産業用防振ゴム

産業用防振商品|防振ゴム

材料及び公差

[1]ゴム材料

JIS k 6386(防振ゴムの材料)種別A又はCを使用しています。

記号 種別 具体的種類(一般名)
A 一般加硫ゴム(B,C,Dに含まれないもの) NR(天然ゴム)、SBR(スチレンゴム)
B 特に耐油性を要求される加硫ゴム NBR(ニトリルゴム)
C 特に耐候性(および軽度の耐油性)を要求される加硫ゴム CR(クロロブレンゴム)
D 特に大きな振動緩衝性能要求される加硫ゴム IIR(ブチルゴム)

[2]金具材料

SPHC相当品またはSS400相当品を主に使用しています。
エアーダンパー・ハイブリッドエアダンパーはアルミ板などを使用しています。
※引用元:
SPHCはJIS G 3131を参照ください。
SS400はJIS G 3101を参照ください。

[3]寸法公差

ゴム部分を含んだ寸法の公差

寸法範囲(mm) 寸法公差
10未満 ±0.6mm
10以上~20未満 ±0.8mm
20以上~30未満 ±1.0mm
30以上~50未満 ±1.5mm
50以上~80未満 ±2.0mm
80以上~120未満 ±2.5mm
120以上~180未満 ±3.0mm
180以上~250未満 ±4.0mm
250以上 ±1.5%

ボルト長さ及びネジ部長さの寸法公差

寸法範囲(mm) Lの寸法公差(mm) sの寸法公差(mm)
30未満 +2
-0.5
+3
0
30以上~50未満 +2
-0.5
+4
0
50以上~80未満 +2
-0.5
+5
0
80以上~120未満 +2
-0.5
+7
0
120以上~250未満 +2
-0.5
+10
0