CSR

コミュニティへの参画

社会活動を通じた環境への貢献

「エコ・プロジェクト」の考え方

ブリヂストングループは、社会貢献活動を通じた環境貢献を「エコ・プロジェクト」としてグローバルで推進しています。各地域における環境課題をふまえ、以下の領域で直接的に貢献する活動に加え、次世代を担う子どもたちをはじめとした多くの方々に環境意識を高めてもらうための活動を行っています。

  • 生物多様性保護
    その地域の元来の生態系保全、回復へ寄与する活動
  • 循環型社会への貢献
    省資源、省エネルギー、3R(リデュース、リユース、リサイクル)活動などを通して、持続可能な社会の実現に寄与する活動
  • 地球温暖化防止
    地球温暖化の要因の一つと考えられるCO2の削減に寄与する活動
  • 次世代への環境教育
    次世代を担う子どもたちを始めとした多くの方々に環境意識を高めてもらうための活動

TOPICS

アースデイイベント(ベトナム)

2015年4月、ユネスコ協会と共に、アースデー・ベトナムを行いました。ベトナムで2回目の開催となった当イベントには、3,000名以上の若者が参加し、様々な活動を行いました。

「ブリヂストン びわ湖生命(いのち)の水プロジェクト」(日本)

自然観察会の様子

ブリヂストンは、彦根工場の近隣の琵琶湖の水環境を守るための活動を2004年より継続的に行っています。地域の方にご参加いただいている自然観察会の開催や絶滅危惧種「カワバタモロコ」の繁殖研究への支援などに取り組んでいます。

活動は11年目を迎え、自然観察会はこれまでに計65回開催し、参加者も延べ約5,500名となりました。また、「カワバタモロコ」の繁殖研究を行う工場敷地内のビオトープ「びわトープ」は、自然観察会や地域の子どもを招いた田植え・稲刈りを実施するなど、地域との環境コミュニケーションの場としても活用しています。

W-BRIDGEプロジェクト

アドバイザリーボードの様子
アドバイザリーボードの様子
発表の様子
発表の様子

 W-BRIDGE(Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environmentの略)は、地球環境保全に貢献するために、2008年に早稲田大学とブリヂストンが設立した産学民連携プロジェクトです。従来の「産」(企業)と「学」(大学)の連携に、「民」(地域の生活者)との連携を加えた二つの架け橋、つまりダブルブリッヂに基づいた実践的な研究・活動を支援しています。

 W-BRIDGEでは、毎年ブリヂストンが定める重点テーマおよび研究領域を対象に、大学と一般の方々が連携して取り組む研究・活動を募集し、優れた研究・活動に対して、資金提供、研究・活動に対する助言等を行っています。運営にあたっては、社外の有識者で構成される「W-BRIDGEアドバイザリーボード」より助言等をいただき、継続的改善に取り組んでいます。

 取り組みを開始してからの8年で延べ105件の研究・活動へ支援を行いました。第8期は11件の研究・活動を採択し、2015年7月から1年間の研究・活動が実施されています。研究や活動の成果については、多くの方々に活用していただけるよう、WEBサイト等を通じて広く世の中に発信しています。

W-BRIDGEの研究領域
W-BRIDGEの研究領域
4つの研究領域
4つの研究領域

※ 研究領域は定期的に見直し、更なる研究・活動の充実を図っていく予定です。

天然ゴム農園周辺における住民参加型の森林回復活動

天然ゴム農園周辺における住民参加型の森林回復活動
天然ゴム農園周辺における住民参加型の森林回復活動
ゴム林の様子
天然ゴム農園周辺における住民参加型の森林回復活動
現地成果報告会の様子

インドネシア南カリマンタン州にあるピーティー ブリヂストン カリマンタン プランテーション(BSKP)のゴム農園周辺には、火災等により消失し、荒廃した国有林が存在しています。「W-BRIDGE」の支援プロジェクトの1つとして、この国有林の回復を目指し、早稲田大学と(公財)国際緑化推進センターは、BSKP、Lambung Mangkurat大学、Tanah Laut 県林業局と共同で、住民林業制度を活用したプロジェクトを2012年より実施しています。

当プロジェクトでは、荒廃した国有林をパラゴムノキと昔から自生していた樹木の混交林として造成し、さらにパラゴムノキが成長するまでの間イネやマメなどの農作物を栽培することで、生物多様性に配慮しつつ、コミュニティにとって経済的に価値の高い森林づくりを目指しています。更に、回復した森林が再び荒廃地に戻らないよう、参加住民のパトロールによる森林火災の防止活動も実施しています。それらを通じて、地域住民が自立でき、森林が長期的に回復・維持できる仕組み作りを目指しています。BSKPは当プロジェクトによりパラゴムノキの苗木や生産技術の供与を通じ、住民の活動を支えています。

当プロジェクトにより、2015年までに累計37ヘクタールの森林造成が完了しました。県副知事から感謝状を授与されるなど、当プロジェクトは現地で非常に高い評価を受けています。