ニュースリリース

ブリヂストン吹奏楽団久留米、「ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート」への出演が決定

‐ 当社発祥の地、久留米市(福岡県)で4月22日に開催。オリンピアンも登場 ‐

2017年03月10日

 ブリヂストン吹奏楽団久留米(団長:岩嵜義和)が、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)が主催する「ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート」に出演することとなりました。

 オリンピックコンサートは、JOCが、オリンピック・ムーブメントの推進を目的に、感動的なオリンピック映像を壮大なフルオーケストラの演奏とともにお贈りするスペシャルコンサートとして、1997年より毎年開催しているものです。このたび、新たな音楽、そして幅広い地域の方々との出会いを意図し、はじめて吹奏楽団との共演による首都圏以外での開催として、「ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート」と題し、4月22日(土)に福岡県久留米市で開催されます。

 コンサートに出演するブリヂストン吹奏楽団久留米は、1955年に「地域の音楽文化向上と社員の文化活動」を目的として、株式会社ブリヂストン創業者である石橋正二郎が結成しました。楽団員は当社久留米工場と鳥栖工場の従業員55名で構成されており、通常勤務をしながら全国各地で定期演奏会やチャリティーコンサートを行っています。

 また、吹奏楽団の出演に加え、株式会社ブリヂストンは本コンサートに協力します。
 当社は、2014年より国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドオリンピックパートナーとして、大会競技のサポートを行っています。様々な活動を通じ、東京2020に向けて、多くの方々と一緒にオリンピック・ムーブメントを盛り上げていきます。

今回のコンサートの概要は下記の通りです。

<『ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート』概要>
開催日時 2017年4月22日(土)開場16:00 開演16:30 終演18:00(予定)
イベント会場 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
(福岡県久留米市六ツ門町8-1)
主催 公益財団法人日本オリンピック委員会
協力 株式会社ブリヂストン
後援 久留米市、久留米市教育委員会
プログラム 【第1部】
・BSファンファーレ
・序曲《ローマの謝肉祭》(エクトル・ベルリオーズ)
・セント・フローリアン・コラール(トーマス・ドス)
・《幻想交響曲》より第5楽章「魔女の夜宴の夢」(エクトル・ベルリオーズ)
【第2部】
・どこまでも行こう(小林亜星)
・オリンピアン夢トーク/オリンピアン指揮者体験コーナー
・メリーゴーランド(フィリップ・スパーク)
・オリンピック讃歌(スピロ・サマラ)
出演 【指揮】冨田篤
【演奏】ブリヂストン吹奏楽団久留米、久留米児童合唱団
【ゲストオリンピアン】大林素子、三宅宏実
【司会】市原隆靖
scroll
  1. 入場無料。ご入場には整理券が必要です。整理券をご希望の方は下記リンクよりチラシ(PDF)をご覧ください。
  2.  http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/pdf/2017031001_chirashi.pdfPDF
    (約2.3MB)

【ブリヂストン吹奏楽団久留米 主な経歴】
 1955年: 結成
 1970年: 全日本吹奏楽コンクールで初の金賞受賞(以後、通算32回金賞受賞)
 1974年: 久留米市芸術奨励賞受賞
 1991年: 久留米市文化賞受賞
 2003年: 地域文化功労者として文部科学大臣から表彰

 当社は、様々な困難を乗り越えながら夢に向かって挑戦し続けるすべての人の挑戦・旅(Journey)を支えていくという思いを表現した「CHASE YOUR DREAM」をテーマに、事業活動や様々なイベントを通じて「地域社会への貢献」、「社会的責任の実践」、「多様性の尊重」を実現していくことで、オリンピックをサポートしていきます。


関連リンク:

本件に関するお問い合わせ先

<報道関係> 広報第3課  TEL:03-6836-3333
<お客様> お客様相談室 TEL:0120-39-2936

以上