Hara’s Eyes

~ブリヂストンの技術あれこれ~

Vol.2:タイヤ解析技術「アルティメット アイ」

2015年9月30日

image

こんにちは。技術スポークスパーソンの原です。今回は、当社のタイヤ解析技術「アルティメット アイ」についてご紹介します。

普通乗用車は、4本のタイヤがついて、1本のタイヤあたりハガキ1枚分の中で、「走る」、「曲がる」、「止まる」という現象が起こっています。このハガキ1枚の中では、人の目で見ることのできないいろいろな出来事が起こっています。「アルティメット アイ」は、ハガキ1枚の中でどんな出来事が起こっているのかを目に見えるようにする技術です。

image
image

ハガキ1枚の中起こっている出来事の代表的なものが、摩擦力と圧力です。タイヤに求められる性能を最大限に引き出すために、ハガキ1枚の中の摩擦力と圧力を最適の状態にすることが必要です。図のような色や形が摩擦力と圧力で、この最適な状態が見えるようにしています。
「アルティメット アイ」は、2つの技術を組み合わせています。一つは、ハガキ1枚の中で起こる圧力や摩擦力をコンピューターで予測する技術。これをシミュレーションといいます。もう一つは、精密機械によって、実際にタイヤが走っているときに、ハガキ一枚の中の圧力や摩擦力がどのようになっているかを見る精巧な計測技術です。このシミュレーションと計測技術を融合することにより、解析の精度を向上させ、より高性能なタイヤの開発に貢献しています。

image

例えば、当社製品「REGNO GR-XI」は、この「アルティメット アイ」を採用して生まれました。まさに、より高い性能を追求するための技術が「アルティメット アイ」です。「アルティメット アイ」 はブリヂストン独自の技術で、社外やカーメーカーからも大きな反響を頂いています。

image

実際には見えないものを、見えるようにする技術、その名の通り、まさに究極の目、「アルティメット アイ」です。この「アルティメット アイ」は、今後さらなるタイヤ開発力の向上につなげていきます。

※再生時に音声が出ます。