、乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK REVO GZ」を2009年9月1日より全国一斉発売いたします。発売サイズは40シリーズから80シリーズの全75サイズ、価格は全てオープン価格です。

 1988年に誕生した「ブリザック」は、発売以来多くのお客様にご愛用頂き、北海道・北東北地区では49.1%と高い装着率(※1) を獲得しています。今回発売する「BLIZZAK REVO GZ」は新技術の採用により、お客様のニーズの高い氷雪性能はもちろん、降雪の少ない地域で重要なニーズとなるドライやウェット性能など、様々な冬道での性能向上を実現。特に安全性能として重要な氷上ブレーキ性能を12%、ウェットブレーキ性能を9%向上(従来品「BLIZZAK REVO2」との性能比較(※2) )しています。

「BLIZZAK REVO GZ」に採用した新技術とその特徴は、次のとおりです。
(1) 新コンパウンド:「レボ発泡ゴムGZ」
従来のレボ発泡ゴムZに新素材を配合し、摩耗時に発泡ゴム内の気泡や水路が連結することで、すべりの原因となる氷上の水の膜を取り除く除水効果をさらに高め、氷上性能を向上。
(2) 新パタン:「非対称パタン」
路面状況や走行シーンによって変化するトレッドパタンの内側・外側それぞれの役割を適正化し、様々な冬道での性能を向上。
(3) 新形状:「非対称形状」
当社乗用車用タイヤ「Playz(プレイズ)」や「REGNO(レグノ)」に採用の非対称形状を「ブリザック」にはじめて採用し、タイヤやクルマのふらつきをおさえ直進安定性を向上。
(4) 新接地設計:「スリム&ロングコンタクト」
タイヤの接地幅をスリム化し、路面上の雪や水などから受ける抵抗を低減することで、雪路やシャーベット路、ウェット路での性能を向上。同時に接地長のロング化により従来品「BLIZZAK REVO2」同等の接地面積を確保。氷上性能に影響無く、上記性能向上を実現。

 なお、「BLIZZAK REVO GZ」は、当社自主基準を満足した環境性に優れた、「ブリザック」初となる「エコ対応商品」です。
(※1) 
調査データは参考資料を参照ください。
(※2) 
「BLIZZAK REVO GZ」と「BLIZZAK REVO2」の氷結路及びウェット路における制動性能指数を比較したもの。
テスト詳細、算出方法に関しては、下記を参照ください。

 商品概要の詳細は、次のとおりです。
商品名 BLIZZAK REVO GZ
(ブリザック レボ ジーゼット)
BLIZZAK REVO GZ(ブリザック レボ ジーゼット)

1.性能評価結果

 (1)「BLIZZAK REVO GZ」と「BLIZZAK REVO2」の氷上制動距離比較
【図】氷上制動距離比較
※テスト結果に関する詳細なデータは、タイヤ公正取引協議会へ届け出てあります。

 (2)「BLIZZAK REVO GZ」と「BLIZZAK REVO2」のウェット制動距離比較
【図】ウェット制動距離比較
※テスト結果に関する詳細なデータは、タイヤ公正取引協議会へ届け出てあります。


2.「BLIZZAK REVO GZ」に採用した新技術とその特徴

 (1)「レボ発泡ゴムGZ」が氷上での効きをさらに進化
【イメージ図】氷上に効く!

 (2)「非対称パタン」が様々な冬道に効く
【イメージ図】さまざまな冬道に効く!

 (3)「非対称形状」が直進安定性向上を実現
【イメージ図】直進安定性向上!

 (4)新接地設計「スリム&ロングコンタクト」がSNOW、WETに効く
【イメージ図】SNOW・WETに効く!


3.発売サイズ(75サイズ)
サイズ
245/40 R18 093Q■ 205/55 R16 091Q 185/65 R14 086Q
245/40 R19 094Q■ 215/55 R16 093Q 195/65 R14 089Q
245/40 R20 095Q■ 225/55 R16 095Q■ 145/65 R15 072Q
215/45 R17 087Q 205/55 R17 091Q 165/65 R15 081Q
225/45 R17 091Q 215/55 R17 094Q 175/65 R15 084Q
235/45 R17 094Q■ 225/55 R17 097Q■ 185/65 R15 088Q
245/45 R17 095Q■ 165/60 R14 075Q 195/65 R15 091Q
215/45 R18 089Q 175/60 R14 079Q 205/65 R15 094Q
225/45 R18 091Q 185/60 R14 082Q 215/65 R15 096Q◆
245/45 R18 096Q■ 165/60 R15 077Q 205/65 R16 095Q◆
255/45 R18 099Q■ 175/60 R15 081Q 215/65 R16 098Q◆
195/50 R16 084Q 185/60 R15 084Q 155/70 R13 075Q
205/50 R16 087Q 195/60 R15 088Q 165/70 R13 079Q
205/50 R17 089Q 205/60 R15 091Q 175/70 R13 082Q
215/50 R17 091Q 175/60 R16 082Q 185/70 R13 086Q
225/50 R17 094Q■ 195/60 R16 089Q 165/70 R14 081Q
235/50 R17 096Q■ 205/60 R16 092Q 175/70 R14 084Q
235/50 R18 097Q■ 215/60 R16 095Q◆ 185/70 R14 088Q
245/50 R18 100Q■ 225/60 R16 098Q◆ 195/70 R14 091Q◆
165/55 R14 072Q 215/60 R17 096Q◆ 195/70 R15 092Q◆
165/55 R15 075Q 155/65 R13 073Q 205/70 R15 096Q◆
175/55 R15 077Q 165/65 R13 077Q 215/70 R15 098Q◆
185/55 R15 082Q 155/65 R14 075Q 145/80 R13 075Q
195/55 R15 085Q 165/65 R14 079Q 155/80 R13 079Q
185/55 R16 083Q 175/65 R14 082Q 175/80 R14 088Q
■:
センター部分にリブ列を1列追加し、ブロック剛性を適正化したパタンを採用しています。
◆:
タイヤの構造を工夫し、タイヤ全体の剛性を強化することによりミニバン・1BOX車・ビッグセダンなどの重量車向けにチューニングしています。

4.発売日
 2009年9月1日(全国一斉発売)


<参考資料:ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザック」の特徴>

1.発泡ゴムのメリット
【イメージ図】発泡ゴムのメリット

2.ブリザックの装着率

※1:
2009年1月5日〜2009年2月17日にかけて、札幌市、旭川市、青森市、盛岡市、秋田市の5地区において、二段無作為抽出法により抽出された乗用車(含む軽)を保有している一般世帯を直接訪問して、乗用車の装着スタッドレス銘柄を調査。株式会社ブリヂストンが第三者の調査会社に委託して実施。


※2:
2009年3月に、札幌市においてタクシー営業車455台(法人371台、個人84台)を対象に、調査員が直接装着スタッドレス銘柄を調査。同一車のダブルカウントを避けるためナンバープレートも確認。株式会社ブリヂストンが第三者の調査会社に委託して実施。


one team, one planet ブリヂストンが世界共通の環境メッセージとして掲げた「One Team, One Planet」。
その意志は、グローバルに展開する一企業として、またその枠をこえてあらゆる人々と、地球のために、ひとつになること。
未来のすべての子どもたちが「安心」して暮らしていくために。

eco-Activities ブリヂストンが推進する環境経営活動を表すマーク
Ecologyの頭文字「e」を環境活動の土台として位置付け、そこから生まれた活動の成果 (芽) を「澄み切った空」や「生い茂る木々」としてシンボライズしています。

■2006年11月「中期経営に関する基本的な考え方」発表後の主な対外発表の位置付け
2007年以前の対外発表は除いています。
最終目標:タイヤ会社・ゴム会社として「名実共に世界一の地位の確立」を目指す

経営の基本方針:
1. 「更に上」を常に目指して、全ての製品・サービスで世界最高を目指す
基本戦略
(発表年 月 日)       主な対外発表
(1)戦略商品群への
積極的なリソース
投入
1. タイヤ
戦略商品
2009.07.16  乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK REVO GZ」新発売
2. 環境対応
商品・事業
3. 多角化事業
(2)基礎戦闘力の向上
(材料技術・生産技術)
(3)総合的企業活動の強化
2. 長期戦略を明確化し、事業領域の統合・拡大を推進する
 
3. 戦略的事業ユニット(SBU)制で真のグローバル企業を目指す
 
4. 「中期経営計画」を核に、全体最適のグループ経営を目指す
 
本件に関するお問い合わせ先
<報道関係>広報部   TEL:03-3563-6811
<お客様>お客様相談室   TEL:0120-39-2936
以上