株式会社ブリヂストン 技術系インターンシップ情報HOME
採用情報TOP

配属部署と実習内容

皆さんに実習頂く部署と内容をご紹介します。
「世界No.1」企業ならではの技術開発のスケール・現場を体感して頂くチャンスです。
もちろん、配属部署では先輩社員が皆さんをフォローいたします。
ぜひ、積極的なチャレンジをお待ちしています。

配属部署 実習テーマ 対象学科系統 詳細
生産財タイヤ応用技術開発部 【タイヤ材料開発】
小型トラックタイヤ用新材料の
市場性能予測
化学・材料・金属系 詳細を見る
タイヤ材料先行開発部 【タイヤ材料開発】
摩擦性能向上技術開発
化学・材料・金属系、物理系 詳細を見る
タイヤ材料先行開発部 【タイヤ材料開発】
タイヤの表面特性定量化技術開発
指定なし 詳細を見る
消費財タイヤ応用技術開発部 【タイヤ材料開発】
タイヤケースの剛性分布最適化検討
化学・材料・金属系、機械系、物理系 詳細を見る
安全・防災・環境基盤システム・技術推進部 【環境技術】
当社の環境に関わる課題の分析から
当社弱点の明確化
指定なし 詳細を見る
タイヤ品質保証システム部 【タイヤ品質保証】
製造工程データ解析
経営工学系 詳細を見る
中央研究所 天然ゴム研究ユニット 【タイヤ材料研究】
品種判定マーカーを活用した
パラゴムノキの品種判定
化学・材料・金属系 詳細を見る
中央研究所 研究第1部 【タイヤ材料研究】
電子顕微鏡(SEM)を用いた
ゴム複合体詳細構造解析
化学・材料・金属系、物理系 詳細を見る
中央研究所 研究第2部 【製品基礎研究】
ゴム人工筋肉の基礎特性評価
機械系、電気・情報系 詳細を見る
中央研究所 研究第2部 【車両基礎研究】
サスペンション特性計測の精度向上検討
機械系 詳細を見る
中央研究所 研究第3部 【タイヤ材料研究】
クラック改良検討(ポリマー構造の
違いが及ぼす耐オゾン性への影響把握)
化学・材料・金属系 詳細を見る
中央研究所 研究第4部 【タイヤ基礎研究】
ゴム氷上摩擦メカニズム解析
化学・材料・金属系、機械系、物理系 詳細を見る
中央研究所 研究第4部 【タイヤ材料研究】
タイヤ補強材料接着技術開発
化学・材料・金属系
詳細を見る
中央研究所 研究第4部 【タイヤ材料研究】
数値解析による充填ゴムの粘断性
特性予測解析
化学・材料・金属系、機械系、物理系 詳細を見る
タイヤ実験部 【タイヤ評価】
冬用タイヤ氷雪上性能の室内評価法の
検討と市場品解析
機械系、物理系、電気・情報系、経営工学系 詳細を見る
TBタイヤ開発第3部 【タイヤ製品開発】
トラックバス用タイヤ製品開発における
有限要素解析(FEA)の設計への
適用精度検討
機械系 詳細を見る
PSタイヤ開発第2部 【タイヤ製品開発】
日本市場における乗用車タイヤ解析
機械系 詳細を見る
欧州OEタイヤ開発部 【タイヤ製品開発】
乗用車用タイヤにおける環境性能商品の
競争力向上のための製品解析・分析
指定なし 詳細を見る
共通材料設計部 【タイヤ材料研究】
タイヤ原材料戦略策定のための基礎検討
~合成ゴムの性能マップ構築~
化学・材料・金属系 詳細を見る
特殊タイヤ開発第2部 【タイヤ製品開発】
産業用タイヤのコンパクション性(※)
ばらつき要因解析

※コンパクション性:路面を踏み固める性能
化学・材料・金属系、機械系、物理系 詳細を見る
生産改革推進部 【タイヤ生産技術(IE)】
デジタル工場実現に向けた稼働状況の
見える化設計
経営工学系 詳細を見る
材料加工技術開発部 【タイヤ製造技術開発】
新ゴム試験機によるゴム転がり性能評価
化学・材料・金属系、機械系、物理系 詳細を見る
エネルギー・検査技術開発部 【タイヤ生産設備開発(画像処理)】
検査画像データの機械学習を活用した
不良検出能力評価と改善
電気・情報系、経営工学系 詳細を見る
消費財生産システム開発部 【タイヤ生産設備開発(電気制御)】
画像データ解析と予測技術を活用した
兆候管理検討
電気・情報系 詳細を見る
デジタルマニュファクチャリング推進部 【タイヤ生産技術(IE)】
タイヤ工場内のビッグデータ解析
物理系、経営工学系 詳細を見る
化工品材料開発第1部 【化工品材料開発】
省エネコンベヤベルト向け次世代ゴム
の検討
化学・材料・金属系 詳細を見る
化工品材料開発第2部 【化工品材料開発】
車両向け次世代シートパッド用ウレタン
フォームの構造解析
化学・材料・金属系、物理系 詳細を見る
鉱山/産業・建機/農機ソリューション開発グループ ベルト開発部 【化工品製品開発】
鉱山向け超耐摩耗コンベヤベルトの開発
化学・材料・金属系、機械系、物理系 詳細を見る
化工品NVHソリューション開発グループ 防振ゴム開発第1部 【化工品製品開発】
金属代替樹脂による自動車用防振ゴム
製品の軽量化技術開発
指定なし 詳細を見る
生産基盤技術開発部 【化工品生産技術(IE)】
鉱山用コンベヤベルトの生産性向上に
向けた作業分析・改善
経営工学系 詳細を見る
知的財産第3部 【知的財産】
最新の情報分析ツールを活用した
知財情報分析
指定なし 詳細を見る

生産財タイヤ応用技術開発部

実習テーマ 【タイヤ材料開発】
小型トラックタイヤ用新材料の市場性能予測
実習内容 当部署では、小型トッラクタイヤを補強する新規補強繊維の探求・開発を行っている。

本テーマでは、開発に関連し以下の3項目を中心に実習を行う。
1.補強繊維のタイヤ材料としての要件特性理解、計測法を習得
2.タイヤ中での物性、タイヤ性能への寄与予測
3.新規補強繊維を適用したタイヤの市場での位置づけ解析
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系
募集対象(要件) 特になし

タイヤ材料先行開発部

実習テーマ 【タイヤ材料開発】
摩擦性能向上技術開発
実習内容

本テーマでは、以下2項目について実習を行う。
1.タイヤ性能評価技術開発の一環として、路面表面状態や
 入力を変えた摩擦評価
2.ゴム表面状態の計測・解析を基に、タイヤ性能に影響を
 及ぼす因子の解析

実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、物理系
募集対象(要件) 化学実験や物理試験の基本操作を習得していることが望ましい

タイヤ材料先行開発部

実習テーマ 【タイヤ材料開発】
タイヤの表面特性定量化技術開発
実習内容 本テーマでは、以下2項目について実習を行う。
1.タイヤ性能評価技術開発の一環として、路面表面状態や入力を
 変えた摩擦評価
2.上記1にて実施した表面状態の計測・解析を基に、タイヤ性能に
 影響を及ぼす因子の解析を行い表面特性の定量化技術について
 考察を行う
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 指定なし
募集対象(要件) 物理試験の基本操作を習得していることが望ましい

消費財タイヤ応用技術開発部

実習テーマ 【タイヤ材料開発】
タイヤケースの剛性分布最適化検討
実習内容 本テーマでは、以下の3項目に取り組む。
1.タイヤ骨格材ごとの役割を把握するため、タイヤから補強材料
 (スチールコード・有機繊維)を採取し、補強材料の物性評価と
 分析を行う
2.タイヤの耐久性を確認するため、評価試験走行後のタイヤの
 故障形態観察及び部材物性解析を実施
3.市場動向調査及び市場走行品の解析
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、機械系、物理系
募集対象(要件) 特になし

安全・防災・環境基盤システム・技術推進部

実習テーマ 【環境技術】
当社の環境に関わる課題の分析から当社弱点の明確化
実習内容 本テーマでは、グローバルに生産から販売までを展開している当社の環境に関わる指摘事項やトラブルを層別し、当社の弱点を明確にした上で、打つべき対策の提案までの考察を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 指定なし
募集対象(要件) 基本的なエクセル操作、パワーポイント資料作成ができる方。

タイヤ品質保証システム部

実習テーマ 【タイヤ品質保証】
製造工程データ解析
実習内容 本テーマでは、製造工程データと試験データの関係性について解析を行う。
また、上記で得られた解析結果(ばらつき・相関)を基に、次の時代の工程管理方法の提案まで実施する。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 経営工学系
募集対象(要件) 品質管理、統計解析を専攻している方もしくは興味のある方。

中央研究所 天然ゴム研究ユニット

実習テーマ 【タイヤ材料研究】
品種判定マーカーを活用したパラゴムノキの品種判定
実習内容 パラゴムノキゲノム情報を基に、当社で開発した品種判定マーカーを活用し、パラゴムノキ実物サンプルの品種を判定する(例:コメにおける「こしひかり」、「あきたこまち」等)。

本テーマでは、当社インドネシア農園から輸入するパラゴムノキの葉を粉砕、DNA抽出、そしてリアルタイムPCR法というバイオ分野の基礎的実験を実施し、農園の品種管理状況の確認を行う。

この実習では、バイオ実験の基礎情報を取得することができる。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系
募集対象(要件) 生物学の知識のある方が望ましい。

中央研究所 研究第1部

実習テーマ 【タイヤ材料研究】
電子顕微鏡(SEM)を用いたゴム複合体詳細構造解析
実習内容 タイヤ用ゴム材料は多くの場合、2種類以上のポリマー/カーボンブラック/シリカ等の補強材や、その他薬品を含む混合物であり、サブミクロン~数十nmスケールでの不均一構造を持っている。
これらの構造とタイヤのとして要求される物性はは密接に関係していると考えられているが、必ずしも全てが明らかになっている訳ではない。

本テーマでは、フィラー及びポリマーの分散状態に着目し、電子顕微鏡(SEM)での観察を行い、粘断性等の物性との関係を考察する。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、物理系
募集対象(要件) ・専門から離れたことでも興味を持って取り組める方。
・実験系の研究を実施していることが望ましい。

中央研究所 研究第2部

実習テーマ 【製品基礎研究】
ゴム人工筋肉の基礎特性評価
実習内容 空気や油といった流体で動作するゴム人工筋肉の開発を行っている。
ゴム人工筋肉は大きな非線形要素を持っており、特に流体の圧力、収縮量、収縮力の関係は、初期の設計にも依存し、非常に複雑な関係にある。

本テーマでは、ゴム人工筋肉の理論上の特性を基にした設計指針の提案、ゴム人工筋肉の試作、作成したゴム人工筋肉の性能評価までの一連の作業を通じて、詳細なゴム人工筋肉の特性の明確化を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 機械系、電気・情報系
募集対象(要件) 実験系に強い方が望ましい。

中央研究所 研究第2部

実習テーマ 【車両基礎研究】
サスペンション特性計測の精度向上検討
実習内容 車両の運動性能を解析する上で、タイヤ特性に加え車両のサスペンション特性は重要な要素であり、室内台上試験によりサスペンション特性把握を行っている。
サスペンションの特性計測においては、計測バラツキの誤差要因の特定に関して更なる検討が必要である。

本テーマでは、計測バラツキの要因解析を行い、より精度の高い計測方法の構築を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 機械系
募集対象(要件) ・機械工学系かつ自動車に興味がある方
・Matlabが使えること

中央研究所 研究第3部

実習テーマ 【タイヤ材料研究】
クラック改良検討(ポリマー構造の違いが及ぼす耐オゾン性への影響把握)
実習内容 ゴム製品に発生するオゾンクラックは、耐久上の課題の1つである。
クラック改善のアプローチは発生と進展の両方が考えられるが、本テーマはクラックの発生に着目する。
クラックの発生は大気中のオゾンによるポリマーの分解が主要因であるため、対策としてポリマー構造の最適化が求められる。

本テーマでは、ポリマー種及びポリマーブレンド比を変えた場合に、耐オゾン性にどの様な影響を及ぼすのかについて検討を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系
募集対象(要件) 高分子化学、有機化学専攻の方が望ましい

中央研究所 研究第4部

実習テーマ 【タイヤ基礎研究】
ゴム氷上摩擦メカニズム解析
実習内容 冬の安全を守るスタッドレスタイヤは当社の主力製品である。お客様は氷上性能を最も重要視しており、当社製品”ブリザック”はNo.1の性能を誇っている。
当部署では、これからも更なる性能向上を継続し、No.1の性能で社会に貢献し続けるべく、断トツの性能に向けた氷上摩擦メカニズムの解明をミッションとしている。

本テーマでは、最先端の試験装置やシミュレーションを活用して氷上でのゴムの摩擦挙動を解析し、新規技術の創出を目指す。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、機械系、物理系
募集対象(要件) 特になし

中央研究所 研究第4部

実習テーマ 【タイヤ材料研究】
タイヤ補強材料接着技術開発
実習内容 タイヤをはじめとする当社製品の多くは、ゴムとそれを補強する補強材料から成る複合体である。それら材料の接着の良し悪しは、製品の耐久性をはじめとする諸性能に大きな影響を及ぼす。従って、ゴムと補強材料の接着技術は材料の特性を発揮するためにも非常に重要なものである。

本テーマは、ゴムと異種材料の新規の接着技術を開発するものである。具体的には、タイヤの構造・材料に関する知識の習得、接着サンプルの作成、接着力評価、接着機構観察等の実習を予定している。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系
募集対象(要件) 特になし

中央研究所 研究第4部

実習テーマ 【タイヤ材料研究】
数値解析による充填ゴムの粘断性特性予測解析
実習内容 タイヤ用充填ゴムの粘弾性特性はタイヤの転がり抵抗、WETグリップなどの重要性能に大きな影響を持つ。この材料は天然ゴムや合成ゴムをマトリクス材料とし、それをシリカやカーボンブラックといったフィラー材料で補強したナノスケール複合材料であるため、その粘弾性特性予測には複合材料の複雑な内部構造の大規模解析が必要となる。

本テーマでは、ナノスケールで計測した充填ゴム材料のデータから、複合材料としての粘弾性応答を数値解析によって予測する。 具体的には、フィラー材料の含有量や分布、マトリクス材料の物性分布などによって複合材の粘弾性応答がどのように変化するかを解析・考察する。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、機械系、物理系
募集対象(要件) 特になし

タイヤ実験部

実習テーマ 【タイヤ評価】
冬用タイヤ氷雪上性能の室内評価法の検討と市場品解析
実習内容 本テーマでは、以下の2つの項目に取り組む。

1. 冬用タイヤ氷雪上性能の室内評価法
冬用タイヤの最重要性能である氷雪上制動特性を評価する上で、変動する要因(温度、路面)が試験結果へ与える影響が大きいことが分かっている。その依存性を解析し、評価条件の妥当性を検証する。

2. 市場品解析
市場品の搭載技術を調査し、室内試験結果との関係性を整理、特徴をまとめる。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 機械系、物理系、電気・情報系、経営工学系
募集対象(要件) 特になし

TBタイヤ開発第3部

実習テーマ 【タイヤ製品開発】
トラックバス用タイヤ製品開発における有限要素解析(FEA)の設計への適用精度検討
実習内容 当部署ではトラックバス用タイヤの開発において、新商品の性能目標を達成するための設計手法としてシミュレーションを用いた予測設計を行っている。

本テーマでは、タイヤの接地形状の予測精度について、実際のデータ測定を現物・現場で体験しながら計測データと予測データの対比、検証によりタイヤ製品開発時の予測精度についての考察を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 機械系
募集対象(要件) 特になし

PSタイヤ開発第2部

実習テーマ 【タイヤ製品開発】
日本市場における乗用車タイヤ解析
実習内容 日本市場向けの乗用車用タイヤについて、商品カテゴリー毎に製品解析を実施。
そのデータに基づき、商品、カテゴリー間の特徴について解析を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 機械系
募集対象(要件) 特になし

欧州OEタイヤ開発部

実習テーマ 【タイヤ製品開発】
乗用車用タイヤにおける環境性能商品の競争力向上のための製品解析・分析
実習内容 タイヤ開発において、環境性能商品の開発を通じた社会価値・顧客価値の実現を重点課題とし、断トツの環境性能を目指した製品開発を行っている。

本テーマでは、自社環境性能商品の他社対比競争優位性を将来に渡り確保する為、製品設計の視点で他社環境性能商品の解析・分析を実施し、自社の新技術開発へ繋げる活動に取り組む。

調査は国内に限らずグローバル視点で実施。実習では現場・現物での徹底的なモノ(製品)の解析から、当社テストコースにおける実車性能評価まで実施し、顧客視点でのモノ作りについて理解を深めることを狙いとする。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 特になし
募集対象(要件) エクセルによるデータ集計・グラフ作成の経験があること。

共通材料設計部

実習テーマ 【タイヤ材料研究】
タイヤ原材料戦略策定のための基礎検討
~合成ゴムの性能マップ構築~
実習内容 タイヤ用原材料のサプライヤーは多岐に亘っており、様々なサプライヤーの技術的な動向や強み、弱みをタイムリーに理解することは原材料開発および調達戦略上、非常に重要である。

本テーマでは、タイヤ原材料戦略策定のための基盤検討として、ゴム配合上最も重要である合成ゴムを対象とし、種々サプライヤーの材料に関するデータを分析、考察することでサプライヤーの強みを理解するとともに、各原材料商品の性能マップ構築に取り組む。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系
募集対象(要件) 特に指定なし

特殊タイヤ開発第2部

実習テーマ 【タイヤ製品開発】
産業用タイヤのコンパクション性(※)ばらつき要因解析


※コンパクション性:路面を踏み固める性能
実習内容 本テーマでは、建設車両用タイヤなどの産業用タイヤに求められる機能の一つであるコンパクション性とタイヤの寸度(外径、トレッド部形状等)の関係を明確にし要因解析を行い、設計法への落とし込みを行う。

具体的には、下記3項を実施予定。
1. タイヤの寸度用語等の学習
2. 各種タイヤ寸度及び接地形状・圧力の測定
3. 測定値とコンパクション性の関係明確化
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、機械系、物理系
募集対象(要件) エクセルによるデータ処理ができること

生産改革推進部

実習テーマ 【タイヤ生産技術(IE)】
デジタル工場実現に向けた稼働状況の見える化設計
実習内容 需要の変動が激しさを増す中、工場の変化に早く気づき先手対応することが重要な課題となっている。そのため、工場の稼働状況や問題兆候の情報を効果的に見えるようにし、これまで行ってきた業務のスピードと質を上げる取り組みを行っている。

本テーマでは、生産のレベルをあげるため、いかに工場稼働状況(特に生産進捗)情報を発信するか、デジタル工場実現に向けたコンセプト設計を行う。 
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 経営工学系
募集対象(要件) 経営工学で、生産管理関係の研究を行っている方が望ましい

材料加工技術開発部

実習テーマ 【タイヤ製造技術開発】
新ゴム試験機によるゴム転がり性能評価
実習内容 タイヤのグリップ性能、ウェット性能、ハンドリング、耐摩耗などの性能には、各ゴム部材の動的物理特性が大きく寄与していることが知られている。
当部署では、ゴムの動的物理特性を簡易的に評価するための種々の測定試験機の活用を検討してきたが、測定精度について向上の余地が十分にある。

本テーマでは、新機能を追加した新測定試験機を用いて動的物理特性の精度向上を目指し、ゴムを評価することで従来評価方法対比での新装置のメリット明確化を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、機械系、物理系
募集対象(要件) 特になし

エネルギー・検査技術開発部

実習テーマ 【タイヤ生産設備開発(画像処理)】
検査画像データの機械学習を活用した不良検出能力評価と改善
実習内容 タイヤ工場の検査工程では画像処理を行い不良品判定処理を行っているが、判定精度の向上について取り組みを行っている。

本テーマでは、不良判定精度の向上を行う為に画像データの機械学習結果を活用しその効果を評価する。また、評価した結果により、最適な学習方法を検討し改善を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 電気・情報系、経営工学系
募集対象(要件) PCプログラムの知識がある方が望ましい。

消費財生産システム開発部

実習テーマ 【タイヤ生産設備開発(電気制御)】
画像データ解析と予測技術を活用した兆候管理検討
実習内容 本テーマでは、タイヤ成型設備のタイヤ組立精度向上に寄与する兆候管理システムの基礎データの検討を行う。 具体的には、成型時の画像と実績データを照合し、想定される兆候を検証する。 実習では、画像処理技術及びデータ解析/予測技術を用いる。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 電気・情報系
募集対象(要件) ・制御工学や電気工学の知識及びデータ解析の経験のある方が望ましい
・Microsoft officeが使用できる

デジタルマニュファクチャリング推進部

実習テーマ 【タイヤ生産技術(IE)】
タイヤ工場内のビッグデータ解析
実習内容 タイヤ工場内にはタイヤ製造に関する様々な情報(生産、品質情報など)が存在する。
その情報のデータ解析を行うことで、情報の相関性を見出し、現場改善におけるポイントの提案を行う。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 物理系、経営工学系
募集対象(要件) ・エクセルが扱えること
・統計的データ解析を行うため数学系であると好ましい

化工品材料開発第1部

実習テーマ 【化工品材料開発】
省エネコンベヤベルト向け次世代ゴムの検討
実習内容 コンベヤベルトで使用されるゴムは長期間の使用に耐えるだけの耐久性と駆動時の消費電力を削減するための省エネ性(=低ロス性)が必要であり、二律背反する耐久性と省エネ性を高度に両立することが求められる。両立のためには、ゴムの配合技術の観点で、使用するポリマーとカーボンブラックの使い方がカギとなる。

本テーマでは、カーボンブラックの使い方(種類や配合量)に的を絞り、次世代省エネゴムの可能性を探る。
実習場所 化工品技術センター(神奈川県横浜市戸塚区)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系
募集対象(要件) 有機化学・物質化学・材料化学・高分子化学のいずれかを専攻している方が望ましい

化工品材料開発第2部

実習テーマ 【化工品材料開発】
車両向け次世代シートパッド用ウレタンフォームの構造解析
実習内容 ウレタンフォームはウレタン樹脂と微細な空気泡から構成される高分子発泡体である。

本テーマでは車両用のウレタンフォームの物性がどの様なメカニズムで発現するかを微視的及び巨視的な視点から解析する。 具体的には、以下の2点を併せてウレタンフォームの物性発現メカニズムを明らかにしていく。

1. ウレタン樹脂そのものの一次構造および高次構造(微視的解析)の解析
2. 空気泡の径や均一性の画像解析(巨視的解析)

解析対象は汎用ウレタンフォームと低ロス性能および振動吸収性能を向上させた次世代ウレタンフォームとする予定。
実習場所 化工品技術センター(神奈川県横浜市戸塚区)
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、物理系
募集対象(要件) 特になし

鉱山/産業・建機/農機ソリューション開発グループ ベルト開発部

実習テーマ 【化工品製品開発】
鉱山向け超耐摩耗コンベヤベルトの開発
実習内容 ブリヂストンのコンベヤベルトは、鉱山向け超大型タイヤと共に世界中の鉱山向けに納入を続けている 鉱山にて使用されるコンベヤベルトには高い耐久性が求められ、特に鉱石等からの摩耗に強いコンベヤベルトが必要になる。顧客が期待する摩耗寿命の達成に向けて開発を進めており、その過程で、実際のコンベヤベルトの摩耗寿命と相関性のある耐摩耗性能の室内評価が非常に重要となる。

現在、コンベヤベルトの耐摩耗性評価方法として、公的規格に定められた一般的な方法に加え、ブリヂストン独自の評価も行っている。 
本テーマでは、この評価方法の更なる改良・最適化を目標に、実際にサンプル作成・試験を行い、評価方法改良案を検討する。
実習場所 化工品技術センター(神奈川県横浜市戸塚区))
募集対象(専攻) 化学・材料・金属系、機械系、物理系
募集対象(要件) 特になし

化工品NVHソリューション開発グループ 防振ゴム開発第1部

実習テーマ 【化工品製品開発】
金属代替樹脂による自動車用防振ゴム製品の軽量化技術開発
実習内容 本テーマでは、自動車の軽量化を目的とした、防振ゴムに使用される金属製ブラケットの樹脂化開発に携わる。
実習を通じ、以下の知識・技術を、経験・習得が可能。

1. 自動車用防振ゴム製品の開発プロセス
2. 樹脂材料と成型技術
3. CAEの活用
実習場所 化工品技術センター(神奈川県横浜市戸塚区)
募集対象(専攻) 指定なし
募集対象(要件) 自動車や樹脂技術に興味を持って取り組んで頂ける方を希望

生産基盤技術開発部

実習テーマ 【化工品生産技術(IE)】
鉱山用コンベヤベルトの生産性向上に向けた作業分析・改善
実習内容 鉱山用コンベアベルトはお客様の使用環境/用途が多岐に亘るため、多くはオーダーメイドの注文である。そのため、製造工程では作業ひとつひとつにおける標準時間の設定が難しく、複雑となってしまう課題がある。 
そこで、各作業の詳細分析にて、時間が変動するロジックを解明することにより、精密な標準時間設定を行い、生産計画の精度を今より高いレベルに改善する活動を進めている。

本テーマでは、現物現場での作業分析とロジック検討に参画し、さらに安全性や生産性を向上させる作業改善案を考案することを経験して頂く。
実習場所 化工品技術センター(神奈川県横浜市戸塚区)
募集対象(専攻) 経営工学系
募集対象(要件) IE専攻の方が望ましい

知的財産第3部

実習テーマ 【知的財産】
最新の情報分析ツールを活用した知財情報分析
実習内容 本テーマでは、最新の情報分析ツールを活用し、知財情報、市場情報を統合した自社分析、競合他社分析、市場分析を行い、得られたデータを基に考察・提案を実施。
実習場所 技術センター(東京都小平市)
募集対象(専攻) 指定なし
募集対象(要件) 特許調査を行う為、情報探索(文献など)の経験があることが望ましい

技術系インターンシップのエントリーはこちら。リクナビ2019でエントリー。

募集要項

配属部署と実習内容

参加者の声

インターンシップに関するお問い合わせ