安全への取り組み

タイヤの基礎知識スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤの特徴を理解して安全な冬のドライブに出かけましょう。

スタッドレスタイヤって何?

雪道や凍結路で滑らず、安全に走る為に開発された冬用タイヤのことです。以前はタイヤに鋲(びょう)が打ち込まれた「スパイクタイヤ」が冬用タイヤの代名詞でしたが、乾燥した道路を走行すると、アスファルトを削って粉塵公害を引き起こしたために、平成3年から原則的に禁止となりました。そこで、鋲を使わない「スタッドレスタイヤ」が開発されたのです。氷点下の道路でも柔らかさを保つゴムを使用して道路をつかみ、凍結路でも滑りにくい形状の溝を持っているのが特徴です。

※スタッドレスタイヤとは、鋲(スタッド)を打ち込んでいないタイヤのことです。

タイヤが凍った路面で滑る理由は?

路面とタイヤの間に融けた氷が「水の膜」として存在し、路面とのグリップが確保できないからです。夏用タイヤは、この「水の膜」に対処することができないため、スリップを引き起こす可能性が高まります。冬用タイヤのスタッドレスタイヤは、氷の上にできる「水の膜」を素早く取り除き、タイヤを凍った路面に密着させることで高いグリップ力を発揮することができます。

スタッドレスタイヤの特徴

【スタッドレスタイヤと夏用タイヤの違いって何?】
スタッドレスタイヤは夏タイヤに比べて多くのサイプ(切り込み)があります。ミクロの気泡と水路を無数に設け、凍結路面での水膜を排除する発砲ゴムを採用。減っても気泡が表面にでてくるためグリップ力を持続できます。

【ブリヂストンのスタッドレスタイヤの特徴】
凍った路面は、一見、平らに見えていても表面には微小な凹凸があります。ブリヂストンのスタッドレスタイヤは、そのような路面でもしっかり密着し、高いグリップ力が得られる様、夏用タイヤに比べやわらかいコンパウンド「発砲ゴム」を使用しています。

※「発泡ゴム」はゴム内の多数の気泡でやわらかさを確保するブリヂストン独自の技術です。

スタッドレスタイヤの注意点

【スタッドレスタイヤの使用限度】
スタッドレスタイヤにはプラットホームという冬用タイヤとしての使用限度を示すサインがあります。これは夏用タイヤにはありません。プラットホームは下図のように新品タイヤが50%摩耗したことを示す段差で、タイヤサイド部の周上4カ所にある「↑」マークの延長線上にあります。プラットホームが露出した場合、冬用タイヤとして使用することが出来なくなります

【雨の日(冬以外の雨の日)でも大丈夫なの?】
濡れた路面でも大丈夫ですが、夏タイヤよりも制動距離が長くなるので、運転には十分注意しましょう。

【スタッドレスタイヤは必ず4本装着しましょう】
スタッドレスタイヤと夏タイヤを一緒に使うと、コーナリングやブレーキ時にスピンの原因となり危険です。