CSR

People(一人ひとりの生活)

ミッション

グローバル企業として、ブリヂストングループは世界中の様々なコミュニティと関わっており、事業を展開する地域社会がより良くなるよう、懸命に取り組みます。「一人ひとりの生活」の重点領域の活動を通じて、より安全・安心な暮らし、次世代の学び、地域の健やかな暮らしを支えていきます。

私たちの強みを活かしながら、地域社会を支え、
人々の生活、学び、働き方を良くしていく

ブリヂストングループは、自らの強みや特性を活かし、
地域社会の健康や安全、教育の課題に真摯に取り組みます。

  • アイコン
    安全・安心な
    暮らしを支える
    商品、サービス、会社や個人の活動を通じ、より安全な地域社会を構築します。
  • アイコン
    次世代の学びを
    支える
    教育や訓練の機会を拡大し、仕事や生活に必要な技能の向上を支援します。
  • アイコン
    地域の健やかな
    暮らしを支える
    生活をより健やかにするために必要なものやサービスを利用しやすくします。

安全・安心な暮らしを支える

洪水、台風、地震、津波、竜巻、火山噴火などの自然災害は地域コミュニティに多大な被害をもたらします。ブリヂストングループでは増大する自然災害による被災者の支援や、防災および減災に取り組んでいます。

洪水時の支援活動(インドネシア)

2010年にインドネシアのブリヂストングループ従業員は、洪水時の被災者救助に備えレスキューチームを編成し、救助訓練を行っています。これまでに被災者の安全な避難誘導や、救援物資および避難エリアの提供等の支援活動を8回以上実施してきました。この取り組みはブリヂストングループアワード2019の表彰案件に選ばれました。

人工筋肉の開発(日本)

ブリヂストンは東京工業大学との産学連携により、災害現場で活動可能なロボットなどに用いる、油圧駆動の人工筋肉の開発を進めています。人工筋肉には、ブリヂストンの油圧ホースやタイヤの技術が応用されており、軽量でありながら衝撃や振動に強く、大きな力を出すことができます。この開発は、地震や土石流、台風や津波などの災害現場をはじめとした苛酷な環境でのロボット活用に向けた重要な第一歩だと考えています。

災害時の支援体制整備(日本)

ブリヂストンタイヤジャパンは、発生件数が増加している自然災害を教訓とし、被災店舗への支援体制を整えるとともに、災害時に帰宅困難となった方々の待避場所として各タイヤ販売店を開放しています。この取り組みは、ブリヂストングループアワード2019の表彰案件に選定されました。

台風や竜巻から地域を守る災害指令センター(米国)

ブリヂストン アメリカス インクのタイヤ製造工場があるアメリカ テネシー州は、同国内でも竜巻が多い地域の一つであり、自然災害への対策が工場の課題でした。工場では従来の対応方法を検証した結果、あるべき防災体制と現状に大きな隔たりがあることが判明したため、この課題を改善する取り組みを開始し、気象監視機能を持つ指令センターの設立及び関連する体制の見直しを実施しました。

この取り組みは、早期警報などによる従業員の安全確保体制の向上、火災リスクの低減といった安全・防災面のみならず、予期しない災害による生産停止の回避といった生産性の向上にも貢献します。また同様の自然災害リスクを抱える地域コミュニティにも展開できます。

地震から生命と財産を守る建物用免震ゴム

建物の地震対策は「免震」「制震」「耐震」の3つに大きく分類されます。中でも「免震」は、地面と建物の間に免震ゴムを設置し、建物に地震の揺れを直接伝えにくい構造のため、室内の揺れや家具の転倒などによる被害を小さくすることができます。

ブリヂストンは、タイヤづくりで培った「材料技術」「設計技術」「生産技術」の3つのコア技術を応用して1984年に高品質・高性能な免震ゴムの販売を開始。以来、業界のパイオニアとして、マンション、高層ビルから中低層の建物や戸建住宅用まで免震ゴムの開発及び販売を行っています。2012年10月に完成したJR東日本「東京駅丸の内駅舎保存・復原工事」にも、ブリヂストン製の免震ゴム352基が使用されています。

2013年5月には「高減衰ゴム系積層ゴムシリーズ」のX0.4Rの発売を開始し、「鉄粉・ゴム混合材プラグ挿入型積層ゴム(以下eRB)」のサイズラインアップを拡充しました。

X0.4Rは、中低層の建物(およそ5~10階程度)に対して適するように設計され、地震時の建物の揺れをより緩やかにすることが可能になりました。また、地震の繰り返しの揺れに対して、免震ゴムが毎回安定した揺れ方をするように改善したことにより、建築設計時における地震シミュレーション精度も向上しました。

環境対応製品であるeRBについては、ラインアップを14サイズから70サイズに大幅拡大することで、設計の自由度向上に貢献しています。

また、建築設計に必要な構造計算一貫ソフトウェアを提供するユニオンシステム社と共同で免震設計支援ソフトを開発し、従来手作業で行っていた膨大なデータ入力が省略され、設計者の入力ミスや作業負荷を大幅に軽減することに成功。当ソフトを使用することで、初めて免震建物設計を行う設計者の方でも容易に免震部材の配置検討ができ、免震建物の普及に貢献できるものと考えています。

建築用免震ゴムにおいて、国内最大となる直径1,800mmの超大型サイズの免震ゴムを開発し、2005年1月より販売を開始しました。従来の免震ゴム(直径は最大1,600mm)では40階超の超高層建築での設計が難しいという課題がありましたが、商品の更なる大型化に成功することで超高層建築物に免震ゴムを採用する際の設計の自由度を向上させることができました。

※丸型免震ゴムを対象とした当社調べ(2014年12月16日時点)

次世代の学びを支える

ブリヂストングループは、地域の方々の仕事や生活に必要な技能の向上を支援し、地域社会の「生活の質」の向上を支えます。

教育機会の提供による人材育成
職業訓練教育施設の運営(インドネシア)

1981年、ブリヂストングループはインドネシアにおける熟練技術者不足への対応を求める政府からの要請に応え、インドネシアにあるBekasi工場で職業訓練教育施設(LLK)の運営を開始しました。このプログラムは現在37年目を迎えており、2年ごとに48名の地域住民を受け入れ、主に機械技能と電気技能の習得を目指しています。これまでに754人の卒業生の多くが企業で活躍し、そのうち50%以上が、ブリヂストングループで働いています。

職業訓練教育施設
卒業者数

情操教育支援活動「ハッピータングラム」(中国)

中国では、農村地域に住む学生達に、普段触れることの出来ない芸術や音楽、体育の授業を提供する「ハッピータングラム」プロジェクトを行っています。2009年以降、このプロジェクトを通じて、10万冊を超える書籍が寄付され、40の図書館が設置されています。

TOPICS

ブリヂストン アジア パシフィック ピーティーイー リミテッド、2年連続で3つのグローバルCSRアワードを受賞

ブリヂストン アジア パシフィック ピーティーイー リミテッドは、事業を行う地域での交通安全の促進や人々の暮らしの向上、教育の振興に幅広く貢献したことが認められ、2019年の第11回「Global CSR Summit and Award」で3つの賞を受賞しました。

これは、これまでに革新的で世界に誇る極めて優れた製品やサービス、事業や活動を開発あるいは実施した企業を評価して、その功績を称えるものです。企業の社会的責任に関するアジアで最も権威ある賞であり、2018年に続き2年連続の受賞となります。

2019年は、交通安全の向上、教育や能力開発を通じた地域社会の発展のほか、水資源の保全にも重点を置いた継続的な取り組みを認められたブリヂストン インディア プライベート リミテッドが「CSR Leadership Award」金賞を受賞しました。

また、農村部に住む子どもたちの創造力やライフスキルを高めることを重視した中国初のプログラム「ハッピータングラム」プロジェクトを行った普利司通(中国)投資有限公司が、「Excellence in Provision of Literacy and Education Award」金賞を受賞しました。

さらに、タイ ブリヂストン カンパニー リミテッドは、タイに住む人々の健康と福祉の改善に長年にわたって取り組んできた「ブリヂストンふるさと貢献(Bridgestone Rak Baan Kerd)」プログラムが評価され、「Best Community Program Award」銀賞を受賞しました。

U-Campプロジェクト(タイ)

タイのノンケー工場で働く従業員らによるU-Campプロジェクトでは、14の大学の学生にリーダーシップ教育を提供しています。

自然農業教育センター (タイ)

タイ農業省とWWFタイランドが進めている地域住民のための自然教育センターの設置と自然教育プログラムに対して、タイ ブリヂストン カンパニー リミテッドは資金協力をしています。また、独自の環境プログラムを立ち上げて、地域の子どもたちに環境保護の大切さを伝えています。

女性のためのキャリア支援(インド)

2018年に、インドのマハーラーシュトラ州プネにおいて、Federation of Indian Chamber of Commerce & Industry Ladies Organizationと協力し、女性の経済的な自立支援として、起業のサポートや、看護師や配達の仕事に就くための訓練を開始しました。

教育機会に恵まれない子どもたちへ学校施設を提供
教育支援プログラム(インド)

インドでは経済的な理由で教育を受けることができず、読み書きすらできないため、仕事につけずに貧困から抜け出せないという社会的課題があります。ブリヂストンでは、インドの関連会社であるブリヂストン インディア プライベート リミテッド(BSID)のチャカン工場周辺地域に住む、教育機会に恵まれない子どもたちのために学校施設や教育ツールを提供しました。子どもたちの教育機会を支援することで、インドにおける貧困の連鎖の解決に貢献しています。

自動車関連業界で働くための教育支援(米国)

米国では、テネシー州ナッシュビルの「Metro Nashville Public Schools’ Academies of Nashville」に協力し、高校生に対する自動車整備技術に関する職業訓練を行っています。具体的には、Maplewood High School Automotive Training Center内に自動車整備工場を忠実に再現した施設を設置し、自動車整備に関する様々な教育を実施しています。これまで同プログラムを終了した学生は70名に上り、そのうち33名は現在、ブリヂストングループの店舗で整備技術者として働き、その他10名以上が自動車産業に就職しています。2018年10月にはオハイオ州アクロンにも、Akron Pubic SchoolsとUnited Way of Summit Countyと共同で、同様の自動車整備訓練施設を開設しています。

Driving Great Futures(米国)

米国では、「Driving Great Futures」プログラムを通じ「Boys and Girls Clubs of America」に2015年から計7億2,600万円以上の資金を調達しました。当クラブに参加する機会が多い子供ほど学業や社会的成功の可能性が高まるという調査結果があるため、子供たちの安全な移動のため送迎用車両のメンテナンスや新車提供などの支援も行っています。この取り組みは、ブリヂストングループアワード2019の表彰案件に選定されました。

※2018年平均レートで換算。

従業員と地域ステークホルダー向けの教育・訓練施設
ブリヂストン企業大学訓練センター(アルゼンチン)

ブリヂストン企業大学(BCU)は2003年に設立され、従業員や取引先、地域住民などのステークホルダーに教育・訓練の機会を提供しています。2015年には訓練センターを開設し、アルゼンチンのカリキュラムに合わせて訓練・教育体制を強化しました。開設以来、BCUの卒業生は500名を超え、8,000名を上回るステークホルダーの皆様が訓練を受けています。

未来のドライバーのための「CulTire」プログラム(イタリア)

ローマにあるブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエー技術センターの従業員が、未来のドライバーである高校生に対し、社内開発プログラム「CulTire」を使用して、交通安全や運転行動、タイヤのメンテナンスについて教えるボランティア活動を行いました。2018年には177名の学生が参加しました。

科学を専攻する高校生を対象とした研修(イタリア)

科学・技術・工学・数学(STEM)分野におけるキャリアの実態を調査することを目的に、ローマにあるブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエー技術センターで科学を専攻する高校生を対象とした研修を実施しました。こうした研修を通じて、青少年のジョブスキルやライフスキルの育成のために教育・訓練の機会拡大に取り組んでいます。2018年は、124名の学生がこのプログラムに参加しました。

小売店・工場での訓練(フランス)

フランスでは、店舗や工場のある地域で従業員が50人以上の学生にタイヤに関する技術を伝え、相談相手となるなど、就業能力を高める支援を行っています。

地域における優秀な人材開発と失業率低下に貢献
ビルダーズアカデミー(フランス)

フランス北部のベチューンにあるタイヤ生産工場において、失業者を対象にした教育訓練プログラム「ビルダーズアカデミー」を実施しています。現地工場の従業員がコーチとなり、製造に関する技術を伝授しています。プログラム修了者にはフランス政府より認証書が授与されます。この活動を通じて、専門的な知識、技能を有する人材開発に取り組むとともに、優秀な人材確保につなげています。また政府機関や現地NGOとのパートナーシップにより、深刻な社会問題となっている高い失業率の低減にも貢献しています。

自動車整備工学を学ぶ学生を対象とした講義(スペイン)

自動車整備工学学士課程の学生を対象に、スペイン拠点で働く従業員がボランティアで講義を行っています。2018年には200名の学生が受講しました。

一人ひとりに応じた教育プログラムの提供
トレーニングプログラム(スペイン)

スペインでは、知的障害を持つ若者を対象とした機械工学トレーニングを展開しています。個々の知識レベルに応じた、総時間400時間にわたるプログラムを提供しています。

ブリヂストン環境ものづくり教室(日本)

日本では従業員が近隣の小学校を訪問し、「ブリヂストン環境ものづくり教室」を行っています。楽しみながら会社の仕組みや仕事内容が分かる講義と、工場経営を疑似体験できるボードゲームによって環境と仕事について考えてもらう機会となっています。

東日本大震災における復興支援の取り組み
夢のつばさ プロジェクト(日本)

東日本大震災によって保護者を亡くされた子どもたちを長期的に支援することを目的に、NPO法人お茶の水学術事業会を中心として、2011年より実施されているプロジェクトです。学生ボランティアが主となり、保護者を亡くされた子どもたちが一緒に楽しい時間を過ごす場を定期的に設け、その成長を長く見守っていきます。ブリヂストンは、当プロジェクトの趣旨に賛同し、協力を行っており、資金面での協力や自社の保養施設を活動場所(夏と冬の定期キャンプ)として提供しています。

地域の健やかな暮らしを支える

ブリヂストングループは、スポーツを通じてより良い世界を実現できると考えています。1957年、ブリヂストン創業者 石橋正二郎は、福岡県久留米市の21の小中学校にスイミングプールを寄贈しました。その想いは受け継がれ、現在ブリヂストンスポーツでは、国内の18箇所でスイミングスクールを運営しています。福岡県久留米市と佐賀県鳥栖市にある2つのスクールでは、30年以上にもわたり、障害を持つ10,800人以上の方々に、泳ぐ楽しさを伝えてきました。

オリンピック・パラリンピック・ムーブメントを支援

ブリヂストングループは、スポーツを地域の健やかな暮らしを支えるための重要な手段の一つであると考えています。現在ブリヂストンは、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、オリンピックおよびパラリンピック・ムーブメントを支援しています。オリンピックおよびパラリンピックの理念の中でも、特に地域への貢献、多様性の尊重、環境保全、持続可能性は、「Our Way to Serve」の考え方と共通しています。

ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!(日本)

日本では、「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」を全国で開催し、トップレベルのアスリートと楽しむ運動会やオリンピック・パラリンピック競技体験、その他体験型展示を通して、子どもからお年寄りまで全ての人に「体を動かすよろこび」を実感していただいています。

パラアスリートへの支援(日本)

ブリヂストンでは、タイヤなどの技術とイノベーションを活かして、パラアスリートへの支援を行っています。具体的には、様々な路面で安心して走れるスポーツ義足用ゴムソールや陸上競技用車いすでパラアスリートが装着するグローブなどの開発に取り組んでいます。

障がい者雇用の推進 (中国・アジア大洋州)

中国では、障害を持つ人々の雇用を推進しています。タイでは、10名の従業員がパラアスリートとして東京2020パラリンピック競技大会への参加を目指し、トレーニングに励んでいます。

B-Olympic(欧州・ロシア・中近東・アフリカ)

ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエーでは、従業員のより健康的なライフスタイルを奨励すると同時に、がん予防の支援にも取り組んでいます。具体的なプロジェクトとして、オンラインプラットフォームを通じて約17,000人の従業員に1年間で100万キロを歩くことを奨励しました。歩いた距離をがん予防に取り組む14の非営利団体への寄付活動に連動させる仕組みとなっており、プログラムの始動からわずか6ヶ月で目標を達成し、2,130万円を寄付しました。

※2018年平均レートで換算。

チームブリヂストン・アスリート・アンバサダー(米国)

米国では、チームブリヂストンのアンバサダーであるアスリートと共に、「Boys and Girls Clubs of America」などを含む学生向けのプログラムや慈善団体を支援しています。

女性、先住民族、子どもへの支援

2018年、ブリヂストングループでは下記のような女性や先住民族、子どもへの支援を行いました。

女性向け健康診断(インド)

3月8日の国際女性デーを祝したイベントを世界各地で開催しました。インドでは、マハーラーシュトラ州の農村部にある複数の保健所で、100人以上の女性達に乳がん・子宮がん検診、血圧や糖尿病など11項目の健康診断を行いました。また、女性の総合的な健康のためにタンパク質や鉄、カルシウムを補うサプリメントを無料で配布しました。

Bridgestone Solidarity Caravan(アルゼンチン)

アルゼンチンでは、2010年から、険しい山岳地帯を抜けて医療品や衛生用品、教材など先住民コミュニティに必要とされている物資を1週間かけて届けて回る「Solidarity Caravan」を行っています。その道中では、学校や村などでソーラーパネルや飲料水用ポンプの設置など、生活改善のための活動を行っています。

未来起点プロジェクト(日本)

ブリヂストンは、お茶の水女子大学と共同で、次世代の女性リーダー育成のための「未来起点プロジェクト」を発足しました。このプロジェクトでは、高校生・大学生・大学院生の女性を対象とし、企業や自治体、教育機関などの多様なステークホルダーと学生達が対話し、未来起点で考え、行動する学生のリーダーシップを育成することを目指しています。

子ども向け無償手術(リベリア)

リベリアにある天然ゴム農園では、2010年よりChildren’s Surgeries International(CSI)の医療専門家チームと共同プロジェクトを行っており、2018年にはファイアストン・メディカルセンターにおいて、口唇裂、ヘルニア、泌尿器症状に関する100件を超える手術を無償で実施しました。

ヘルスケアやがん治療の研究・予防を支援(イタリア)

ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエー技術センターの従業員は、イタリア多発性硬化症協会(AISM)を介してりんごを購入し、多発性硬化症の研究ヘ寄付を行っています。2018年には150名の従業員が参加しました。

また、クリスマスツリーの装飾品販売でもAISMを支援し、2018年には約150名の従業員が参加し、300個の装飾品を販売しました。

同技術センター従業員は、乳がん啓発のためのウォーキング・ランニングイベント「RACE for the CURE」に際して署名と寄付により、乳がん基金「Susan G. Komen」への支援を行いました。 2018年は4日間にわたり、健康、スポーツ、福祉、団結をテーマに乳がん予防のための募金を行い、署名者数は353名にのぼりました。

歩行トレーニング装置の開発を開始(日本)

ブリヂストンは東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 川嶋健嗣教授と共同で、シニアの健康増進に貢献する歩行トレーニング装置の開発に着手しました。これはユーザーの体に装着したゴム人工筋肉で歩行動作をアシストする、あるいは負荷を与えるもので、これまでタイヤやホース開発で培ってきたゴムや補強繊維の技術を応用したものです。

ヘルスケアサービス改善への取り組み(スペイン)

1970年以来、ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエーのビルバオ工場の会社専門医と従業員は、ヘルスケアサービスへの取り組みにより地域社会に貢献しています。献血、職業病医学や超音波検査の研修や会議、医療機器と薬の寄付、入院している子供へのクリスマスパーティー等を実施しています。 工場で働いている従業員も、超音波検査やその他の健康診断、予防衛生キャンペーン(がん、高血圧、肥満、破傷風など)、人間工学プログラム、心理社会的支援など、ヘルスケアサービスの恩恵を得ています。ビルバオ工場は、バスク地方で初めて集団的衛生ポリシーに署名した事業所として認識されています。