CSR

Mobility(モビリティ)

ミッション

モビリティは、日々の生活と同様に人類の進歩にとって重要です。安全で効率的な移動により、私たちはより快適に生活し、働き、楽しむことができ、経済発展が進みます。
モビリティの高度化は、よりよい公共交通、渋滞の減少、多様な移動ニーズへの対応を実現するとともに、交通事故を減らし、都市部での生活の質を向上させます。ブリヂストングループは、私たちの強みや特性を活かし、世界中で社会や環境の課題を解決しながら、より安全で快適な移動を実現します。

先進的な技術とソリューションにより、
持続可能なモビリティのイノベーションを速める

ブリヂストングループは、革新的な技術により、社会とお客様にとって、より容易で、より安全、よりスムーズかつシームレスなモビリティの実現に取り組みます。

  • アイコン
    多様な移動ニーズに応える
    スムーズかつシームレスなモビリティに貢献します。
  • アイコン
    モビリティの
    進化に貢献する
    独自の技術を活用し、人/物の移動を向上させます。
  • アイコン
    安全・安心な
    移動を支える
    独自の技術を活用し、モビリティをより安全にします。

ブリヂストングループが創造する価値

モビリティが急速に進化する社会において、ブリヂストングループは、お客様と社会に役立つ先進的なソリューションを創出しています。モビリティの高度化は、よりよい公共交通、渋滞の減少、多様な移動ニーズへの対応を実現するとともに、交通事故を減らし、生活の質を向上させます。 ブリヂストングループは、私たちの強みや特性を活かし、世界中で社会や環境の課題を解決しながら、より安全で快適な移動の実現に貢献します。多様な移動ニーズに応えモビリティの進化と安全・安心な移動に取り組んでいます。

モビリティの進化を更に進展させる取り組みとして、モビリティとテクノロジーに特化したベンチャー企業である欧州のIris Capitalや米国のThe Wesley Groupとの提携を開始しました。これらの活動を通じて、新たなモビリティサービスの創出を目指すオープンイノベーション戦略を強化していきます。

多様な移動ニーズに応える多様な移動ニーズに応えるアイコン

First Stop

ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエーとその傘下の販売会社First Stopは、スムーズかつシームレスなモビリティの実現に取り組んでいます。例えばスペインでは、安心して電気自動車を利用いただくために、タイヤメンテナンスサービス設備や充電設備を備えたバンを各地に展開するRanger Mobility Solutionsプロジェクトを進めています。

TireHub

The Goodyear Tire & Rubber Companyと共同で設立したTireHubは、米国のほぼ全てのタイヤディーラー、小売店へのタイヤの即日配送が可能になり、エンドユーザーの方々のニーズに応える一方、ディーラーや小売店での在庫数削減に貢献します。

MOBOX

欧州では、タイヤやオイルなど自動車用品の交換サービスを手頃な月額料金で提供するMOBOXを展開し、お客様に利便性と安心を提供しています。

バス乗降時のバリアフリー化に貢献するタイヤと縁石の開発

都市化や高齢化の進行、環境問題の深刻化などが進む中、公共交通は今後さらにその重要性を増していくと考えられます。 バス輸送では、乗降時のバリアフリー化が課題であり、高齢者、車いす利用者、ベビーカー利用者等の方々も含むすべての人々が、安心してスムーズに乗降できることが求められています。また同時に公共交通として定時運行することや経済的であることも必要です。

日本では、バス停車時に乗降口と停留所のすき間を小さくする正着性向上(バス乗降時のバリアフリー化)に関する研究を行っており、バス停バリアレス縁石・タイヤの開発を進めています。この取り組みにより車いすや高齢者はもとより、ベビーカーやキャリーケース利用者もバス乗降を容易に行うことが可能となります。この活動は、ブリヂストングループアワード2019の表彰案件に選ばれています。

シニアでも乗りやすい“かんたん電動アシスト自転車”「アシスタユニプレミア」

電動アシスト自転車
「アシスタユニプレミア」

ブリヂストンサイクルは、シニアでも乗りやすい、かんたん電動アシスト自転車「アシスタユニプレミア」を、2014年10月に販売を開始しました。

高齢化時代を迎えた国内市場において、シニア層のニーズを的確に反映した商品を提供することは企業にとって大きな課題となっています。

製品の開発にあたっては、65~75歳の方々を対象に「電動アシスト自転車利用実態調査」を実施。当調査を通して、シニア層の中には、脚力が弱ったことによる自転車走行時の問題を実感しているものの、電動アシスト自転車は「重い、怖い、複雑」という理由から、電動アシスト自転車を敬遠している方々がいることが明らかになりました。

こうした調査結果を受けて設定したテーマは「乗りやすくて、扱いやすい、かんたんな電動アシスト自転車」です。具体的には、軽量・低床・シンプルを追求しました。重量は、一般的な自転車と同等の22.1kg※1を実現し、体力に自信がなくても安心して取り回すことが可能です。フレームは、小径タイヤの採用と、低床化設計により、身長138.5cmの方から両足が地面につくので※2、急な停車時も安全です。また、シニアの方々にとっては複雑だった電動アシストのスイッチは、機能を絞り、ボタンも大型化。シンプルで操作がしやすい仕様となりました。また、シニアを意識させないシックでエレガントなカラーリングでデザイン。シニア目線の価値観とニーズを織り込んだ“かんたん電動アシスト自転車”です。

  • ※1 ブリヂストンサイクルが販売する「アシスタユニプレミア20インチモデル」と「JOBNO(ジョブノ)点灯虫モデル 27インチ」との比較</li>
  • ※2 タイヤサイズ20インチモデルの場合

モビリティの進化に貢献する

Bridgestone World Solar Challenge

ブリヂストンはBridgestone World Solar Challengeのタイトルスポンサーとして、持続可能なモビリティ社会の実現に向けた研究開発を支援するとともに、世界中から参加する各大学のソーラーカーチームにタイヤを提供し、若きエンジニアを応援します。

IntelliTire™

トラック・バスなどの輸送ビジネスのお客様に向けては、センサーを用いてリアルタイムでタイヤの空気圧や温度を計測し、モニタリングするシステムの開発を進めています。ブリヂストン アメリカス・インクでは、タイヤの走行状態の測定とモニタリングを可能にするQRコードがついたタイヤ、IntelliTire™を発売しています。

FleetPulse

ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエーでは、フリート向けソリューションパッケージ、FleetPulseの提供を開始しました。空気圧モニタリングシステムをモバイルアプリ・専用ウェブサイトとつなぎ、車両の稼働率と走行時の安全性向上に貢献しています。

Tirematics

「Tirematics」はセンサーを用いてトラック・バス用タイヤの空気圧、温度を計測し、車両位置情報とともにネットワークを通じて遠隔でリアルタイムにモニタリングするITシステム。タイヤ故障による予期せぬ運行トラブルを未然に防ぎ、乗客の安全輸送及び定時運行に貢献します。また人手による内圧点検が不要となり、タイヤメンテナンスの大幅な効率化を実現。タイヤの長寿命化や燃費改善によるコスト削減も期待できます。

独自のITシステムを活用した新たな運送ソリューション Tirematics
独自のITシステムを活用した新たな運送ソリューション Tirematics

バス高速輸送システム(BRT)

ブリヂストンとグループ会社Bridgestone do Brasil Industria e Comercio Ltda.(BSBR)は、バス高速輸送システム(BRT)の運営事業者の協力のもと、独自のITシステムを活用した新たな運送ソリューションの実証試験を行いました。

BRTは、連節バスや専用レーンを活用して、予定通りの迅速な運行を実現するバス高速輸送システムで、環境負荷の低い次世代都市交通システムとして、近年新興国を中心に導入されており、先進国への普及も進んでいます。

リオデジャネイロではBRTが主な交通手段となっており、この取り組みを通じて利便性の高い公共交通を普及させることで、経済発展を促すとともに、すべての人々がさらに快適に暮らせる社会の実現に貢献します。

Toolbox

タブレットなどの端末を用いて、作業現場でお客様の基本情報やタイヤの状態、メンテナンス状況などの情報にアクセスし管理することで、お客様とタイヤに関する情報を「見える化」することが可能です。メンテナンス状況やタイヤの状態をチェック・分析した上で、より高い精度で最適なタイヤとその使用方法をお客様にご提案します。

BASys

使用済みタイヤを検査・修理・加工してリトレッドタイヤを製造するプロセスに関する情報をリアルタイムに把握、分析する管理ツールです。リトレッドタイヤの製造・品質・在庫情報を管理し、生産性及び品質の向上に貢献しています。

安全運転を足元からサポートする「CAIS®(カイズ)※1

「CAIS」とは、車の中で路面と唯一接しているタイヤから、接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握することで、お客様に新たな価値を提供する当社センシング技術の総称です。ブリヂストンは、2015年に路面状態判別技術の実用化を世界で初めて※2開始しました。

路面状態判別技術は、降雪などによる路面状態の急激な変化をリアルタイムに感知することが可能で、刻々と変わる路面状態を車載解析装置によって、乾燥、半湿、湿潤、シャーベット、積雪、圧雪、凍結の7つに判別します。ブリヂストンはタイヤだけでなくシステム面での技術開発も進め、安全・安心なモビリティ社会の実現に貢献していきます。

  • ※1 Contact Area Information Sensingに由来。「CAIS」は当社の登録商標です。
  • ※2 タイヤによる路面状態判別技術の領域において。(2015年11月当社調べ)

路面状態を判別
路面状態を7つ(積雪、湿潤など)に判別

TOPICS

ブリヂストンがTom Tom社のデジタルフリートソリューション事業の買収を完了

ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエーは、2019年4月にトム トム エヌヴィー(Tom Tom社)のデジタルフリートソリューション事業の買収を完了しました。これによりブリヂストングループの製品・サービスメニューが更に強化されるとともに、タイヤ開発やタイヤ予知保全サービス分野での前進が期待されます。

走りながら自動充電する電動自転車

ブリヂストンサイクルは、走りながら自動充電ができ、一回の充電でより長距離走行を可能にする両輪駆動の電動自転車を開発しました。今後、ブリヂストンサイクルが日本で販売する電動自転車の全てにこの新技術を導入する予定です。

安全・安心な移動を支える

ランフラットテクノロジー採用タイヤ

モビリティの領域でも、ブリヂストングループの安全宣言「安全はすべてに優先する」は適用されています。 2014年にブリヂストンは、パンクした後も時速80㎞で80㎞※1まで安全に走行できるランフラットテクノロジー採用タイヤ「DriveGuard」の発売を開始しました。ランフラットテクノロジー採用タイヤは1980年代に日本で障がい者向け福祉車両用に開発されたことを発端とし、その後ポルシェ959に標準装着タイヤとして採用されたことで量産車両向けに製造されるようになりました。ブリヂストングループはモビリティ社会のさらなる安全性向上に挑み続けており、現在プルービンググラウンド(テストコース)において自動運転システムでのランフラットテクノロジー採用タイヤの性能試験や、欧州、アジア、日本その他各国の騒音規制への対応を進めています。

  • ※1 ISO規格又は特定の実車試験の条件下で、空気圧がゼロになっても速度80km/hで80kmの距離を走行可能。

断トツの氷雪性能を追求し続ける スタッドレスタイヤ「ブリザック」

ブリヂストンが誇る発泡ゴムの技術により、氷上での安心・安全な走りを実現するスタッドレスタイヤを開発しました。独自の技術に磨きをかけながら、他にも様々な技術の複合で、滑りやすい冬道でも安心して走行できるタイヤを提供しています。

交通安全運動の呼びかけ(日本)

東京都小平市で、春、秋の全国交通安全運動の期間中の「交通死亡事故ゼロの日」に若手社員ボランティアが地域の警察署員とともに正門前交差点にて交通安全の呼掛け運動を実施しています。毎回、20~30名の若手社員が交通事故を1件でも減らそうとの思いで、交通安全グッズやチラシを歩行者や自転車へ配布するほか、横断歩道での交通誘導を通し、地域の交通安全に貢献できることを目指しています。

子どもたちへの自転車安全教育(日本)

ブリヂストンサイクル株式会社は、上尾市近郊の幼稚園や保育園、小学校で開かれる自転車安全教室に2005年から協力しています。この安全教室は、日本交通安全教育普及協会が毎年開催するもので、子どもたちは「乗る前の安全点検」や「ヘルメットの重要性」、「交差点の渡り方」、「駐停車中の車の側を通るときの注意点」など、自転車を安全に乗るためのポイントを講義と実技を通し学んでいます。同社は実技指導に使用する自転車を貸与しているほか、自転車の安全点検にも協力しています。2012年は5月~11月の期間に、上尾市、及びさいたま市の10の保育園、幼稚園、小学校で同教室が開催され、約1,100名が参加しました。

Bridgestone Teens Drive Smart(米国)

運転中に的確な判断を行うことは、次世代のドライバーに伝えるべき最も大切なことだとブリヂストングループは考えています。
毎年、米国テネシー州ナッシュビルにあるブリヂストン アメリカス・インク本社では、初心者ドライバーを対象に半日のワークショップ「Bridgestone Teens Drive Smart」を無料で実施しています。運転指導の教官による学科教習と、不注意運転の撲滅や実践的な運転技術の向上、車両やタイヤの定期メンテナンスの実施方法の指導に重点を置いた運転実習を組み合わせて行います。2010年のプログラム開始以来、4,300名を超える若者が参加しました。

Think Before You Drive(中南米)

安全運転には、確かな判断力、交通状況を瞬時に察知する力、そして路上走行に適した車両が欠かせません。

2005年に開始した安全運転の啓発活動「Think Before You Drive」は、地域社会の安全を確保するブリヂストングループの取り組みの一環として、教育プログラムや教材を通じて交通安全の大切さをドライバーに再認識してもらおうというものです。

ドライバーの皆様には、シートベルトの常時着用や、カーシートの使用、タイヤのアライメント調整やバランス調整、最大車両荷重のチェックなど、ご家族や友人との安全な旅に欠かせない基本的なルールを守ることの大切さをお伝えしています。また、タイヤの空気圧や摩耗状態の無料点検、車両を最適な状態に維持する方法についてのアドバイスといった、より実用的なサポートも行っています。

コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、メキシコでは、安全運転を呼びかけて交通事故や危険運転を減らすことを目的に、大学や政府機関と連携し、この教育プログラムを実施しています。2016年以降、参加者は31,000名以上にのぼります。

子どもたちを交通事故から守る活動(ドイツ)

Bridgestone Deutschland GmbHは、NGOが行う道路交通安全教育活動を支援しています。この活動は、ドイツ連邦交通・デジタルインフラ省と警察からの支援を受け、子供たちを登下校時の交通事故から保護することを目的としています。
2007年以降、Bridgestone Deutschland GmbHは子供たちが交通事故に巻き込まれないよう身体的能力向上させる教材を提案し、ドイツ中の保育所に配布しています。
また、2013年以降、Bridgestone Deutschland GmbHは主要都市で道路安全キャンペーンを実行し、子どもたちと保護者に登下校時の道路での危険性を知らせるリーフレットを配布しました。2013年以降、およそ170,000冊パンフレットが配布されました。

交通安全教育(ポーランド)

ブリヂストン ポズナン エスペー ツェットオーオーは、2008年に子どもたちのための安全教育プログラムを立ち上げました。毎年ポーランド警察と協力し、保育園や小学校を訪問し、子どもたちに車両内での安全確保の仕方、道路の横断の仕方、緊急時の救助の求め方についての安全な行動を教えています。
子どもたちは熱心で積極的にワークショップに参加します。対話型の授業では、チャイルドシートなしで座ったり、またはシートベルトを締め忘れると、どんなことが起こるかを子どもたちが知ることができます。
2008年以来、16,000名を超える子どもたちがワークショップに参加しました。毎年、より多くの教育機関の期待に応えようと努めていて、2016年には44校の幼稚園と小学校を訪問し、4,500名を超える子どもたちが当社のワークショップに参加しました。

交通局職員への車両点検トレーニング(南アフリカ)

ブリヂストン サウス アフリカは、2008年より他業界のパートナーとともに、年間で4回以上、交通当局員の研修など交通安全に関わる活動に参加しています。この活動では、道路上での使用に不適格と判断された車両を道路から移動させ、停止通達を発行する交通当局員の研修を行っています。研修の中では、タイヤの安全点検の方法や効果的なブレーキ方法などを学習します。また、運送会社の方に対しても、効果的なブレーキ操作とタイヤの点検を呼び掛けています。これまでに1,200名以上の交通当局員が本研修を受講しました。

タイヤセーフティ活動(インド)

ブリヂストン インディア プライベート リミテッドは、安全な旅行のため、消費者にタイヤ点検から始まり、溝の深さや摩耗、傷の点検、空気圧、窒素ガス充填の利点など、タイヤ・メンテナンスの重要性をお伝えしています。また、タイヤの安全に関する小冊子が、キャンペーンに参加した消費者に配布されます。多くの消費者にお届けするため、このキャンペーンは高速道路や、店舗、住宅地、社宅など様々な場所で開催され、250か所で1万台以上の自動車の点検とサービスを行いました。

エコ&セーフティードライビングレッスン(中国)

普利司通(中国)投資有限公司は、2008年より、安全に重点をおいたドライビングレッスンをテストコースで提供してきましたが、2009年からはエコの要素を追加したプログラムへと内容を充実させ、年に1~2回、試乗講習会を実施しています。2015年8月には、第10回目のレッスンが開催されました。参加者はエコドライブ講座をはじめ、通常運転とエコドライブの比較走行、タイヤの空気圧を変えた車両を試乗し、操縦安定性を比較走行する他、ランフラットテクノロジー採用タイヤをパンクさせ、空気圧がゼロの状態で走行する車両への同乗といったことを体験しました。参加者に、こういった多様な体験プログラムを通して、タイヤの日常安全点検の重要性に加えて、ブリヂストンの企業文化や製品へのご理解を更に深めて頂きました。

新ドライバーへの安全講習(タイ)

試験に合格し運転免許を保有することになる新規のドライバーに対して、タイの自動車交通庁と協力し、安全運転と交通ルールに関する講習を、タイ全国で毎年6回実施しています。1990年から活動を開始し、今までで42,300人以上が参加しました。

ブリヂストングループは、他にもさまざまな交通安全の取り組みを世界各地で展開しています。

  • オーストラリアとニュージーランドでは、毎年5万人を超える高校生が参加するブリヂストングループ交通安全ワークショップを開催しています。
  • インドでは、インド国内24箇所で職業ドライバーを対象とした視力検査を含む交通安全キャンプを実施しています。
  • イタリア ローマの技術センターに所属する従業員がCulTireプログラムへのボランティア活動を通じて、175人の高校生に交通安全や運転の心得、タイヤのメンテナンスについて指導しました。
  • インドネシアでは、Bridgestone Ban Sehat, Anda Selamatタイヤ安全キャンペーンを通じて、10年間で17,000人を超える人々が交通安全とタイヤのメンテナンスについて学んでいます。