CSR

ステークホルダーの皆様とのコミュニケーション

ブリヂストングループは、責任ある企業として、事業活動を通じて持続可能な社会の実現や社会課題の解決に取り組んでいます。

具体的には、ステークホルダーの皆様との対話を通じて、ブリヂストングループやその取り組みに対するより良い理解を促進するとともに、皆様からの意見や評価、期待などを広く収集し事業活動に活かすことで、持続的成長に向けた継続的改善を行っています。また、グローバルに事業を展開するブリヂストングループは、統一したメッセージ=”One Voice”を発信する体制を整え、コミュニケーションの全体最適を図っています。

ブリヂストングループでは、多様なステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを重視しており、コミュニケーションに際しては、各ステークホルダーの皆様に対して責任と課題を明確にし、それぞれに適した効果的な方法・機会を用いています。

CSRコミュニケーション
ブリヂストングループのコミュニケーション事例
主なステークホルダー ブリヂストングループの責任と課題 主な対話の方法・機会
お客様
  • 魅力的な商品・サービスの開発
  • 適切で迅速な対応・サポート
  • 適切な情報提供
  • 適正なお客様情報の管理
  • お客様相談室の設置
  • お客様の声の分析・データ化及び社内への展開
  • タイヤとゴムの博物館「ブリヂストンTODAY」の運営
  • ウェブサイトやソーシャルメディアでの情報発信
  • 日々の営業・サービス活動
  • 市場調査等による顧客満足度調査
株主様
投資家様
  • 企業価値の最大化
  • 適時・適切な情報開示
  • 定時株主総会
  • コーポレート・ガバナンス報告書
  • コーポレートガバナンス・コードに関するレポート発行
  • 決算説明会・中計説明会の開催
  • 投資家情報ホームページでの情報開示
  • 統合報告のフレームワークに基づいた報告
  • 投資家説明会の開催
お取引先様
  • 公平・公正な取引
  • CSR調達の推進
  • 日々の調達活動
  • 調達方針説明会の開催
  • 調達ガイドラインの策定・展開
  • サプライヤー表彰制度
  • 代理店総会(経営者懇談会)の開催
従業員
  • 人権の尊重
  • 多様性(多様な働き方)の尊重
  • 最適人材の活用、人材育成
  • 安全衛生・健康経営の推進
  • 労使の相互理解
  • 従業員満足度調査
  • 集合・選抜研修
  • 人事評価制度・キャリア&デベロップメント面談
  • 社内公募制度
  • 労使協議会
  • 社内報・イントラネットでの情報発信・共有
  • 経営者と従業員との直接対話集会
  • Bridgestone Group Awards他功績表彰制度
  • オリンピアン、パラリンピアン等のアスリート等を活用した社内向けイベント
地域社会
  • 地域社会への貢献活動
  • 社会活動を通じた環境への貢献
  • 事業所地域での活動
  • 地域の皆様を対象にした工場見学会
  • 環境、安全啓発活動
  • 地域イベントの主催、協力
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた地域イベント
  • 熊本地震被災地でのボランティア活動
  • 東日本大震災復興支援活動
官公庁
業界団体
教育機関
  • 安全・安心な自動車社会発展の推進
  • 経済団体・業界団体との対話
  • 各国政府担当者との対話
  • WBCSD(TIP)※1への参画
  • 地域自治体との交流・意見交換
  • 産官学での協働を通じた対話・連携・支援

※1 WBCSD(TIP):持続可能な発展のための世界経済人会議(タイヤ産業プロジェクト)

TOPICS

リオ2016オリンピックでのブランディング活動

ブリヂストンは2014年に国際オリンピック委員会のワールドワイドパートナーとなって以来、オリンピックを通じて様々なステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを図っています。

ワールドワイドパートナーとなって初めて迎えたリオ2016オリンピック大会(リオ大会)では、マーケティング活動の一環として、空港や市内の様々な場所で関連活動を実施し、ブラジルのお客様にブリヂストンのブランドを強く印象づけることができました。また、オリンピックという最高のコミュニケーションの場を活用し、世界中からお客様・お取引先様をご招待し大会を満喫いただくプログラムや、グループ従業員の一体感を醸成する施策も実施しました。更には、オリンピックに出場するアスリート支援や国際ゴルフ連盟(IGF)と共同でゴルフ競技そのものをサポートすることに加え、教育・スポーツ支援プログラムへ参加するブラジルの若者をサポートするといった地域貢献も行いました。

オリンピックは、グローバルで人気があり、また性別・年齢に関係なく好まれているイベントです。ブリヂストンはオリンピックというユニバーサルなプラットフォームを通じ、ブリヂストンのブランドの魅力を世界中のお客様に届けていきたいと考えています。

お茶の水女子大学と女性リーダーの育成支援を目的とした包括的協定を締結

ブリヂストンは、国立大学法人お茶の水女子大学との間で、女性リーダーの育成支援を目的とした包括的協定を2017年1月9日に締結しました。多様性を尊重し、女性の更なる活躍をサポートするという理念を共有する両者が協定を結び、未来のグローバルリーダーシップを担う女性の育成を図ります。なお、本協定は、ブリヂストン初となる女性リーダー育成のための産学連携となります。

また、同日、協定締結を記念したパネルディスカッション「女性リーダーが未来をつくる 多様性のある社会に向けて」を開催しました。パネリストとしてお茶の水女子大学長 室伏きみ子氏、ブリヂストン 津谷取締役 代表執行役 CEOに加え、同大学卒業生でもある小西雅子氏(東京ガス リビング本部営業第二事業部長)、当社材料・製品評価品質保証部長の青山美奈、ファシリテーターとして野村浩子氏(淑徳大学教授)が登壇し、様々なステージでリーダーシップを発揮している皆様の経験をふまえたリーダー論が展開されました。一般の方々や関係者約150人余が集まり、熱気溢れるパネルディスカッションとなりました。

中期経営計画説明会

ブリヂストンでは、中期経営計画(中計)の説明会を機関投資家・証券アナリストに向けて毎年開催しています。説明会では、ブリヂストン代表執行役CEOが自らの言葉で中計の詳細を説明し、出席者との質疑応答も活発に行われます。当社の中計は対象期間を5年間とする一方で、事業環境の変化や将来展望を反映させて毎年更新しており、当社グループの経営における重要な改革ツールとなっています。中計説明会は、企業価値の最大化に向けた中長期的な取り組みを、投資家の皆様にお伝えする貴重な機会であると考えています。

CEO・COO、部門トップと従業員の対話

2012年3月にスタートした新経営体制では、「コミュニケーション」「ボトムアップ」「チームワーク」を重視して、社内コミュニケーションの活性化に取り組んでいます。

取り組みの一環として、ブリヂストン及び国内外グループ会社において津谷取締役 代表執行役CEO・西海取締役 代表執行役 COO、部門トップと従業員が直接語り合う対話集会を継続的に開催しています。両者の距離を縮め、全社で経営トップのメッセージを共有することを目的として、さまざまなコミュニケーション機会が積極的に企画・実行されています。

お客様、一般の方とのダイレクトコミュニケーション

お客様相談室では、お問合せやご意見といったお客様からいただいた生の声や、インターネット上でのブリヂストンに関する評判を逐次収集・分析し、執行役をはじめとする社内の各役員に情報展開しています。これにより製品やサービスの改善につなげると共に、グループ報などを通じて社員のモチベーション向上を図っています。また、インターネットやデジタルサイネージ上などでのコミュニケーションに動画や画像を多く活用し、ブリヂストンの活動をわかりやすくお客様、一般の方に伝えていくことにも注力しています。

工場見学会の開催

ブリヂストンでは、地域の皆様に開かれた工場を目指し、一般の方々を対象としたWEB公募の工場見学会を定期的に開催しています。各地の工場では、タイヤを生産する様子を実際にご覧いただくとともに、環境への負荷を軽減するための取り組みなどをご紹介しています。2016年は、国内のタイヤ工場において13回の工場見学を実施し、合計300名を越える参加者の皆様に当社に対する理解を深めていただきました。今後も、地域の一員としてより良い地域社会の発展に寄与すべく、地域の皆様と積極的にコミュニケーションを図っていきます。