集合住宅用ユニットバス

住宅設備機器|ユニットバス|集合住宅用ユニットバス

リサイクルの取り組みについて

FRP製品廃棄物のリサイクルを進めています。

使用済みFRP製品廃棄物の再資源化活動

経済産業省は、今後、我が国全体が「循環型経済社会」の構築に向けた取組を進めていく中で、プラスチック等の素材を提供する化学産業が担うべき役割と廃棄物・リサイクル対策を中心とした取組の具体的な方向を検討すべく、平10年8月から「化学産業としての循環型経済社会構築のための研究会」を開催し、平成11年7月にその検討結果をとりまとめました。
この過程で、研究のワーキンググループ((社)強化プラスチック協会・浴槽部会を主体として構成)と(社)強化プラスチック協会内に平成10年9月に設置したFRP再資源化推進委員会とが一体となってFRP製品の循環型システムの在り方を検討し、研究会に答申してきました。
21世紀の豊かな環境づくりと循環型社会構築のため、(社)強化プラスチック協会では、資源の有効利用という社会的要請に応え、「使用済みFRP製品廃棄物のセメント原燃材を中心としたマテリアルリサイクル」を掲げ、業界挙げてFRP製品循環型システムの目指す方向性の具体化に取り組んでいます。

  • 建築関連FRP製品廃棄物を主たる対象に、既存の中間処分システムを活用し、排出量の多い関東圏をモデルとして実証的にノウハウを積み上げ、他の地域における実用システムの構築を目指しています。
  • 再資源化後の再処分を必要としない用途(マテリアルリサイクル)展開を行います。
  • オレフィン系プラスチック廃棄物との混合調整により新たな資源物としてセメント焼成工程への適用を図っていきます。

FRP 製品の循環型システム

コンセプト

  • 使用済みFRP製品廃棄物のセメント原燃材を中心としたマテリアルリサイクルシステムの構築
  • FRP製品の薄肉化、長寿化等による省資源化の徹底(“93/2”省資源化指針”)
  • 材質表示、解体し易い設計等の徹底による分別・再資源化の促進(“93/3FRP再資源化処理システムガイドライン)
FRP製品の循環型システム

変化の状況

  • 製品
    薄肉化、長寿命化等によって廃棄物の量を減少
  • 使用
    材質表示、易解体設計等によって廃棄物の分別収集促進
  • 廃棄・処理システム
    埋立処分から再資源化による「環境調和型処分」へ転換
  • 新たなライフサイクル
    使用済みFRP製品廃棄物のセメント原燃材を中心としたマテリアルサイクル
    “有機セラミック(FRP製品)”から“セラミック(セメント製品)”へ再資源化

効果

  • 環境負荷の低減
  • 廃棄物の量の低減
  • エネルギー・資源の有効活用

マテリアルサイクル

セメント原材料

使用済みFRP製品廃棄物をセメントキルンにおける原燃材として利用します。
可燃性樹脂成分は燃料として、残渣成分のガラス繊維と充填材(炭酸カルシウム、水酸化アルミニウムなど)はセメント原料として利用することで二次廃棄物は発生しません。

コンクリート製品

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)はFRP浴槽廃棄物をコンクリート製品へ再資源化する研究を(株)クボタへ委託し、三重県伊賀町に建設した実証プラントでその技術を開発しました。引続き、これら諸設備を活用し関西圏での回収システムを構築するため浴槽部会が支援を行っています。

道路舗装材

道路舗装用アスファルトバインダー中にFRP粉砕品を分散させて再資源化する方法を建設省土木研究所で評価、アスファルト舗装材としてその可能性を追求しています。

FRPリサイクル 実証事業推進体制

FRPリサイクル実証事業推進体制

ダウンロードサービス

リサイクルの取り組みについて FRP製品廃棄物のリサイクルを進めています。