2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

商品のお求めとお問い合わせはお近くのブリヂストンタイヤ取り扱い販売店へお願いいたします。
各店舗の詳細は、下記、地域一覧からご覧いただけます。

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2017年 BATTLAX FUN & RIDE MEETINGレポート 第1回<後編> 初心者でもサーキットが走れるって、素敵。

第1回 BATTLAX FUN & RIDE MEETING 参加者インタビュー(後編)
初心者でも参加OKのサーキットイベント『BATTLAX FUN & RIDE MEETING』。その第1回目が、春の陽光が降り注ぐ4月16日(日)に千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されました。
この後編では、バイクのキャリアは十分にあるけれど、あえてレディースクラス、初心者クラスに参加したお二人の声と、初級・中級クラスで初めて実施された『タンデムライド体験』に参加したお二人の声をご紹介します。

「基礎から学び直したい」にもしっかり応える
AS8Q1334_3.jpg
『BATTLAX FUN & RIDE MEETING』のレディースクラスと初心者クラスは、基本的にバイク初心者やサーキット未経験者を対象にしたクラスなのですが、じつはバイクのキャリアのある人や、何度かサーキット走行を体験してきた人の参加も大歓迎。あらゆる人の「基礎から学び直したい」という思いにしっかりと応える充実のレッスンを展開しています。
では、このレッスン、具体的にどんな歓びをもたらすのでしょうか?
実際に、「あえて基礎から」を選んだお二人の声を聞いてみました。
「追い越しがないから、落ち着いて上達がめざせる」
_MG_4855risa02.jpg
下川原利紗さん(埼玉県・23歳・モデル)は、バイクに関わるモデル業・タレント業を数多くやっている関係上、サーキット走行も体験済みです。だけど、ライディングのスキルがなかなか向上しない悩みがあり、今回、あえてレディースクラスへの参加を決めました。
AB6I7761_risa01.jpg
◎サーキット経験者。なぜレディースクラスに?
「去年から数回ほかのサーキット走行会に参加してきたんですけど、どれもガンガン走る男の人たちの迷惑にならないように走るのが精一杯で、なかなか自分のスキルアップにはつなげられませんでした。で、今回、Facebookで『BATTLAX FUN & RIDE MEETING』とレディースクラスの存在を知って、あ、これなら私も、落ち着いて上達がめざせるんじゃないかなって思い、参加することにしたんです」

◎今日、ツナギ姿じゃないのは?
「ツナギはもっているんですけど、レディースクラスはツナギじゃなくても参加OKということだったので、今回はあえてライディングジャケットを選びました。なんていうか、できるだけライトな気持ちでサーキットを走りたかったんです。会場にきてみたら、ほかの参加者のみなさんも、けっこうジャケット姿だったので、ホッとしました(笑)」
_MG_4426risa03.jpg
◎どんな上達をめざしている?
「走行中にバイクをこかさないようにしたいです。以前、ツーリング中に峠のコーナーでこかしたことがあって、そのときに安全に楽しく走ることの大切さを痛感しました。基本的なことですが、まずは、そのスキルを身につけたい。そして、それが確実になってきたら、こんどはヒザを擦って美しくカッコよくコーナリングできるようになりたいと思っています」

◎どんなレッスンがタメになった?
「3回の20分間にわたるサーキット走行は、すべてインストラクターの先導付きで、追い越しも禁止。そのなかで、正しいライン取りとか、コーナリングスピードとかを落ち着いて学べたのがとてもグッドでした。あと、最初にやった慣熟走行のスラロームや急制動も役に立ちましたね。ああいうの、初歩的なことなんだけど、じつは公道ではできないじゃないですか。それを十分にやれたのがよかったです。『そうか、私って、こういうこともちゃんとできていなかったんだ』って改めて思い知らされ、ライディングの修正につなげられましたから」

◎まだサーキット未体験の女性にアドバイスを。
「安全かつ速やかにバイクの腕を磨きたいなら、ぜひサーキットを走ってほしいですね。でも、最初のうちは、ガンガン走る系の走行会は避けたほうがいいと思います。まずは、慣熟走行でライディングの基礎が身につき、サーキット上で落ち着いて学びができる『BATTLAX FUN & RIDE MEETING』のレディースクラスへの参加がオススメ。はい、両方の体験者は語る、です(笑)」
「50歳のサーキット初体験。気持ちがぐんと若返った(笑)」
_MG_4833_ito01.jpg
伊藤克紀さん(千葉県・50歳・自動車販売会社経営)のバイク歴はなんと30年。ライディングテクニックは申し分ないのだけれど、サーキットを走るのは人生初ということで、あえて初心者クラスに参加しました。
AB6I7187_ito03.jpg
◎バイク歴30年。なぜ、サーキットを走ろうと?
「これまで、ずうっとツーリング主体のバイクライフを送ってきたんですが、ことし50歳になったのを機にちがうバイクの世界も覗いてみようかな、と思いまして......。『BATTLAX FUN & RIDE MEETING』を選んだのは、サーキット未経験者ウエルカム感を強くだしていたから。初心者クラスにしたのは、やっぱり基礎からちゃんと学ぶ必要があるだろうと考えたからです」

◎実際、参加してみての感想は?
「ふつう、こういうイベントって、歳を取っていると、一歩引くところがあるんですけど、そういう引け目をまったく感じないのがいいなと思いました。周りは若い人ばかりなのに、すんなりと溶け込めました(笑)。あと、インストラクターの方の教え方が丁寧でわかりやすいののもよかったですね。20分間の走行を3回やって、着実にサーキットの走り方が身についたという実感があります」
_MG_4827_ito02.jpg
◎はじめてサーキットに乗り入れたとき、どう感じた?
「もう、年甲斐もなくドキドキしました。ほんとうに別世界にきたんだなあって思いました。あと、サーキットの道ってすごく広いんだなあって、子どもみたいな感想ももちました(笑)。いや、正直、気持ちがぐんと若返りましたね」

◎これからも参加する?
「はじめてだけど、サーキット走行がすごく楽しいことがよくわかった。もう、一発でハマった感じです。なので、これからもステップアップをめざしながら、参加をつづけていきたいと思っています。それで......できれば、草レースに参加できるまでに腕を磨きたいなあなどと、大胆なことも考えたりしています(笑)」
コース上で個人レッスンが受けられるタンデムライド
AB6I6972_tandem09.jpg
初心者クラスとレディースクラスに参加した人たちが、いずれめざすであろう初級・中級クラス。 今回、このクラスでは、はじめて『タンデムライド体験』という企画が実施されました。 これは、参加者が一流インストラクターが操るバイクのうしろに乗って、サーキット走行のコツがダイレクトに学べるというスペシャルな内容となっていて、当日の先着申込み12名の枠はアッという間に埋まりました。そして、幸運にも体験を果たした人たちからは絶賛の声が続々!
いったい、なにがそんなによかったのか? 実際にタンデムライドを体験したお二人からお話をお聞きしました。
_MG_4959tandem01.jpg
一人目は、中村智樹さん(東京都・51歳・会社員)。10代のときに免許を取ったものの、乗ったり降りたりを繰り返してきたため、テクニックは自称「ふつう」。5年前にいまのスーパーバイクに乗りはじめたといいます。
AB6I6987_tandem08.jpg
「僕、フォームとか、ステップへの過重のかけ方とか、基本的なことがわかっていなくて、きれいにコーナリングできないという悩みがありました。それで、ぜひプロのライダーから直接学びをもらいたいと思って、今回、『タンデムライド体験』に申し込んだんです」
「もう、とにかくすごいの一言でした。すばらしいテクニックとスピードのなかで、見たこともないラインを走ってもらえました。しかも、その間、インカムを通してコーナリングのコツがリアルタイムで聞けました。これまで、いかに自分がでたらめに走ってきたかが、ほんとうによく理解できました」
「それで、その後、一人で走ってみたら、いままでとぜんぜんちがう感じでスムースに曲がれるようになっていた。コース上で個人レッスンを受けられた自分の幸運をしみじみ噛みしめましたね(笑)」
二人目は、山崎美奈子さん(神奈川県・49歳・フリーSE)。4年前からのリターンライダーです。
_MG_4927tandem04.jpg
これまでなんどかサーキット走行を重ねましたが、なかなか克服できない課題が残っていて、今回、思い切って『タンデムライド体験』にトライすることにしました。
「ほかの走行会を含め、なんどかサーキットを走ってきているんですが、いつまで経っても苦手なヘアピンを克服できないままでいました。今回は、これをなんとかしたいと思い、タンデムライドを体験してみることにしたんです」
AB6I7023_tandem07.jpg
「走る前に、インストラクターの方に苦手ポイントをお話したら、「わかりました」って一言いって、私のダメな走りと、理想的な走りを周回ごとに交互に再現してくださった。ものすごくわかりやすかったです。だから、その後の単独走行では、すぐにそのスキルを反映することができた。まだまだ完璧ではないですが、希望の光がはっきり見えた気がしています」
「じつは私、最初、いい学びができる以外に、ジェットコースターに乗るようなスリルも楽しめるかもって密かに期待していたところがあるんですよ(笑)。ところが、実際はぜんせんそんなことなくて......。極端なことをいうと、スピードがでているのに、両手を離していても平気なくらいに走りが安定して滑らかだった。基礎がちゃんとできていると、それだけで速くスムースに走れるものなんですね。目が覚めました」
AB6I6753_tandem10.jpg
この『タンデムライド体験』は、今後も継続して実施していく予定です。 時間とインストラクターの人数の関係上、どうしても人数が限定されることになりますが、関心のある方は、ぜひ当日の会場でお申込にトライしてみてください。
AB6I7901_image02.jpg
2017年の『BATTLAX FUN & RIDE MEETING』は、あと2回です。8月19日(土)に筑波サーキットで、9月23日(土)に富士スピードウェイで開催される予定です。
サーキット未経験者、大歓迎!
初心者から中級者まで、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
◎BATTLAX FUN & RIDE MEETINGについての詳細はこちら

バックナンバー

購入サポート