社会貢献活動

「地域特有の課題」に取り組む社会貢献活動|各地域での活動事例|日本

イルカ人工尾びれプロジェクト

  • プロジェクトについて
  • 人工尾びれ開発ドキュメント
  • 開発者インタビュー

ブリヂストンがこれまでに開発してきた人工尾びれの変遷を以下にまとめました。フジの状況の変化とあわせてご覧ください。

時期 フジの状況変遷 人工尾びれ開発の変遷
2002年
12月

美ら海水族館より、尾びれの大半を失ったフジに装着するゴム製の人工尾びれ開発の依頼が持ち込まれる

尾びれの両端から壊死が始まった
壊死を断つために処置を施されたフジの尾びれ
処置により命はとりとめたが泳ぎ回ることが出来なくなった
 
2003年
1月
 

可能性を確かめるためのサンプル製作
(2002年12月~2003年1月)

紙粘土とシリコーンゴムでサンプルを作り可能性を探る
八景島シーパラダイスにてイルカの視察を行い、尾びれの感触を確認する
3月 フジの尾びれの傷が完治  
4月   「イルカ人工尾びれプロジェクト」がスタート
9月  

初期型人工尾びれ(長靴型)製作

イルカ本来の尾びれをもとに3Dデータ化を行う

12月   造形作家による尾びれレプリカ製作
2004年
3月
 

新形状人工尾びれ製作

6月  

カウリング型人工尾びれ製作

他のイルカと判別しやすくするため、カウリングをブルーに塗装。

東京大学大学院工学系研究科での水槽実験

8月

フジがジャンプを試みるようになった。

ジャンプを試みた時に尾びれが破損

泳ぎ回れるようになったことにより急速に体力が回復する。

カウリング型が壊れた、という連絡が入る。

カウリング型人工尾びれの改良
(FEMで補強材の構造について計算)

12月

フジが大ジャンプを成功させる。

壊れない尾びれの完成

2005年
7月
 

尾びれの3Dデータ化開始

2006年
1月
 

シェル型人工尾びれ「E1」製作

4月

フジが高いジャンプを成功させる

シェル型人工尾びれ「E2」「E3」製作

5月  

カウリング型人工尾びれの改良版「YBECC 1」製作

「YBECC」と命名される
9月   「YBECC 2」製作
10月   「YBECC 3」製作
2007年
4月

「YBECC 4」をつけてジャンプ。

イルカ本物の尾びれの推進力を持つとされているYBECC 4

「YBECC 4」製作

6月

「YBECC 5」をつけてジャンプ。

「YBECC 5」製作
人工尾びれ内部に入れる補強材を増やし、YBECC4よりも硬い尾びれを製作

前へ

次へ