社会貢献活動

「安全」をテーマとした社会貢献活動

コンパクトタイヤゲージを安全にお使いいただくために

2006年4月より、当社主催のイベント等の場にて皆様にお配りしておりますコンパクトタイヤゲージ(※写真右参照)の使用時において、その一部に本体が破損しゲージスティックが飛び出した事例が報告されました。
つきましては、本品の取扱説明書にある記載事項と共に、以下の内容(取扱説明書の内容と一部重複)にも充分ご留意の上、安全にご使用いただきますようご案内申し上げます。

  • お子様のご使用はご遠慮ください。
  • 空気圧を測定の際にはゲージスティックの飛び出す方向に人がいない事を確認してください。 また、その方向にご自身の顔や身体を近づけないように注意してください。 バルブ(空気入れ口)にタイヤゲージを差し込むことにより空気圧が測定されます。 ゲージの表示は測定値で止まりゼロに戻ることはありませんので、ゲージをバルブから外した後に空気圧を読み取ってください。
  • ゲージ本体に少しでも緩み、破損が見られる場合には使用を中止してください。
    乗用車(軽・普通車・小型車)用のタイヤゲージで、タイヤ空気圧の測定範囲は300kPa(約3kgf/cm2)までです。なお、車種によりタイヤの指定空気圧を300kPa超の値に指定している乗用車もありますので、その場合は使用しないでください。
    また、スペアタイヤ(テンパータイヤ)の多くは空気圧が300kPaより大幅に高いので使用しないでください。