CSR

トップコミットメント

Our Way to Serve 株式会社ブリヂストン 取締役 代表執行役CEO 兼 取締役会長 津谷 正明

Our Way to Serve

ブリヂストングループは「真のグローバル企業」を目指して、新しいグローバルCSR体系『Our Way to Serve』を今年3月に始動しました。この新CSR体系を始めるに至った背景や目的を、私の経営者としての想いとともにお伝えしたいと思います。

新しいグローバルCSR体系 『Our Way to Serve』

1931年に当社を創業した石橋正二郎は次のように語っています。「私の事業観は、単に営利を主眼とする事業は必ず永続性なく滅亡するものであるが、社会、国家を益する事業は永遠に繁栄すべきことを確信するのであります」。ブリヂストングループは、この想いを企業理念として引き継いでおりますが、今後「持続的な成長」を実現していくための指針として、新しいグローバルCSR体系『Our Way to Serve』を定めました。

『Our Way to Serve』を始めることで、私たちは何を目指していくのでしょうか? 一言で言うと、 私たちは、世界中の多様なメンバー、グローバルなネットワーク、業界でのリーダーシップ、積み重ねてきたイノベーション、といった自社の強みや特性(コンピタンス)を活かしながら、人々がより快適に移動し、生活し、働き、そして楽しむことに貢献していくことです。この実現のために、次の3つを「重点領域(PA: Priority Areas)」として取り組んでいきます。

  • モビリティ: 革新的な技術により、社会とお客様にとって、より容易で、より安全、よりスムーズかつシームレスなモビリティの実現に取り組みます
  • 一人ひとりの生活:地域社会の健康や安全、教育の課題に真摯に取り組みます
  • 環境:持続可能な社会の実現を目指し、誠実に取り組みます

私たちはこの3つの「重点領域」に取り組むとともに、責任ある企業として、ガバナンス、コンプライアンス、そして行動規範の強化にも、引き続き全力で取り組んでいきます。これらの企業として欠かせない取り組みを「基盤領域(MF: Management Fundamentals)」と位置づけ、次の6つの分野に再構築しました。私たちは、この「基盤領域」においても、全ての分野で先進的な活動を進めていきます。

  • コンプライアンス・公正な競争
  • BCP(事業継続計画)・リスクマネジメント
  • 人権・労働慣行
  • 労働安全・衛生
  • 調達
  • 品質・お客様価値

『Our Way to Serve』 は単なるスローガンでも短期的なキャンペーンでもありません。むしろ、私たちの事業の中核を担うものであり、企業として存在し続けるために必要なものと考えています。そして、誠実さ、透明性、倫理性を備えて事業活動に従事するとともに、イノベーションを通じて最高品質の商品やサービスを提供していくための、私たちの日々の指針となるものだと捉えています。また、これらの「重点領域」や「基盤領域」は、2007年よりブリヂストングループが取り組んできたCSR「22の課題」を通じて得られた経験や実績を踏まえて構築しており、すでにステークホルダーの皆様にお約束したことを継承しています。例えば、2012年に策定した、 2050年を見据えた「環境長期目標」および2020年に向けた中期目標は、「重点領域」の一つである環境の取り組みとして引き続きグループ全体で活動していきます。具体例として、中期目標の一つとして取水による生態系への影響低減に取り組んでおり、2020年までに取水量原単位を2005年比で35%削減する目標に対して、2016年の実績では約28.5%の削減を実現しました。

グローバルCSRマネジメント体制

『Our Way to Serve』をグループ全体で実践し、持続性をより高めていくために、ブリヂストングループはグローバルCSR推進体制を構築しています。その中核を担うのが、「グローバルCSR推進コミッティ(GCEC)」であり、様々なグローバル課題の優先順位付けやサステナビリティに関するグローバル戦略の企画・立案に加え、CSR活動の進捗や社内への浸透状況の確認も行っています。また、GCECにて審議・共有された課題において、経営判断が必要なものについては、その上位にあり、グローバル執行の最高位の会議体である「グローバル経営執行会議(Global EXCO)」にて審議・報告しています。このように、Global EXCOメンバーも積極的に参画しながら、グローバル全体でCSR活動を推進する仕組みを構築しています。

ソリューション・プロバイダーへ

私たちは、技術、ビジネスモデル、デザインでのイノベーションを通じて人々が移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献し続けます。そして、これからも 「モビリティ」、「一人ひとりの生活」、「環境」の領域においてイノベーションを実現することを目指し、世代を超えて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

ブリヂストングループは、今までもイノベーションにより多岐に渡る商品やサービスを展開してきました。そして今後も、お客様の期待に応えながら、社会課題の解決に向けたソリューションビジネスを提供していきます。すなわち、お客様視点に立った高品質・高度なイノベーションから生まれる新しい価値を提供し、社会に対してより良い影響を与えていくとともに、お客様から「真のソリューション・プロバイダー」として認められることを目指していきます。これはまさに社会の役に立ち、社会に貢献し、事業のあらゆる面で責任を果たすことを志す『Our Way to Serve』の実践に他なりません。

真のグローバル企業に向けた経営課題

社会が持続可能でなければ、企業の持続可能な成長は望めません。持続可能な社会の実現を脅かす様々な社会課題を受け、2015年には国連で「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。またCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)において、21世紀後半にはCO2排出量を実質ゼロにすることを目指す「パリ協定」が採択され、2016年に発効しました。
このような状況変化の中で、ブリヂストングループは、経営の最終目標である「真のグローバル企業」、「業界において全てに『断トツ』の達成」を目指しておりますが、そのためにも当社グループが世界に与える影響の大きさを認識し、社会からの信頼や期待に応えながらこれらの問題に対応していくことが不可欠であると考え、経営改革を進めています。「真のグローバル企業」となるためにも、私たちは、誰もがより安全で快適な移動の実現に貢献し、地域社会の人々の健やかで安心な暮らしを支え、自然と共生しながら事業に取り組むことで、社会への責任を果たしていきます。当社グループへの期待は、これまで以上に高まっていると認識しています。

お客様と社会との共通価値創造を進めていく

ブリヂストングループは、企業としての社会的責任を果たすとともに、持続的な成長性・収益性ならびに競争優位性を確保しながら、これからもステークホルダーの皆様に価値を提供していきます。そのためにも、当社グループが事業を展開している150か国以上、14万人の従業員一人ひとりにCSRの考え方や取り組みをさらに浸透させることが引き続き重要だと考えています。私たちのこれまでのCSRの取り組みが評価され、昨年度に世界的なサステナビリティ指標であるDJSI Worldの構成銘柄に当社が選定されたことを誇りに思っています。そして今回の選定で、私たちは財務・非財務の両面から企業価値の向上に更に一段上の努力をしなければなりません。
2017年はブリヂストングループにとって、またCSRの取り組みにとっても新たな出発の年となります。「真のグローバル企業」を目指して、私たちは率先して社会課題と向き合い、社会からの期待に応えていくとともに、持続可能な社会の実現に貢献していきます。そして、多様なステークホルダーの皆様との積極的な対話を通じて、お客様と社会との共通価値の創造を進めていきます。

株式会社ブリヂストン
取締役 代表執行役CEO 兼 取締役会長
津谷 正明

津谷 正明