CSR

ブリヂストングループは「CSRは経営そのもの」という考えの下、CSR活動全般のレベルを上げることを目指して日々の事業活動を行っています。この CSRへの取り組みによってブリヂストングループの「あるべき姿」へとつなげていきます。

サステナビリティの考え方

ブリヂストン創業者 石橋正二郎
私の事業観は、単に営利を主眼とする事業は必ず永続性なく滅亡するものであるが、社会、国家を益する事業は永遠に繁栄すべきことを確信するのであります。— ブリヂストン創業者 石橋正二郎

1930年代の創業当時から、ブリヂストン創業者 石橋正二郎は、社会の役に立ち貢献する事業は永続すると信じていました。今日、一人ひとりの生活の質を脅かす社会課題や環境問題が深刻化するにつれ、この信念はかつてないほど重要性を増しています。現在、ブリヂストンはリーディングカンパニーとして、先進的で安全な交通手段の整備、健全で安心な社会の構築、そして自然と共生することで、社会に貢献すべく全力で取り組んでいます。

ブリヂストンは未来に向けて、「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」をより豊かにするためのイノベーションの実現に全力で取り組み続けています。それらを達成することにより、この先の将来にわたり、「最高の品質で社会に貢献」し続けることができると考えています。

これこそが「Our Way to Serve」 (私たちのCSRの考え方)です。

「Our Way to Serve」は。私たちが過去10年にわたり取り組んできたCSR「22の課題」の経験や成果を活かしながら、さらに進化させたものです。

ビジョン

「最高の品質で社会に貢献」することは、私たちが受け継いできた伝統と使命です。ブリヂストンと世界中で働く従業員は、業界のグローバルリーダーとして未来に対する責任を進んで果たしていくために、イノベーションと先進技術を通じて、人々がより快適に移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献します。

Our Way to Serve

ブリヂストングループでは、事業が社会に与えている影響を把握・分析するバリューチェーン分析と、社会課題に対し今後ブリヂストンの技術やイノベーションで解決できる領域の分析という2つのアプローチから、重点領域を検討しています。社会課題の洗い出しにおいては、持続可能な開発目標(SDGs※1)を含む国連における調査・合意事項やWBCSD※2における課題認識など、様々なステークホルダーの関心事が反映された資料をベースに実施しました。これらを社内ワーキングチームで検討し、社外のステークホルダーの方にもレビューいただきながら、サステナビリティに関する重要な取り組み内容を検討しました。

※1 Sustainable Development Goals

※2 持続可能な発展のための世界経済人会議

重点領域
(PA:Priority Areas)
基盤領域
(MF:Management Fundamentals)

持続可能な開発目標(SDGs)との関わり

当社グループの事業とサステナビリティに関する考え方及び活動を、2015年に国連で採択されたSDGsにおける目標と照らし合わせ、ブリヂストングループの強みと特性を活用して解決に貢献できる領域を特定しています。

CSR活動を推進する枠組み

会社(組織)のCSR実践と社員一人ひとりのCSR実践

ブリヂストングループでは、理念だけではなく、日々の事業活動の中で実践してこそCSRであるとの考えの下、「組織としての会社のCSR」と「社員一人ひとりのCSR」の二つの活動を両輪としてCSR活動を推進していく体制をとっています。また、ステークホルダーの皆様とのCSRコミュニケーションを通じて活動を振り返り、活動のレベルアップにつなげています。

CSRマネジメント体制

グループ全体でCSR活動を進めていくために、グローバルCSR推進体制、リージョナルCSR推進体制、領域・機能別ワーキンググループ(WG)という体制を構築しています。

グローバルCSR推進体制として、各SBUのマネジメントやCSRのそれぞれの活動領域・機能の委任者などから構成されるグローバルCSR推進コミッティ(Global CSR Enhancement Committee・GCEC)を設置し、様々なグローバル課題について取り組むべき領域の優先順位づけ、サステナビリティにおけるグローバル戦略の立案など、ブリヂストングループ全体のCSRの取り組みにおける基本的な考え方を立案、執行に関する最高位の会議体であるGlobal EXCOに答申します。また、ブリヂストングループ全体のCSR活動の進捗や社内浸透状況の確認も行います。

各SBU・地域においても、リージョナルCSR推進体制として、各SBU・地域のトップマネジメントを委任者とする会議体を設置し、各SBU・地域ごとにCSR活動の方針・目標進捗、活動のレビューなどを行い、その活動をGCECに報告します。

さらにグローバル・リージョナルそれぞれのCSR推進体制を円滑に機能させるため、CSR活動の各領域・機能別に各SBU・地域のメンバーで構成するワーキンググループ(WG)を設置し、グローバル全体として各々の領域・機能で取り組む内容や活動の進捗確認を行い、GCEC、各SBU・地域でのトップマネジメントに報告します。このような体制を構築し、ブリヂストングループ全体のCSR活動をグローバル全体で着実に進めています。

また、ブリヂストングループでは、CSRを事業活動の中で実践していくため、従業員一人ひとりの日々の業務への意識や姿勢が重要であると考えています。従業員がそれぞれ、CSRを自らの業務に落とし込み、あるべき姿に向けて実際に行動するために、様々な研修や教育を実施しています。