CSR

Mobility(モビリティ)

ミッション

モビリティは、日々の生活と同様に人類の進歩にとって重要です。安全で効率的な移動により、私たちはより快適に生活し、働き、楽しむことができ、経済発展が進みます。

モビリティの高度化は、よりよい公共交通、渋滞の減少、多様な移動ニーズへの対応を実現するとともに、交通事故を減らし、都市部での生活の質を向上させます。ブリヂストングループは強みや特性を活かし、世界中で社会や環境の課題を解決しながら、より安全で快適な移動を実現します。

先進的な技術とソリューションにより、
持続可能なモビリティのイノベーションを速める

ブリヂストングループは、革新的な技術により、社会とお客様にとって、より容易で、より安全、よりスムーズかつシームレスなモビリティの実現に取り組みます。

  • 多様な移動ニーズに応える
    スムーズかつシームレスなモビリティに貢献します。
  • モビリティの
    進化に貢献する
    独自の技術を活用し、人/物の移動を向上させます。
  • 安全・安心な
    移動を支える
    独自の技術を活用し、モビリティをより安全にします。

安全運転を足元からサポートする「CAIS (カイズ)※1

「CAIS」とは、車の中で路面と唯一接しているタイヤから、接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握することで、お客様に新たな価値を提供する当社センシング技術の総称です。ブリヂストンは、2015年に路面状態判別技術の実用化を世界で初めて※2開始しました。

路面状態判別技術は、降雪などによる路面状態の急激な変化をリアルタイムに感知することが可能で、刻々と変わる路面状態を車載解析装置によって、乾燥、半湿、湿潤、シャーベット、積雪、圧雪、凍結の7つに判別します。ブリヂストンはタイヤだけでなくシステム面での技術開発も進め、安全・安心なモビリティ社会の実現に貢献していきます。

※1 Contact Area Information Sensingに由来。「CAIS」は当社の登録商標です。

※2 タイヤによる路面状態判別技術の領域において。(2015年11月当社調べ)

路面状態を判別
路面状態を7つ(積雪、湿潤など)に判別

路面状態を判別

「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」のラインアップ拡充

POTENZA S001 RFT

「ランフラットテクノロジー採用タイヤ※1」は、空気圧がゼロになっても所定のスピードで一定距離を走行可能なタイヤです。パンクしても高速道路など危険を伴う場所を避け、安心してタイヤ交換ができる場所まで走行することができるほか、スペアタイヤ積載が不要になることで車重を軽量化できます。更に電気自動車やハイブリッド自動車に不可欠の大型バッテリーや次世代ディーゼルエンジン車に必要な触媒を搭載するための車内スペースの確保にも貢献します。

ブリヂストンは、このランフラットテクノロジー採用タイヤについて、新車装着用のほか、2011年7月からは市販用の「POTENZA S001 RFT」シリーズも販売しています。

更に2014年5月に北米市場において市販用ランフラットテクノロジー採用タイヤ※2として「DRIVEGUARD」全32サイズを発売しました。これにより、ランフラットテクノロジー採用タイヤの普及がグローバルに加速し、車社会に大きく貢献できると考えています。

※1 空気圧がゼロになっても所定のスピードで一定の距離を走行可能なタイヤ

  • 実車試験、または、ISO規格に基づいた室内ドラム試験において、速度80km/hで80kmの距離を走行可能です。
  • 実車試験とは、実際の車両を用いて所定の室外のコースを走る試験を指します。
  • 室内ドラム試験とは、直径2mの円筒状のドラムと呼ばれる金属製回転体に、1本のタイヤをISO規格が指定する荷重にて押し付けることで、室内の試験設備において実際の走行状態を模擬した試験を指します。

※2 「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」の中でISO規格に準拠したタイヤの呼称。ISO規格とは、空気圧0kPa時にしての室内ドラム試験条件において、「速度80km/hで80kmの距離」を走行可能なタイヤ。
「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」と「ランフラットタイヤ」について、詳しくはブリヂストンホームページ外部リンクをご覧ください。

「NVH※1ソリューション」による新たな価値を創造

ブリヂストンでは、タイヤの他にも、防振ゴム、シートパッド等の車に関わる商品を展開しています。防振ゴムは車の各部で振動や騒音の伝達を制御・低減する機能を持ち、車両の性能と安全性に関わる自動車部品です。主な機能である防振・制振、及び支持性能の他にも、車体の形状や燃費に関わる重量等、お客様のニーズに応じた製品を開発しています。また、シートパッドは座席として人と車をつなぐ最大のインターフェースであり、体を支え、揺れやぐらつきを抑えるといったシートの基本性能の多くを決定する重要な自動車部品です。材料技術や製品設計技術、評価・解析技術を用いて、シートの座り心地、乗り心地に合わせた最適な設計を行っています。

「NVHソリューション」では、これらの商品を単体で提供するだけではなく、商品や技術を複合的に活用いただくべくお客様に提案を行っていきます。技術とイノベーションで多様な移動ニーズに応えることで、単品では実現しえないお客様にとっての新しい価値を創造し、よりよいモビリティ社会の実現に貢献していきます。

※1 N(noise):騒音、V(vibration):振動、H(harshness):ハーシュネスの頭文字。

NVH

輸送事業者様のさまざまなニーズに応える運送ソリューション

リトレッドタイヤ

ブリヂストンでは、タイヤをより長く、安全に使っていただくために、トラック・バス用新品タイヤ、リトレッドタイヤとメンテナンスをパッケージで提供する運送ソリューションを展開しています。

リトレッドとは、使用済みタイヤの接地部分であるトレッドゴム※1を張り替えて再利用することです。新品タイヤを製造するよりも原材料の使用量が減り、資源の有効利用による環境負荷低減が可能となります。運送ソリューションではお客様の使用実態に合わせて新品タイヤと最適なメンテナンスサービス、及びリトレッドタイヤを提案することで、お客様の環境経営や経費削減に貢献します。また、使用済タイヤを回収し、全数リユース(再使用)・リサイクル(再利用)する「ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪」※2の活動と合わせ、タイヤの生産、使用、廃棄段階における省資源、CO2削減に貢献することにより、環境負荷低減を通じた社会価値創造に取り組んでいます。

※1 路面と接するゴム。

※2 リトレッドタイヤ製造工場と廃タイヤ中間処理工場を集約し2013年に開設。

シニアでも乗りやすい“かんたん電動アシスト自転車”「アシスタユニプレミア」

電動アシスト自転車
「アシスタユニプレミア」

ブリヂストンサイクルは、シニアでも乗りやすい、かんたん電動アシスト自転車「アシスタユニプレミア」を、2014年10月に販売を開始しました。

高齢化時代を迎えた国内市場において、シニア層のニーズを的確に反映した商品を提供することは企業にとって大きな課題となっています。

製品の開発にあたっては、65~75歳の方々を対象に「電動アシスト自転車利用実態調査」を実施。当調査を通して、シニア層の中には、脚力が弱ったことによる自転車走行時の問題を実感しているものの、電動アシスト自転車は「重い、怖い、複雑」という理由から、電動アシスト自転車を敬遠している方々がいることが明らかになりました。

こうした調査結果を受けて設定したテーマは「乗りやすくて、扱いやすい、かんたんな電動アシスト自転車」です。具体的には、軽量・低床・シンプルを追求しました。重量は、一般的な自転車と同等の22.1kg※1を実現し、体力に自信がなくても安心して取り回すことが可能です。フレームは、小径タイヤの採用と、低床化設計により、身長138.5cmの方から両足が地面につくので※2、急な停車時も安全です。また、シニアの方々にとっては複雑だった電動アシストのスイッチは、機能を絞り、ボタンも大型化。シンプルで操作がしやすい仕様となりました。また、シニアを意識させないシックでエレガントなカラーリングでデザイン。シニア目線の価値観とニーズを織り込んだ“かんたん電動アシスト自転車”です。

  • ※1 ブリヂストンサイクルが販売する「アシスタユニプレミア20インチモデル」と「JOBNO(ジョブノ)点灯虫モデル 27インチ」との比較
  • ※2 タイヤサイズ20インチモデルの場合

TOPICS

鉱山・農業機械向けソリューションビジネスの社内カンパニーを創設

ブリヂストングループは、鉱山車両用タイヤや、採掘した鉱石などを運ぶために使用されるコンベヤベルトの事業を展開しています。大型の鉱山車両用タイヤは、製造に高度な生産技術と大型特殊設備が必要となるため、世界でも限られた会社のみが製造しています。鉱山という過酷な環境でのモビリティを、お客様にとってより安全で効率的なものとするために、ブリヂストンは2015年、鉱山・農業機械向けソリューションビジネスの社内カンパニーを創設しました。これまで別々に販売していた鉱山車両用タイヤとコンベヤベルトという当社グループが競争優位性を持つ商品を組み合わせた上で、サービスやITサポートまでをトータルで提供するソリューションビジネスを推進しています。このようなアプローチにより新たな顧客価値を創造し、サプライヤーという立場から、お客様のパートナーとして選ばれることを目指しています。また、タイヤの効率的な利用が可能になり省エネや長寿命化による省資源といった環境面での社会価値も創出できると考えています。

ダンプと鉱山車両

産業と社会・環境の持続可能な未来をつくるグローバルな取り組み

WBCSD
タイヤ産業プロジェクト10周年記念誌
タイヤ産業プロジェクト
10周年記念誌

ブリヂストングループは、2006年にスイスのジュネーブに本部を置くWBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)に加盟し、同年より「タイヤ産業プロジェクト」に参加しています。2015年にタイヤ産業プロジェクトは10周年を迎え、これまでの持続可能性に関する活動成果をまとめました。

「タイヤ産業プロジェクト」

タイヤが環境や健康に与える影響の研究と課題解決に向けた取り組み

  1. 1タイヤ摩耗粉塵が環境と生態系に与える影響を研究
    タイヤ使用時に発生する摩耗粉塵について、これまでの実証試験では環境や健康に対するリスクは低いことが判明しています。
  2. 2効果的な使用済みタイヤ管理システムのグローバル展開
    国や地域により取り組み方法・レベルが異なる使用済みタイヤの管理に関し、2010年に「廃タイヤ管理マニュアル」を発行。効果的な使用済みタイヤ管理システムをグローバルに展開する活動を継続的に推進しています。
  3. 3ナノマテリアルが環境と生態系に与える影響を研究
    OECD(経済協力開発機構)との共同プロジェクトにより、カーボンブラックやシリカなどの原材料がタイヤに使用されることによる社会・経済に対する貢献度や、それらの原材料がタイヤの開発・製造段階で使用される際に環境や人体に与える影響に関するリスクアセスメント・防護措置の最適方法などが研究され、OECDよりレポートが公表されました。また、これらの原材料が作業者の健康に影響を与えるリスクは低いと考えられています。