株式会社ブリヂストン 技術系インターンシップ情報HOME
採用情報TOP

参加者の声

過去の技術系インターンシップに参加された皆さんの声をご紹介します。

※部署名は実施当時のものです。

【実習部署】 中央研究所
【実習生】 機械系・女性

Q:ブリヂストンのインターンシップに応募した動機は?

長期インターンシップを通して、メーカー企業の研究開発現場を体感してみたいと思ったからです。就職活動で幅広い業界を見るために、あえて自分自身の専攻に関わりのない企業にチャレンジしようと考えていました。他企業に比べ長い実習期間が設けられており、より実際の業務に近い内容を経験できると思いブリヂストンのインターンシップに応募しました。

Q:実習の大まかな流れを教えてください。

部署配属後の3日間で、タイヤに関する基礎知識や実習テーマの背景について勉強し、実験計画を立てました。その後、指導社員の方との相談やユニット内での進捗報告を交えながら雪上摩擦に関する実験とデータ解析を繰り返しました。最後の1週間は、最終発表会に向けて資料の準備や発表練習を行いました。中日には、栃木プルービンググラウンドへの出張も同行し、タイヤの雪上実験を見学させていただきました。

Q:課題に取り組む中で、最も苦労した点は?

専門知識がない分、実習テーマの背景を学ぶ上でゴム材料の特性やタイヤの雪上摩擦性能に対する要求を理解するまで時間がかかりました。しかし、質問をする度に指導社員の方が丁寧に説明してくれたおかげで、小さな疑問まで解決することができました。

Q:実習部署の印象は?

非常に風通しが良く、信頼関係が築かれた部署だったと思います。ユニット会議にも参加させていただきましたが、若手社員の方も発言しやすい雰囲気の中で活発な議論を行っている印象でした。自分のことも常に気にかけて下さる優しい社員の方ばかりで、食事や飲み会にもよく誘っていただきました。

Q:実習の前後でブリヂストンのイメージはどのように変化しましたか?

ゴム製品を扱っているため化学メーカーに近いイメージを強く持っていましたが、タイヤの構造を知れば知るほど、機械系の人材が活躍できる会社であることを実感しました。また、社内には子育てと仕事を両立させている女性社員の方も多く、女性にとって非常に働きやすい職場環境だと思いました。

Q:同期の実習生の雰囲気は? 交流は持てましたか?

明るく話しやすい人が多く、懇親会や日々の寮生活を通じてすぐに打ち解けることができました。退社後は、みんなでごはんを食べに行ったり飲み会をしたりして親睦を深めました。インターンシップが終わってからも連絡を取り合い、互いの大学生活や就職活動に関して励まし合える仲間と出会えたことは大きな収穫のひとつだと感じています。

Q:実習を通じての感想を教えてください。

実習では、インターンシップ生用のテーマではなく、実際に指導社員の方が取り組む研究の一部を担当させていただきました。そのため、一人の社員として自覚を持って業務に向き合うことができ、企業におけるよりリアルな働き方を経験することができたと思います。その中で、大学で培ってきた知識や研究ノウハウを活かせる場面が多かったことは驚きでもあり、自分の自信に繋がりました。アカデミックとは一味違う研究、新しい出会い、社会人生活など、たくさんの経験を積むことができ、濃密な3週間となりました。

【実習部署】 化工品技術企画開発部
【実習生】 化学系・男性

Q:ブリヂストンのインターンシップに応募した動機は?

長期インターンシップに参加したいと考え、企業を探していたときにブリヂストンの技術系インターンシップを知りました。元々、漠然と化学メーカーに興味があったこと、3週間という長期のインターンシップは珍しく、企業で働くということについても色々と知ることが出来そうだと思ったことの2点が決め手となり応募に至りました。

Q:実習の大まかな流れを教えてください。

1日目:オリエンテーション及び部署配属
2~10日目:実験及び解析、結果に応じて追加の実験
11〜14日目:最終日の発表会に向けた資料作成
15日目:3週間の成果を発表

Q:課題に取り組む中で、最も苦労した点は?

既存の開発手法に代わる新規手法の開発に取り組んだため、想定した通りに実験が進まないことが多く、その後の実験計画の修正に苦労しました。しかし、その様な際にも社員の方は私の意見をしっかりと考慮してくださり、ただのインターン生としてではなく、技術者として見ていただていると感じられモチベーションが上がりました。新規手法の有効性を示すことができ、苦労した分達成感も大きかったです。

Q:実習部署の印象は?

部署の皆さんは優しい方が多く、すぐに打ち解けることが出来ました。自身の所属する研究室に似た雰囲気を感じたり等、風通しの良さを感じました。実験について相談すると親身になって対応してくださり、的確なアドバイスも頂くなど、とても働きやすい環境だと感じました。

Q:実習の前後でブリヂストンのイメージはどのように変化しましたか?

実習前は、大企業ということで良くも悪くも「お堅い」雰囲気があるのかとイメージしていましたが、そういった雰囲気は感じませんでした。社員の方もインターンシップ生の同期も気さくな方が多く、すぐにリラックスして活動に臨めるようになりました。 また、ブリヂストンはタイヤのイメージが強く、タイヤ以外の事業についてイメージが掴めていませんでしたが、実習の中で、化工品事業ついても多く知ることができたため、「タイヤオンリー」というイメージが変わりました。

Q:同期の実習生の雰囲気は? 交流は持てましたか?

とても気さくな人が多く、初日からすぐに仲良くなることが出来ました。実習中もインターン生で飲み会を開くなど交流があり、実習部署のことや大学の研究内容など様々な話が出来ました。

Q:実習を通じての感想を教えてください。

一人の技術者として受け入れて頂いたことがとても嬉しかったです。私の意見に真摯に耳を傾けて頂き、実験へ取り入れて貰い成果が出たことは貴重な経験になりました。「若手社員の意見が基となって開発された手法も多い」と社員の方からお伺いしましたが、年齢や伝統に囚われない柔軟さがブリヂストンの競争力の要因なんだろうと感じました。

【実習部署】 中央研究所
【実習生】 化学系・女性

実習がいざ始まると、勉強する内容や、実習中に感じた疑問を調べることが多く、大変なこともありましたが、熱心に指導してくださる社員の方とインターン生の仲間に囲まれて、新しく学ぶ楽しさを実感することが出来ました。
私にとって、異分野のゴム・タイヤ・高分子という新しい世界に飛び込むことができ、多くの魅力を感じられ、大変良い機会となりました。

【配属部署】 タイヤ応用技術開発部
【実習生】 機械系・女性

設計部署に配属となり、タイヤの構造や製造方法、評価方法などタイヤについて様々なことを知ることができ、とても面白かったです。タイヤの性能は内部の構造や表面のパターンなど様々な要素が複雑に絡んでおり、その開発は難しいと思うと同時に楽しいと感じました。
また、ブリヂストンでは、各分野の専門家が強い連携をもって仕事にあたっており、とても充実していそうだと感じました。

【配属部署】 インフラ資材開発部
【実習生】 機械系・男性

このインターンを通じてメーカーでの製品開発のイメージが大きく変わりました。机上・実験室だけでなく、実際の現場を重視している方が多く印象的でした。
また、製品について、社員の方は幅広い視野で議論を真剣に進めており、世界一の競争力の源泉に触れることが出来ました。

【配属部署】 中央研究所
【実習生】 化学系・男性

単なるインターン生としてではなく、実際に行っている研究の一部を担当するなど、実際の社員の立場で仕事を体験することが出来ました。
その中で、大学の研究と企業での研究の違いについて学ことができ、自分の研究が数年後に社会で実現される醍醐味を知りました。

【配属部署】 中央研究所
【実習生】 物理系・男性

原材料から製品までという「深さ」方向と、幅広い分野で研究・開発を行っている「横」方向の広がりをどちらも大きく兼ね備えていると感じました。
特に、研究については、想像以上に力を注いでいると思いました。

【配属部署】 タイヤ加工生産システム開発部
【実習生】 情報系・男性

最先端の技術に触れることができて良い刺激を受けました。取り組んだテーマでは、研究に限らず、物事の本質を突き詰めて考えることで、今後様々な場面で役立つ基盤を養うことが出来ました。

【配属部署】 生産財タイヤ応用技術開発部
【実習生】 物理系・男性

インターン用の簡単なテーマや予め結果が分かっているテーマではなく、実際に進んでいるプロジェクトに参加できることは非常にモチベーションになりました。
また、実験の手法や、結果の考察についても自分の意見を取り入れて頂けたことは大きなやりがいになりました。

【配属部署】 IT・ロボット技術改革部
【実習生】 経営工学系・男性

インターンシップを通じて、自分が将来どのような会社で、どんな仕事に就きたいかを強く考えるようになりました。
参加前までは、漠然と規模や福利厚生を基準に考えていましたが、社風や仕事内容など高いモチベーションをもって働くことができるかということに主眼を置くようになりました。

【配属部署】 PSタイヤ開発第2部
【実習生】 機械系 男性

実習前は、「ブリヂストン=タイヤ」というイメージが強く、単にゴムに特化しタイヤを作っている企業という印象でした。しかし、実際にインターンシップで就業してみると、ゴムだけでなくタイヤ構造の複雑さ・奥深さを強く感じました。また、社員の方は、ON/OFFにメリハリがありとても良い雰囲気であると感じました。

技術系インターンシップのエントリーはこちら。リクナビ2019でエントリー。

募集要項

配属部署と実習内容

参加者の声

インターンシップに関するお問い合わせ