RULES ルール紹介

技術の進化や社会の環境ニーズの変化を踏まえ、
また常にチームが限界に挑めるよう、
専属の技術部隊が18か月毎にルールを見直しています。
複雑なルールですが、レースをより楽しめるよう、
分かりやすく紹介します。

CHALLENGER CLASS チャレンジャークラス

スピードレース

世界一速いソーラーカーを決める!

前回の2017年度大会はソーラーパネルが更に縮小された一方で(第1回大会の半分の大きさ!)車両の大きさ制限は緩和され、各チームとも大幅にデザインを変えて参戦しました。今年度は誰が先に3,000kmをゴールできるのでしょうか?

ソーラー
パネル
2.64㎡~4㎡ (素材によって制限サイズが異なる)
イメージ…タタミ1.5~2畳程度
車両 4輪、縦5m×横2.2m×高さ1.6m以内
イメージ…大きめの乗用車程度
乗車人数 1人乗り(2人以上のドライバーを設定し交替で運転)ドライバー体重+重りで80kg以上になるよう調整
動力源 ソーラーエネルギーのみ

CRUISER CLASS クルーザークラス

実用性評価

未来の自動車を創る!

今年度のルール改正では、指定された3か所のコントロールストップを通過しなければいけない時間帯が設定されました。これらの地点では日没から23:00の間に外部充電ができます。最終評価はゴールした順位ではなく、総合的なスコア評価となります。評価時にはソーラーカーについての3分間プレゼンテーションを行うことが新たに義務付けられています。いかに実用的な車両をデザインし、いかにエネルギー効率良く安定的に走ることができるか? 技術と知恵の戦いです!

ソーラー
パネル
3.3㎥~5㎥(素材により制限サイズが異なる)
イメージ:タタミ2~3畳程度
車両 4輪、縦5m×横2.2m×高さ1.6m以内
イメージ:大きめの乗用車程度
乗車人数 4人まで(ドライバー含む)
動力源 ソーラーエネルギー+外部からの充電
(指定場所で計2回可能)

評価基準エネルギー効率と実用性の両面から評価

エネルギー効率:乗車人数×走行距離÷使用エネルギー量

実用性:8項目について審査員が評価

  • ・デザインの先進性
  • ・操作しやすさ(運転/充電)
  • ・環境への配慮
  • ・汎用性
  • ・乗降しやすさ
  • ・デザイン性と好ましさ
  • ・乗車スペースの快適さ
  • ・大会目的への適合性

ADVENTURE CLASS アドベンチャークラス

誰でも参加可能

競わずに大会を楽しむ!

全員がレースに参加できるよう、順位を競わず楽しむことを目的としたクラス。ユニークな形やデザインのクルマが魅力的です。

COMMON RULES その他共通ルール

走行時間

8:00(初日のみ8:30)よりスタートし、17:00までの1日9時間のみがレースの走行時間として決まっています。時間をオーバーした場合には、ペナルティが発生します。

車両検査

出走前に「静的車検」と「動的車検」(テスト走行)を実施します。
本番のレースで走行するためには、現地での2つの車検に合格することが必須となります。

レース中の車両点検

コントロールストップ(前回大会では7か所に設置)ごとに、全てのチームが30分間停車して車両点検を実施します。車両点検にて、60km/h以上で走行できないなど安全面に問題があると判断された場合や、時間内でゴールにたどり着くことが不可能と判断された場合には、トレーラーで適切な場所まで牽引することがルールとなっています。その後コースに復帰することはできますが、その場合は残念ながら順位はつきません。

安全面に関するその他ルール

サポートカーが前後を挟んで並走することや、熱中症予防のために飲用水を確保すること、法定速度遵守、また前後左右の視野確保、ライト / ウィンカー装備、運転時の適正な姿勢確保、シートベルト / ヘルメット着用など、限界に挑む各チームの安全を守るため、様々なルールが定められています。

Until the start

13-20 Oct. 2019

STAY TUNED

  • Days
  • Hours
  • Minutes
  • Seconds