化成品

化成品|製品一覧|ウレタン素材

エバーライト

エバーライトには、ポリエーテル系ポリウレタンフォームとポリエステル系ポリウレタンフォームの2種類があります。これは、主原料のポリオールがエーテル結合によるものか、エステル結合によるものかによる違いです。

同じ様な軟質ポリウレタンフォームですが、両者の間には、特性面で大きな違いがあり、それぞれ適合用途への使用が望まれます。

一般的なエーテルフォーム 一般的なエステルフォーム
一般
物性
密度(kg/cm³) 16~50 26~100
25%硬さ(N) 20~500 100~300
伸び(%) 80~300 150~500
引張強度(KPa) 50~200 50~300
引裂強度(N/cm²) 3~12 7~17
圧縮残留歪(%) 2~10 3~7
繰返し圧縮残留歪(%) 1~6 3~7
ヒステリシス・ロス(%) 25~40 35~50
熱伝導率(Kcal/mh℃) 0.030程度(密度の軽いほうが良好) 0.030程度(密度の軽いほうが良好)
電気抵抗(Ω/cm) 1012~14 1012~14
耐久性 耐熱性(℃) 最高 約90℃ 約100℃
常用 約70℃ 約70~80℃
耐水性、耐湿性 安定性大で劣化しにくい。 特に高温高湿時や、アルカリ性、酸性時、劣化が早い傾向あり。
耐油性 膨潤し、強度低下する。
油類をとり去ると回復する。
膨潤少なく、強度低下も少ない。
耐候性 屋内使用はよいが、屋外では徐々に劣化が進む。 エーテル系より、やや優れる。
吸音性 良好。 良好。
熱成型性 良好。 良好。一般にエーテル系より優れる。
フレームラミネート性(熱融着性) フレームラミネート用材質は良好。 良好。
セル 均一性 普通。 良好。一般にエーテル系より優れる。
大きさ 一般的に、セルの大きさを可変しにくい。 種々のセルの大きさが作りやすい。
着色性(発泡時) 容易。 容易。色が鮮明。
打抜性 一般に良好。 打抜時、端部がくっつくケースあり。
打抜性改良品は良好。
摩耗性 良好。 良好。一般にエーテル系より優れる。
適合用途の例 クッション材衣料用梱包材吸音材 クリーナー用素材スピーカーエッヂ材吸音材断熱材他工業用素材

知っていますか?暮らしの中の「ウレタン素材」

ブリヂストンが誇る「高機能素材」とその技術