CSR

Environment(環境)|自然と共生する

貢献の最大化(社会貢献)

ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール(日本)

ブリヂストンは、ブリヂストンサイクル及びブリヂストンスポーツと共に、毎年「ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」を開催しています。このコンクールは、子どもたちの絵から見えてくる自然への思いをしっかり受け止め、未来の子どもたちにも大切な自然環境を残していきたいという考えのもとに始められました。毎年、子どもたちの豊かな感性によって描き出された素晴らしい作品が届きます。

エコピアの森(日本)

ブリヂストンは2010年1月から森林整備活動「エコピアの森」プロジェクトを行っています。
工場など国内事業拠点の周辺に森林整備区域「エコピアの森」を設け、間伐などの森林保全活動を推進しています。 「エコピア(ECOPIA)」は当社の低燃費タイヤの最高峰となるブランドで、「安全性」と「低燃費性能」「ライフ性能」を高次元で実現しています。
その活動内容は、間伐などの森林整備を行い、野生の動植物の生息地を確保する活動や、子どもたちへの環境教育の実施です。

ブリヂストン びわ湖生命(いのち)の水プロジェクト(日本)

滋賀県彦根市で40年以上にわたって操業を続けているブリヂストンは、琵琶湖の水環境を守るための活動を2004年より開始しました。地域の様々な団体と連携しながら、琵琶湖の水環境を守るための様々な活動の支援を行ってきました。現在、地域の方にご参加頂いている自然観察会の開催、絶滅危惧種「カワバタモロコ」の繁殖研究への支援などに取り組んでいます。「カワバタモロコ」の繁殖研究を行う工場敷地内のビオトープ「びわトープ」については、自然観察会や地域の幼児園児を招いた田植え・稲刈りを実施するなど、地域との環境コミュニケーションの場としても活用しています。また、繁殖したカワバタモロコは、近隣の小学校に提供し、子供たちの環境学習に活用いただいております。

ブリヂストングループの自然保護エリアを寄付(米国)

米国では、2018年にブリヂストン アメリカス・インク(BSAM)が6月5日の世界環境デーを祝して、チェストナット山の2,332ヘクタールのブリヂストン自然保護区をThe Nature Conservancy in Tennessee(TNC)に寄贈しました。この土地は、2000年までに同社がテネシー州野生生物資源庁に寄贈した6,000ヘクタールの野生生物の生息地保全地区に隣接しており、絶滅にさらされている多くの動植物の生息地が守られ、育まれることになります。寄贈した自然保護区によるCO2吸収量は、テネシー州ナッシュビル中心部にあるBSAM本社ビルにおける25年間分のCO2排出量に相当します。

また米国とメキシコにある11のブリヂストングループの生産拠点の敷地は、野生生物の生息地としてWildlife Habitat Council(WHC)から認定されています。WHCと協働して、1,200ヘクタールを超える敷地を野生生物の生息地として保護し、生物多様性の向上に貢献しています。

ブリヂストン環境教室・生息地保全活動(米国)

米国のウォーレン工場では、次世代の子どもたちの自然環境への関心を高めるために、野外授業や参加型の授業を通じて環境について学ぶ環境教室「Bridgestone Environmental Education Classroom and Habitat(BEECH)」を開催しています。2008年の設立以来、2万人近い生徒がBEECHを訪れており、子供たちが野生動植物の生息地や水の保全について学び、自然環境への関心を高めることに貢献しています。これらの活動はテネシー州にある4つの郡に拡大しています。

環境イベント(ポーランド)

スタルガルト工場(ポーランド)の従業員とスタルガルド市民は、スタルガルドセンターからの支援でpro-European Ecological Centerが企画する生物多様性と生活様式に関する様々な情報を提供するイベントに参加しています。 2014年と2015年には若者の環境教育に注力しました。2016年には アートコンテスト「ゴミを分別して、地球を救おう」を企画し、そのコンテストで従業員の子供たちが、清潔で健康的な環境を維持するためのアイデアを発表しました。また、従業員の身体障がいのある子供を支援する慈善活動「Tighten up on helping」と連携したプラスチックキャップ36キロの回収や、スタルガルト周辺のサイクリングを通じて健康的な生活スタイル推進につなげました。

ウミガメの保護活動(中近東)

2011年以来、ブリヂストン ミドルイースト アンド アフリカ エフゼットイー(BSMEA) はEWS-WWFと共同で、エコ・サステナビリティ活動を継続的に開始しました。EWS-WWFが先導して行うウミガメの移動パターンの研究のためのウミガメ保護プロジェクトの一部として、ブリヂストンでは2匹のタイマイの保護に資金援助しています。 2012年には、ブリヂストンの従業員、家族及び友人により、アラブ首長国連邦で最初に保護山岳地帯とされた Wadi Wurayah を清掃しました。この活動は、アラブ首長国連邦の異なる場所にも広がり、絶滅危機に瀕するタイマイや、マングローブの保護につながりました。
2013年からは、BSMEAが継続的にアースアワーキャンペーンに参加し、持続可能性に関する従業員教育を実施してきました。
2015年には絶滅の危機に瀕するタイマイ保護の取り組みと並行して、ウミガメ養子縁組パックがブリヂストンの従業員に配布されました。各ウミガメ養子縁組パックには、Nadiaという名前のかわいくて柔らかいおもちゃのウミガメ、ステッカー、ウミガメの実際の写真カード、養子縁組認定書が含まれています。

※タイマイ: ウミガメの一種。絶滅危惧種。

山豹保護プログラム(南アフリカ)

ブリヂストン サウス アフリカ(BSAF)は、希少動物である山豹の保護活動プログラムを行っているCape Leopard Trustへの支援を行っています。Western Cape州の山岳地帯に生息する山豹の研究については、8年以上行われています。また、本プログラムでは、子どもたちへの教育・支援プログラムとして、地域の小学生を対象とした自然の中での環境学習も行っています。BSAFが参加した野外学習では、子どもたちとともに、生息環境、岩絵、ハイキング、空の観測などを行いました。

水資源の保全(インド)

ブリヂストングループでは、地域社会と協力して水資源の保全に努めています。2018年には、UNICEF と共同でインド第二の人口過密州であるマハーラーシュトラ州の水資源保全を目指した3ヵ年プロジェクトを始動しました。長く続く干ばつにより不作に苦しむマハーラーシュトラ州にとって、水不足は重要課題のひとつであるため、10の村で清潔で安全な水が利用できるように、6,360万円※1を寄付しました。

  1. ※12018年平均レートで換算。

マングローブ林の回復と植林(インドネシア、タイ)

インドネシアとタイでは、沿岸集落の住民と環境を守る役割を果たしているマングローブ林を復元させるため、ブリヂストングループ従業員が数千本のマングローブを植林しました。
他にも、インドネシアでは、2012年からBorneo Orangutan Survival財団による、オランウータンを本来の生息地に戻す活動を支援しています。これまで8年間に亘り毎年1ヘクタール分の植林を行い、孤児となった2頭のオランウータンが本来の生息地に戻れるようになるまでの生活とリハビリテーションを支援しています。

緑の子供調査員コンテスト(タイ)

タイ ブリヂストン カンパニー リミテッド(TBSC)は、2009年より若い世代の間で環境保護と生物学的多様性に関する意識を高めるプロジェクト「Green Young Investigator」を企画してきました。学生たちは、自らの専門を高めるためTBSCにより設定された4つのテーマ「地域の生息地」「生物多様性」「生物種」「気候変動」から活動を選択します。このプロジェクトの目標は、タイ中部の学校の環境に配慮した風土や教育システムの発展を支援し、環境に配慮する将来市民として若い世代の信条や態度を形成していくことです。