二輪車用タイヤ

製品情報|カテゴリーで選ぶ|ON ROAD|BATTLAX RADIALBATTLAX RACING R10

一覧

NEW R10 RACINGの名をまとった最新ラジアル。「BATTLAX RACING R10」

BATTLAXのフラッグシップブランドが新しく生まれ変わった。
プロダクションレースで勝つことだけを目的に、
徹底的に鍛え上げられた。
ブリヂストンの新世代レーシングラジアルの実力を、
ぜひ全身で感じて欲しい。

BT-R10 image

こんなお客様におすすめ

各種走行会、練習走行でサーキットを走行するお客様へ。
プロダクションレースでの勝利を狙っているお客様へ。
適切な車輌セッティング、温度管理と空気圧管理ができるお客様へ。

BT-R10 image

グリップ性能の向上

構造チューニング(柔構造化)により初期グリップと低荷重グリップを向上。

“曲げる”から“曲がる”タイヤへ旋回性向上

クラウン形状の変更と構造チューニングにより、コーナー脱出時(フロント低荷重)の旋回能力を向上。

コントロール性向上

構造とコンパウンドを高次元でチューニングすることにより、コーナリングライン選択の自由度を向上。

斬新なパタンデザイン

新しい3Dパタンの採用により加速・減速時のグリップの最大化に成功。

テクニカル・インデックス

HTSPC

HTSPC
高伸長超貫通コード。内部のフィラメント1本1本をゴムで絶縁し独立する形で編み込んだスチールコード素材。熱伝導性が高い為、放熱効果が高くブローアウトが起きにくいこと、更にはフィラメント間に水分が滞留せず酸化が起きにくいことで構造全体に高速安定性と耐久性をもたらした。また、これらのフィラメントがしなやかに伸縮しながらも力強くコード変形を抑える為、高いケース剛性(グリップ力)とショック吸収性の両立をハイレベルで実現した。

MS・BELT

MS・BELT
軽量、耐久性に優れたコードをタイヤの回転方向と平行に連続して巻きつけた構造でしなやかなグリップ・フィーリングを生みだす。①軽量化 ②グリップの向上 ③旋回性の向上 ④高速性能の向上 ⑤優れたダンピング効果、というメリットで、高い運動性能に大きく寄与する。

NEW PATTERN

BT-R10 PATTERN image

サイズ表

R10 Front

商品コード タイヤサイズ コンパウンド 標準リム幅
(インチ)
許容リム幅
(インチ)
外径
(mm)
トレッド幅
(mm)
MCR03200 120/70ZR17M/C (58W) TL ミディアム
TYPE3
3.50 3.00~3.50 598 120

R10 Rear

商品コード タイヤサイズ コンパウンド 標準リム幅
(インチ)
許容リム幅
(インチ)
外径
(mm)
トレッド幅
(mm)
MCR03203 180/55ZR17M/C (73W) TL ハード
TYPE2
5.50 5.50~6.00 640 183
MCR03204 180/55ZR17M/C (73W) TL ミディアム
TYPE3
5.50 5.50~6.00 640 183
※MCR03208 180/55ZR17M/C (73W) TL ソフト
TYPE4
5.50 5.50~6.00 640 183
MCR03206 190/55ZR17M/C (75W) TL ハード
TYPE2
6.00 5.50~6.00 650 185
MCR03207 190/55ZR17M/C (75W) TL ミディアム
TYPE3
6.00 5.50~6.00 650 185

MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)「ST600 タイヤ公認制度」関連事項。

  1. 表中の は2011年3月10日より「MFJ ST600 タイヤ公認制度」に基づく公認タイヤです。
  2. 表中の は2011年4月1日より「MFJ ST600 タイヤ公認制度」に基づく公認タイヤです。
  3. 表中の は2011年4月22日より「MFJ ST600 タイヤ公認制度」に基づく公認タイヤです。
  4. MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)「ST600 タイヤ公認制度」関連事項。シーズン中「公認タイヤ変更」が生じる場合がありますので、新旧公認タイヤ各々のレース使用可能日にご注意ください。

詳しくはMFJ 国内競技規則書並びにMFJ ライディング誌をご参照願います。

※ TYPE4(MCR03208)はサーキットガレージ限定販売です。

コンパウンド適合チャート

BT-R10 コンパウンド適合チャート

「R10」はサーキット使用を前提とした登録販売制です。

購入を希望される場合及びコンパウンドの選択・空気圧セッティング並びにマシン別適合サイズ等の詳細については、使用される地区・サーキットに応じて下記までお問い合わせ願います。

地区 サーキット 問い合わせ先
TEL 名称
北海道 十勝スピードウェイ、等 0166-54-3411 テクニカルモーターENDO
東北 スポーツランドSUGO、等 022-274-1886 コクピット北六(きたろく)
関東 ツインリンクもてぎ、
筑波サーキット、等
03-5484-7007 ブリヂストンモーターサイクルタイヤ
0296-49-3138 ワールドツクバ
富士スピードウェイ 03-5484-7007 ブリヂストンモーターサイクルタイヤ
中部
中国
鈴鹿サーキット、
岡山国際サーキット、等
0593-79-2388 鈴鹿ブリヂストンガレージ
九州 オートポリスサーキット、
HSR九州、SPA直入、等
092-413-2141 ブリヂストンタイヤセールス西日本
096-293-3505 アール・エス・シー

警告

R10 はプロダクションレースで使用することを前提に設計・開発されたサーキット向けのタイヤです。したがって、一般公道における法定速度を超過した高速走行の場合やサーキット走行をする時の車輌への適切なセッティングとチューニングがなされていない場合は、ウォブル(車体ぶれ)等により操縦安定性が損なわれるだけではなく重大な事故につながる可能性があります。また使用するタイヤコンパウンドが気温、路面温度および路面状況に適していない場合や走行開始直後でタイヤが適正温度に達していない場合など十分なグリップが得られませんので使用に際しては十分ご注意ください。上記の様な現象の発生とその結果生じた事故に対し当社は一切の責任を負いかねます。
また低温下において、衝撃を与えたり変形させることによりトレッド部にひび割れが生じる恐れがあります。タイヤの保管・取り扱いには十分注意してください。特に低温下においては、タイヤが温まるまで走行には十分注意してください。