産業用防振ゴム

産業用防振商品|防振ゴム

原理 その1

[1]防振ゴムの原理と振動伝達率

機械の運転により発生する振動を、基礎に伝えない様に防振対策をする場合(図-1)と、基礎に振動があって、その振動が機械に伝わらない様に防振対策をする場合(図-2)に、防振ゴムが使われます。

機械の運転により発生する振動を、基礎に伝えない様に防振対策をする場合(図-1)と、基礎に振動があって、その振動が機械に伝わらない様に防振対策をする場合(図-2)

機械を防振指示した時、機械の加振力をF0(又は基礎の強制振巾a0)とし、基礎に伝わった力をF(又は機械の振巾a)とします。この伝わった割合を伝達率といい、(1)式で表されます。

伝達率を表す式(1)

(1)式をグラフ化したものが、図-3の振動伝達率曲線です。

図-3振動伝達率曲線

図-3振動伝達率曲線