テレワーク等の実施状況について

1. 基本方針

  • (1) お客様・従業員・関係者の 生命と安全を最優先 とした危機対応
  • (2) 事業環境悪化を踏まえた事業損失の最小化
  • (3) 危機局面での本質課題への対応、および抜本的改革による経営体質の強化

2. テレワーク等の実施状況について

「出社必須の業務」及び「出社及び対面業務が付加価値を生む業務」を除き原則としてテレワークとしています。

(1) テレワーク推進に向けたこれまでの取組み

  1.  ✓ テレワーク制度拡充(上限日数・上限時間撤廃、テレワーク手当等)
  2.  ✓ テレワークに必要となるインフラ整備(ノートパソコン、リモートアクセス貸与、ネットワーク回線の増強等)
  3.  ✓ テレワーク実施時の従業員支援(テレワーク手当新設及び準備一時金支給)
  4.  ✓ テレワークを含む、新しい働き方をまとめたガイドラインの発行
  5.  ✓ 電子申請、電子署名等のペーパーレス化推進
  6.  ✓ 感染防止対策として対面ではなくオンライン会議を推進 等

(2) 出勤削減率状況

【2021年9月平均】

事業所名 所在地 削減率
グローバル本社 東京都中央区 約7割
技術センター 東京都小平市 約7割
化工品技術センター 神奈川県横浜市 約7割

(2021年10月8日更新)