航空機用タイヤ

サービス・ネットワーク

ブリヂストンは世界各地の拠点から航空機用タイヤを提供しています。
環境性・経済性の観点から、新品タイヤだけではなくリトレッドタイヤの提供も重要なサービスのひとつです。

環境にやさしいリトレッド事業

一般的にタイヤは路面と接する部分(トレッド部)、荷重を支える部分(カーカス部)に大きく分かれます。航空機用タイヤは過酷な条件での使用を前提に設計されており、離着陸時の過酷な条件の為にトレッド部の摩耗が早く進み、溝が無くなった時点で返却されます。

返却されたタイヤは非破壊検査を含む何段階もの検査を実施し、安全基準を満たしたタイヤだけが選別されます。航空機用タイヤは設計上、カーカス部が十分な性能を保持したまま返却される為、外傷などのダメージを受けた場合を除き、再びトレッド部を張替えて(リトレッドして)、新品タイヤと同等の要求性能と安全基準を満たした商品として再びお客様に提供されます。

一般的にバイアスタイヤは合計約6回、ラジアルタイヤは合計約3回のリトレッドが可能です。ラジアルタイヤは軽量効果と、バイアスタイヤの約2倍の耐摩耗性能があり、経済性に優れたプレミアム商品です。

リトレッド事業は、廃タイヤの削減を通じ、環境負荷の低減に大きく貢献しており、当社では1955年より国内展開しています。今日では、全世界合計5箇所のリトレッド工場を拠点に、世界のお客様に「環境性・安全性・経済性」に優れた商品・サービスを提供しています。

ネットワーク

航空機用タイヤは過酷な条件に耐えうる性能と、メンテナンスが必要です。
ブリヂストンは世界的なネットワークで、世界のエアラインにサービスを提供しています。

ブリヂストンの世界的なネットワーク

品質マネジメントシステム

ブリヂストンの各拠点では、品質マネジメントシステム規格であるISO9001・AS 9100及びそれらに準ずる規格の認証取得をしています。

各地域の官庁認可情報

  BRIDGESTONE Aircraft Tire (USA), Inc. BRIDGESTONE Aircraft Tire (EUROPE), S.A. BRIDGESTONE Aircraft Tire Company (ASIA), LTD. BRIDGESTONE Aircraft Tire Company (CHINA), LTD.
Federal Aviation Administration (FAA)
European Aviation Safety Agency (EASA)
Hong Kong Civil Aviation Department (HKCAD)      
Civil Aviation Administration of China (CAAC)