免震ゴム(建築用)

建築免震・制震|免震ゴム(建築用)

基本構造と製品ラインナップ

ブリヂストン免震ゴムの基本構造

ブリヂストン積層ゴムの基本構造

薄いゴムと鋼板を交互に積層することにより、「上下(鉛直)方向には硬く、水平方向には柔らかい」性能を発揮します。鉛直方向には建物を支える機能を、水平方向には地震の揺れを吸収する機能を有しています。

特長

  1. 1.内部ゴムの周囲を耐候性に優れた被覆ゴムで覆うことで、ゴムの劣化を引き起こす「紫外線」「オゾン」などから内部ゴムを守ります。
  2. 2.ブリヂストン独自の長年培われた技術をもとに、内部ゴムと内部鋼板を強固に接着しているため、大地震時に大きく変形しても問題ありません。

製品カタログPDF

建築免震用積層ゴム製品のカタログPDFを配布しております。
ぜひ、お役立てください。

建築免震用積層ゴム製品仕様一覧
  • 高減衰ゴム系積層ゴム
  • 鉛プラグ挿入型積層ゴム
  • 天然ゴム系積層ゴム
  • 弾性すべり支承

製品ラインナップ

HDR 高減衰ゴム系積層ゴム

国土交通省免震材料認定番号:
MVBR-0510/MVBR-0519(X0.4S)、MVBR-0514/MVBR-0520(X0.6R)

製品のイメージ
履歴曲線

減衰性の高いゴムを使用した積層ゴムで、ゴム材料自体でばね機能と減衰機能を発揮します。
一般に別途ダンパーが不要となり、設置コンパクト性に優れています。
履歴曲線が比較的滑らかなため、建物だけでなく、建物内部の精密機器等への免震効果も期待することができます。
(高減衰ゴム系積層ゴム E0.6、X0.6シリーズは新規生産を終了しました。)

LRB 鉛プラグ挿入型積層ゴム

国土交通省免震材料認定番号:MVBR-0517

製品のイメージ
履歴曲線

天然ゴム系積層ゴムの中心部に鉛プラグを封入した積層ゴムで、「天然ゴム系積層ゴム」部がばね機能を、「鉛プラグ」部が減衰機能を発揮します。
一般に、別途ダンパーが不要となり、設置コンパクト性に優れています。弾塑性的な履歴特性を示し、鉛プラグ径を増減させることにより、減衰量の設定を微調整することが可能です。

NRB 天然ゴム系積層ゴム

国土交通省免震材料認定番号:
MVBR-0295(N3.G3.G5)、MVBR-0509/MVBR-0518(G4)

製品のイメージ
履歴曲線

天然ゴムを使用した積層ゴムで、減衰性が低く(等価減衰定数で2~3%程度)、線形性に優れ、安定した復元力特性を示します。
別途ダンパーを併用する必要がありますが、ダンパーの種類や減衰量の設定を微調整することが可能です。

弾性すべり支承

国土交通省免震材料認定番号:MVBR-0349(SLシリーズ)、MVBR-0548(SKシリーズ)

製品のイメージ
履歴曲線

天然ゴム系積層ゴムの端面にすべり材(PTFE系材料)を装着した「積層ゴム」部分とSUS材を主体とする「すべり板」部分により構成されます。小変形時には積層ゴムが変形し、変形が増大すると、PTFE材とSUS材の間ですべりが発生し、変形に追従します。
すべりが発生すると復元機能がなくなるため、通常の場合は、NRB、LRB、HDRと併用されます。

オプション

コンパクトフランジ

製品ラインナップに、設置性を向上させた「コンパクトフランジタイプ」を追加しました。

※設計上の注意:コンパクトフランジは、丸型フランジと比較してフランジの強度上、積層ゴムの変形量等に制限があります。詳しくは技術資料をご参照ください。

免震チャンネル「免震ってなんだろう?」

低層建物用免震ゴム X3R

高減衰ゴム系積層ゴム X0.4S、X0.6R

建築用免震ゴム CADデータ(DXF)、技術資料ダウンロードサービス

免震部材選定配置計画システム LAP2+t ダウンロードサービス