GR-9000

音質をコントロールし、高い静粛性を確保するとともに快適な音質を実現

人が快いと感じる音質を追求するため、応用音響工学を専門とする千葉工業大学橘研究室との共同研究を実施。低音域から中・高音域まで幅広い音域に対処すべく、ブリヂストンが持つ多くのサイレント・テクノロジーを搭載し、音質の開発に取り組み、音質をコントロール。人が不快と感じる音域の音を低減し、高い静粛性を確保するとともに、当社従来品に比べ柔らかく滑らかな音質を実現。

サイレントACブロック ノイズ抑制グルーブ ノイズ吸収シート

セダンからワゴンまで、幅広い車種にマッチした快適な乗り心地とリニアなハンドリング

IN側のベースゴムゲージが厚く、左右のビード構造が違うGR-9000独自の非対称構造とGR-9000用に改良した非対称形状を搭載し、ダンピングをきかせながらもソフトな乗り心地を実現。パタン、形状、構造に非対称技術を採用することにより、セダンからワゴンまで、幅広い車種にマッチした快適な乗り心地にするとともに、直進安定性を向上させリニアなハンドリングを実現。

環境性能を追求し、燃費向上に貢献

シリカ配合コンパウンドを採用し、高いウェットブレーキ性能を確保するとともに転がり抵抗を大幅に低減し、燃費向上に貢献。

Page Top
Copyright(C) 2011 Bridgestone Corporation