2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

商品のお求めとお問い合わせはお近くのブリヂストンタイヤ取り扱い販売店へお願いいたします。
各店舗の詳細は、下記、地域一覧からご覧いただけます。

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

初心者のためのサーキット走行会講座

サーキットを走ると、
公道での走り方に磨きがかかる!
サーキット走行会とは?

バイクの楽しみ方は様々です。
四季折々を感じるツーリング、バイク仲間と出かける話題のグルメ。
近所をチョイ乗りするだけでも楽しいものです。

でも、バイクを思うように乗りこなそうとすると、なかなか思うようにいかない事もあります。
教習所で交通法規やバイクの乗り方は教わりますが、それだけではバイクをより楽しむには十分とはいえません。

免許をとったばかりというあなた、止まっているのにフラついて立ちごけしたりしていませんか?
仲間とツーリングにでかけても、山のクネクネ道を走るのは苦手ではないでしょうか。

ブリヂストンのサーキット走行会は、そんなあなたにこそ参加していただきたい。
教習所では教えていないバイクライディングの基礎からしっかり身につけて、
対向車のいないサーキットを走る体験は、公道での走りでもきっと役に立ちます。

そして走りが上達したあなたは、もっとバイクが好きになるはず。
さぁ、サーキット走行会のトビラを開いてみましょう。

サーキット走行会に参加するメリット
安全なサーキットだから、
安全な走り方を身体で
覚えられる

レーシングマシンで極限の走りを競うために作られているサーキットは、
安全に走れるという面では、「これ以上ない場所」、といっても過言ではありません。

公道では見通しの悪いコーナーや、対向車など注意しなければならない事がたくさんあります。
サーキットはそうした危険がないように設計されているので、安心して走りに集中できます。

サーキットで安全に走る
テクニックを身につける

一般車両で走行するサーキット走行会では、レベルに合わせてクラス分けもしますので、一緒に走行する他のライダーと、走る速度が大きく変わらないように配慮されます。
同じレベルのライダーと走ることで、お互いに技量を高め合うこともできるかもしれませんね。バイクはただ乗っていれば走るという乗り物ではありません。コーナーやブレーキングでは、自分の身体を使って体重移動をすることで、バイクが安定して走るようになりますし、コーナーでの視線によっても走りが違ってくるのです。

サーキットでは周回走行することで、こうしたライディングのテクニックを繰り返し試して、身体で覚えることができるのです。
この一般公道ではなかなかできない体験で、あなたのライディングテクニックもきっと向上するはず。
そしてそれは、一般道を安全に走るテクニックへと繋がってゆくのです。

サーキット走行会に参加するには
特別な資格やテクニックは
必要ありません。

サーキットは本来、レーシングマシンを走らせる場所です。
レーシングマシンでレースなどに出場するには、サーキットライセンスという、いわばサーキットを走るための運転免許を取得する必要がありますが、日頃乗っている一般車両でも走れるサーキット走行会では、ライセンスは必要ありません。

基本的なルールを学ぶだけで
楽しめるサーキット走行

一般公道には交通事故が起きないよう様々な規制がありますが、サーキットにも安全を守るためのルールがあります。サーキット走行会ではこのルールを、走行前にブリーフィングという形で確認してから走ります。


交差点もなければ、対向車もいないサーキットでは、一般公道にくらべるとルールもずっとシンプルです。制限速度もないので、公道では体験出来ない速度で走ることもできます。

サーキット走行会に必要な準備
ライディングスーツに
身を包めば
気分も盛り上がる!

どなたでも参加できるサーキット走行会ですが、サーキットを走るための適切な準備は必要です。
万が一の転倒に備えて準備しておくことで、安心してサーキット走行を楽しむことができるのです。普段ではあまり着ることのない、レザーのライディングスーツに身を包めば、気分はレーシングライダー。
キリッと引き締まり、さぁ走るぞ!と気持ちも盛り上がってきます。
サーキット走行会に必要な準備は、走行会ごとに異なります。ここではBATTLAX FUN & RIDE MEETINGにおいて必要な準備を中心にご紹介します。

サーキットを走るための装備

ヘルメット

サーキットに限らずバイクに乗るには最も大切な装備のひとつですね。フルフェイスヘルメットで、MFJ公認品かJIS規格品同等以上のものをご用意下さい。
転倒などで大きく傷ついてしまっていたり、あまりにも古いヘルメットは安全ではありませんので、使用を避けてください。

ライディングウエア

MFJ公認のレザースーツが最も望ましいですが、「BATTLAX FUN & RIDE MEETING」の「ビギナークラス」「レディースクラス」に参加する方は、安全性が考慮された一般的なライディングウエアで走行することもできます。
プロテクターが装備されていないウエアを着用される方へは、肘と膝のプロテクターを貸し出しいたします。「フリー走行クラス」にご参加の方は、レザースーツを着用ください。
セパレートタイプの場合は、上下が繋げられるもので。

ブローブ

プロテクターが装着されたレーシンググローブが理想的ですが、それに準じる手首が隠れる長さのレザーグローブをご用意ください。

ブーツ

十分な強度のある、くるぶし以上の高さがあるものです。
もちろんレーシングブーツが望ましいです。

レンタルサービス

「BATTLAX FUN & RIDE MEETING」ではレーシングスーツとブーツのレンタルサービス(有料)を行なっています。事前にご予約いただけたら、現地にご用意いたします。

サーキット走行で推奨する装備

サーキットを走るには安全のための装備にし過ぎということはありません。上記の装備以外にも推奨する装備をご紹介します。

ヘルメットリムーバー

ヘルメットの下にかぶるインナーのようなものです。転倒時に首にダメージを受けた場合に、頸椎に負担をかけずにヘルメットを脱がすための装備です。万が一の時に備えておくと安心ですね。

脊髄パット

MFJのレースでは必須となっている装備です。ライディングウエアの下に装着して、転倒時の脊椎へのダメージを軽減します。

チェストプロテクター

近年、交通事故では胸部の損傷が注目され、警視庁でも胸部プロテクターの装着を推奨しています。サーキットを走る際にも装着しておくと安心ですね。MFJのレースでは必須装備となっています。

サーキットを走る
マシンの準備

走行できる車両

125cc以上のミッション付きバイクです。スクーターや12インチホイールのバイクでは走行できません。また、アメリカンバイクもご遠慮いただいております。

事前のマシンの準備

サーキット走行では、一般道を走る時よりマシンへ負荷がかかります。一般的な整備が施され、安全走行ができるバイクであれば基本的に問題ありませんが、サーキットを走行する前は、いつもより入念にチェックをしてください。

  1. ブレーキパッドやブレーキディスクは摩耗していないか。
  2. エンジンオイルが減っていたり
    古くなってはいないか。
  3. チェーンが伸びて
    たるんだりしていないか。
  4. 前後スプロケットが
    すり減ってはいないか。
  5. タイヤの溝は十分に
    残っているか。
  6. フォークオイルが
    にじんだりしていないか。
  7. 水冷エンジンはラジエターの
    クーラントがしっかり入っているか。
  8. 車体のボルト類が
    緩んでいるところはないか。
  9. ガソリンは十分に
    用意してあるか。

サーキット走行前の準備

いよいよサーキットを走ります。バックミラーは外せるようでしたら取り外します。
ヘッドライトやウインカーは、転倒してしまった時に割れて破片が飛び散らないように、ガムテープやビニールテープで固定します。

そして決められたゼッケンを貼付けたら、なんだかレーシングマシンになったみたい。
ドキドキとワクワクがこみ上がってきますね。

参加・お申込みについて

BATTLAX
FUN & RIDE MEETING

参加車両

125cc以上のミッション付き
オートバイ
※スクーター、アメリカンは参加できません。
※125ccクラスの車両とはCBR125R,YZF-R125,DUKE125等の
フルサイズ車両を指します。
※12インチホイール車やボアアップ等で125ccとなっている車両は参加対象になりません。

参加料金

開催サーキットによって異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

クラス

★ビギナークラス
(対象:免許取り立て
~サーキット走行に不安のある方)

★レディースクラス
(対象:免許取り立て
~サーキット走行に不安のある方)

★フリー走行クラス
(対象:サーキット初心者
~中級者までの方)

お申込み

お申込みはWebから
オンライン申し込み可能です!
(郵送でも受け付けております)

各開催の参加空き状況も、Webサイト
からオンラインでリアルタイムに
ご確認いただけます!

参加費のお支払いも現金振込み支払い、カード決済支払い、コンビニ支払い、書留郵便支払いと
アナタの一番都合の良い方法でOKです!

郵送申し込みについて 郵送でお申込みの場合は、申込みページTOPより【参加申込書】【誓約書】をダウンロードして印刷して頂き、ご記入・ご捺印のうえ下記住所まで現金書留又は郵送後銀行振り込みにてお申込み下さい。
お振り込みのお客様は先に申込書のFAXもしくはお電話を頂き、申込書原本と誓約書を走行会当日お持ち下さい。現金書留の場合は申込書・誓約書を同封して下さい。(ダウンロード、印刷が出来ない場合は個別郵送にて対応致しますので事務局までご連絡ください。)

お申込み先 〒102-0081 東京都千代田区四番町7-5番町ヴィラ301
株式会社アド・エヌ(アンクルレーシング)
TEL:03-3261-3096

BATTLAX
PRO SHOP 走行会

BATTLAX PRO SHOP走行会の
お申込み、詳細は、
BATTLAX
PRO SHOP走行会指定店まで
お問合せください。