CSR

調達

CSR調達の充実

ミッション

持続可能な調達活動を通じ
社会価値を創造する

私たちは、長期的に環境、社会、経済をよりよくしていくため、次に掲げる4項目をサプライチェーン全体に浸透させていくことで、持続可能な社会と価値創造の実現に向け、誠実に取り組みます。

  1. 1. 透明性
  2. 2. コンプライアンス
  3. 3. QCD & イノベーション
  4. 4. 持続可能な調達活動

ステークホルダーの皆さまに向けた方針と目標の設定

CSR調達ガイドライン

ブリヂストングループでは、お取引先様と一体となって総合的な競争力を高めるために、「サプライチェーンパートナーシップ向上制度」の枠組みの中で、CSR調達を推進しています。

調達方針

ブリヂストングループの調達におけるビジョンは、持続可能な調達の実施により社会価値を創造することです。当社は「グローバルサステナブル調達方針(調達方針)」を通じて、このビジョンの実現に取り組んでいます。

推進体制

ブリヂストングループ全体でCSR活動を進めていくために、グローバルCSR推進体制、リージョナルCSR推進体制、領域・機能別ワーキンググループ(WG)という体制を構築しています。

グローバルCSR推進体制として、各SBU※1のマネジメントやCSRのそれぞれの活動領域・機能の委任者などから構成されるグローバルCSR推進コミッティ(Global CSR Enhancement Committee:GCEC)を設置し、様々なグローバル課題について取り組むべき領域の優先順位づけ、サステナビリティにおけるグローバル戦略の立案など、ブリヂストングループ全体のCSRの取り組みにおける基本的な考え方を立案、執行に関する最高位の会議体であるGlobal EXCOに答申します。また、ブリヂストングループ全体のCSR活動の進捗や社内浸透状況の確認も行います。
調達 WGにおいては、調達活動全般について最新の様々な社会要請を踏まえながらグローバル全体で取り組む内容や活動の進捗確認を行い、GCEC及び各SBU・地域のトップマネジメントに報告しています。
今後も、常に社会からの期待を積極的に取り入れ、活動に反映していきます。

※1 Strategic Business Unit:戦略的事業ユニット。

CSR調達の推進

CSR調達浸透の取り組み

ブリヂストングループでは、お取引先様と一体となって総合的な競争力を向上させる「サプライチェーンパートナーシップ向上制度」の枠組みの中で、CSR調達の推進を行っています。

調達方針説明会の開催

ブリヂストンでは、お取引先様に当社グループの調達方針をご理解いただくため、毎年「調達方針説明会」を開催しています。

説明会では、業界を取り巻く環境をお取引先様と共有し、サプライチェーン全体の競争力向上に、お取引先様と一緒に取り組んでいきたい旨をご説明しています。その取り組みの一つとして「サプライチェーンパートナーシップ向上制度」の活動状況を紹介し、お取引先様へ、CSR活動の自主改善について、共に取り組むことをお願いしています。

ブリヂストンでは、2013年にお取引先様の環境活動を表彰する「グリーンパートナー表彰」制度を設立しました。この制度では、ブリヂストングループの環境宣言に基づき、「自然と共生する」「資源を大切に使う」「CO2を減らす」の領域で、環境負荷低減や環境貢献に関して実績のあった活動を表彰します。2016年は、旭化成株式会社、青木株式会社の2社様を表彰しました。

CSR講習会の開催

ブリヂストンでは、お取引先様のCSR活動のレベルアップを支援するため、「CSR自主チェックシート」の評価結果をもとにお取引先様を選定し、CSR講習会を開催しています。

ブリヂストングループでは、今後も講習会などを通じ、お取引先様のCSR活動のレベルアップに向けた支援活動を継続していきます。

[CSR講習会の概要]

・基礎コース

  1. (1)CSR講習会の趣旨説明(テーマ:CSR調達活動の遂行)
  2. (2)輸出入コンプライアンス
  3. (3)不正防止
  4. (4)環境(サプライチェーン全体での環境推進活動)
  5. (5)人権・労働(労務問題・職場管理のポイント)
  6. (6)安全衛生・防災
  7. (7)情報セキュリティー

・発展コース

  1. (1)CSR講習会の趣旨説明
  2. (2)環境
  3. (3)安全衛生・防災
  4. (4)品質

改善に向けたモニタリングとサポート

お取引先様環境訪問活動

ブリヂストンでは、「CSR自主チェックシート」の結果に基づき、環境への取り組みに関して改善が必要と考えられるお取引先様に対する訪問支援を2009年より継続的に行っています。これはブリヂストンの環境専門部署の従業員が実際にお取引先様を訪問し、環境への取り組みをチェックして改善案を提案するものです。2016年は、5社への訪問支援を行いました。

今回訪問支援を行ったお取引先様からは「大変有意義であり、今後改善案について検討していきます。」とのコメントもいただきました。「CSR自主チェックシート」で取り組み状況を確認するだけではなく、お取引先様と協力しサプライチェーン全体でのCSR活動のレベルアップを目指した取り組みとして、この活動を今後も継続していきます。

天然ゴムのサステナビリティ向上に向けた活動

2016年、ブリヂストン シンガポール ピーティーイー リミテッドはピーティー ブリヂストン スマトラ ラバー エステートと協力して、ゴム製造の生産性と品質の向上促進のために、タッピング法(パラゴムノキに切り込みを入れて樹液を抽出するプロセス)の講習会をタイのハジャイで行いました。講習会には約30名の地元のゴム農家が参加し、タッピング法の知識と技術を磨きました。

「CSR自主チェックシート」のグローバル展開

ブリヂストングループのCSR活動の考え方を広く海外のお取引先様にも理解していただくため、2016年も日本、欧州、東南アジア、中国のお取引先様を対象に人権・労働、環境、安全衛生・防災、公正取引・倫理、情報セキュリティー、社会貢献の各項目に関する「CSR調達ガイドライン」および「CSR自主チェックシート」を配布しました。

また、ブリヂストンでは、お取引先様の自主的な改善活動を支援していくため、「CSR自主チェックシート」の記入内容に基づいた改善の方向性提案や「環境訪問支援」として、お取引先様の生産拠点を訪問し、改善アドバイスを行っています。

2016年は、「CSR自主チェックシート」の中で「CSR活動が開始されている」と回答したお取引先様はブリヂストングループのお取引先様全体の97%となりました。今後もお取引先様と協力し、サプライチェーン全体でのCSRの取り組みを改善・向上させていきます。