Table for Two

(株)ブリヂストン 本社地区

「Table for Two」とは、開発途上国の飢餓問題と、先進国の過食による健康問題を同時に解決することを目的に2007年に日本で始まったプログラムで、2010年10月より本社の社員食堂に導入しました。ヘルシー(低カロリー)メニューに1食あたり20円(開発途上国の子ども達の給食1食分に相当)を寄付金として上乗せし、そこで集められたお金を開発途上国の子ども達の学校給食へと役立てています。