投資家情報

CEOメッセージ

代表取締役CEO兼取締役会長 津谷正明

 株主のみなさまには、平素より格別のお引き立てを賜り、心より厚く御礼申し上げます。

 

 当社グループを取り巻く事業環境は、国際関係・政治・経済・環境問題・技術革新といったあらゆる面で大転換期にあり、社会構造や消費者意識も大きく変化していると認識しております。こうした中、当社グループは企業理念を事業活動の基盤とし、経営の最終目標である「真のグローバル企業」、「業界において全てに『断トツ』」の達成に向け、「Lean & Strategic」(足元では無駄なく、中長期的な戦略課題とバランス)と「グループ・グローバル最適」という基本姿勢を堅持し、「SBU(戦略的事業ユニット)組織体制」及び「中期経営計画」を改革ツールに、経営改革を継続してまいります。

 さらに、以下の3点を重点課題として事業運営に取り組んでまいります。

  1. 1グローバル企業文化の育成:グループ・グローバルで整合性の取れたブランド戦略構築、技術・ビジネスモデル・デザインにおけるイノベーションの促進、継続的改善を主眼とする
  2. 2グローバル経営人材の育成:ナショナルスタッフや若手の育成、女性も含めた多様な人材の活用・登用、英語公用化等の多様化促進を主眼とする
  3. 3グローバル経営体制の整備:「ガバナンス体制の整備」「タイヤ事業SBU体制の再編」「多角化事業の拡充」を主眼とする

 特に「ガバナンス体制の整備」につきましては、一般社団法人日本取締役協会が初めて主催した2015年度のコーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー®で栄えある第1回大賞を受賞しました。今回の受賞は経営改革の成果として認識する一方で、今後とも経営の質を高め、業績改善につなげるべく、今回の受賞を励みに更に上のガバナンス体制を目指します。

 当社グループは、これらの重点課題を強く意識し、継続的な改善と経営改革を加速させてまいります。今後とも株主のみなさまの一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2016年3月
代表取締役CEO 兼 取締役会長

津谷 正明