橋梁用ゴム支承

橋梁工事関連品|橋梁用ゴム支承

設計支援ツールのご紹介

橋梁設計者の皆様に積層ゴム支承設計の支援ツールをご提供します。
「支承の設計は難しい」、「特性算出が大変」といった皆様の御意見・御要望を取り入れ、設計条件の入力により橋梁設計者の皆様が欲しい結果を得ることが出来る画期的なシステムのご紹介です。

当ツールをご要望の方はお問い合わせ先から連絡をお願い致します。

※原則企業所属の設計者様向けのご提供とさせて頂きます。個人、同業者様の場合お断りすることもございますので予めご了承願います

積層ゴム支承設計の支援ツールシステム

このツールをお使い頂くことにより、皆様が動的解析を収束させるまでの時間を大幅に短縮でき、動的解析収束後には、図面、計算書の作成も可能です。

ブリヂストン積層ゴム支承選定システムのラインナップ

種類 特徴 ループ図《履歴曲線例》
免震支承
超高減衰ゴム支承
HDR-S
減衰性の高いゴムを使用した積層ゴム支承で、ゴム自体がばね機能と減衰機能を有します。
一般に別途ダンパーが不要となり、設置コンパクト性に優れています。
ゴム材料は弾性率が異なる3種類(G8,G10,G12)があります。
ループ図《履歴曲線例》
分散支承
中減衰分散型ゴム支承
NR-S
天然ゴム素材の減衰能力を最大限に発揮させ、免震設計に不適である橋梁向けに橋脚減衰と同等程度(5%)減衰を発現できる製品です。線形性に優れ安定した復元力特性を有します。
ゴム材料は弾性率が異なる3種類(G8,G10,G12)があります。
ループ図《履歴曲線例》