CSR

災害からの復興に向けて

ブリヂストングループは、被災された地域の皆様への支援を社会的使命の一つと考えています。改めて、災害により亡くなられた方々へ哀悼の意を表すると共に、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。今後も、災害の状況及び被災地ニーズを踏まえ、様々な復興支援を実施していきます。被災された方々が一日でも早く平穏な生活を取り戻されることを祈念いたします。

ブリヂストングループの主な災害復興支援

時期 災害 ブリヂストングループの支援内容
2016年4月 熊本地震 ・2,000万円
・被災地の皆様へ物資(食料等)を提供
2015年9月 東日本豪雨
(台風18号など大雨)
・1,000万円
2014年9月 エボラ出血熱 ・ブリヂストン:5,400万円
・ブリヂストン アメリカス インク:50万ドル
2013年11月 フィリピン台風 ・ブリヂストン:1,000万円
・ブリヂストン アジア パシフィックピーティーイー リミテッド:5万シンガポールドル
2013年4月 四川地震 ・ブリヂストン:1,500万円
・普利司通(中国)投資有限公司:30万元
2011年10月 タイ水害 ・ブリヂストン:5,000万円
・タイ ブリヂストン カンパニー リミテッド:120万バーツ相当の支援物資
2011年4月 東日本大震災 ・国内、海外のグループ会社:約7,700万円
2011年3月 ・ブリヂストン:2億円。1億円相当のグループ製品(自転車及び寝具)を寄贈

主な活動内容

被災地復興への支援活動(従業員ボランティア)

<熊本>
被災者住宅の土砂や瓦礫の撤去

ブリヂストングループでは、「ボランティア活動を通じて被災地を少しでも支援したい」という多くの従業員からの声を受け、支援を必要としている被災者に対し、ボランティア活動を実施しました。
地震による土砂崩れがあった南阿蘇村立野地区の住宅で、ブリヂストングループ従業員10名が、土砂や瓦礫の撤去、家財片付けを行いました。

<東日本>
被災家屋修復プロジェクト

ブリヂストングループでは、震災発生直後から被災地のニーズや復興段階に合わせた支援活動(寄付、支援物資、ボランティア活動)を継続的に行ってきました。被災地での従業員ボランティア活動は2016年末までに計70回実施し、累計で約1,500名(延べ人数)を超えるグループ従業員およびその家族が参加してました。震災発生から6年以上が経過し、被災地が置かれている状況も、緊急支援期から、生活再建期、復興支援期へと移行しています。このような状況をふまえ、ブリヂストングループでは、「コミュニティ活動支援」や「まちづくり支援」に焦点を当てた活動へ協力を行っています。

ブリヂストングループは、2013年より、福島県いわき市で市民主体での新たなまちづくりに取り組んでいる「いわき・おてんとSUNプロジェクト」への協力を行っており、同プロジェクトが取り組む「自然エネルギー(太陽光)によるコミュニティ発電事業」、「農業再生事業(オーガニックコットン栽培)」を支援しています。2016年も継続してブリヂストングループから有志を募り、53名(計4回)が活動に参加しました。

「夢のつばさプロジェクト」(子どもたちへの長期支援プロジェクト)

冬キャンプの様子(クリスマス会)

ブリヂストンは、被災地復興支援活動の一環として、2011年から「夢のつばさプロジェクト」の趣旨に賛同し、協賛を続けています。このプロジェクトは、東日本大震災によって保護者を亡くした子どもたちの長期的な支援を目的に、NPO法人お茶の水学術事業会や学生ボランティアチームを中心に進められているものです。宿泊型のキャンプを通じて、スポーツや施設見学などの様々な活動を共有・経験する中で、仲間をつくり、自らを育ててもらうことを目指しています。

2016年も春・秋の交流会や、東京都青梅市にあるブリヂストンの保養所で夏・冬のキャンプが開催され、合計80名の子どもたちが参加しました。