TC2000 Goes To School

Bridgestone Argentina, S.A.I.C.

TC2000 Goes To Schoolは、子どもたちに交通安全と教育の重要性を伝える活動です。この活動は2005年に始まり、Mauro Feito と Roberto Berasategui の2名の著名なスポーツジャーナリストによって、カーレースに言及しながら展開されています。
アルゼンチンで始まったこの活動は、Bridgestone Argentina, S.A.I.C.だけでなく、ウルグアイ、チリ、ペルー及びボリビアといった隣国へも活動が広がっています。
この活動を通じて、子供たちは、歩行者そして将来のドライバーとして、自分たちの責任について学ぶことができます。
アルゼンチンでは、このプログラムは下院議会によって国益にかなうと認定され、スポーツ省の支援を受けています。さらに、このプログラムは、39の国、地方、市町村の法令に定められ、アルゼンチン交通輸送ジャーナリスト協会(APTTA)により認定されています。
2005年以降、この活動はアルゼンチン、チリ、ペルー、ボリビア、及びウルグアイの900校以上で、合計 297,300 名の学生に聴講されました。