集合住宅用ユニットバス

住宅設備機器|ユニットバス|集合住宅用ユニットバス

コンセプトと基本機能

バスルームに適した素材「FRP」

賃貸住宅に求められるニーズ

賃貸住宅向けユニットバスルームに求められるニーズを満たすFRP素材。バスルームの素材に最適です。
マンションオーナー様にもユーザー様にもやさしい素材。

※FRP=Fiber Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)

賃貸住宅向けバスルームには、導入時のコストパフォーマンスの良さ、ランニングコストを抑えられるロングライフ・イージーメンテナンス、またユーザーとなる入居者の方の満足度を高める付加価値が求められます。ブリヂストンは、ユニットバスルーム素材として、優れた「耐久性」「清掃性」「素材感」「環境性」でこれらのニーズを満たすFRP素材を厳選しました。

特長(1)耐久性/軽くて強いので、組み立てやすさと強度が求められるユニットバスルームの床パン・浴槽などの素材に適しています。丈夫な上、サビ・カビに強く長持ち。メンテナンスサイクルが長く、経済的です。「塩ビ鋼板壁での腐食発生事例」
特徴(2)清掃性/表面硬度が高く、傷つきにくいので、ユニットバスルームの美しく清潔な印象を長く保てます。また、汚れも落としやすく、お掃除もラクラクです。*参考:当社製品鉛筆硬度(壁パネル)FRP=2H 塩ビ鋼板=HB「金属タワシ摩擦実験(当社社内試験)」
特長(3)素材感 冬期などにバスルームに入った瞬間、ヒヤッとすることはありませんか? FRPは、タイルと比較して、熱伝導率が1/5と低いため、ぬくもりのある心地よい質感です。「各材質の熱伝導率」

安全・快適な「バリアフリー」

つまづきの原因を極力少なくした、段差が少なく、出入りしやすいバスルームです。
お子様やお年寄りにも安心。快適なバリアフリー仕様。

EP/EL/CPシリーズ対象【低床設計】ドア下枠高さ:SL+210mm

段差が少なく、出入りしやすいバスルーム。

段差が少なく、出入りしやすいバスルーム。

バスルーム床と出入り口との設計段差は18mm。お年寄りやお子様も出入りしやすいバリアフリー設計です。設計面においても、『限られたスペースでもプランしやすく、設置しやすいバリアフリー仕様』のユニットバスを実現しました。

<住宅性能表示制度(高齢者等への配慮)3等級への対応>

CX、EP-SWシリーズはドア開口幅(実有効開口600mm以上:設計寸法602mm)を確保し、住宅性能表示制度(高齢者等への配慮)3等級への対応が可能です。

※1216サイズ以上が対象です。

出入りしやすい浴槽のまたぎ高さ。

出入りしやすい浴槽のまたぎ高さ。

浴槽の縁が低すぎると前のめりになりやすく、逆に高いと引っ掛かりやすく、仰向けに転倒する危険があります。そこで、またいだ際のスクエア感のバランスを考え、浴槽のまたぎ高さ443mm(EPは486mm)を基準としました。洗い場での石けんやシャンプーの飛沫も入りにくい、気配り設計です。

スペース活用「ユニット構造」

メンテナンスしやすくスペース効率に優れたユニット構造

ハーフパン構造
ブリヂストンのEP/EL/JS/JL/JF/JC/NP/NL/NF/CFシリーズでは、ハーフパン構造を採用しております。ハーフパンには、以下のような特長があります。
フルパン構造
ブリヂストンのCX/RXシリーズではフルパン構造を採用しております。浴槽と防水パンが分離型の構造となっており浴槽の取り替えが可能です。

ハーフパンの特徴 [省メンテナンス]

点検口を設置しているので、ユニットバス内部より、点検と簡単な修理ができます。

ハーフパンの特徴 [省スペース]

デッキ型の水栓を採用し、配管スペースをユニット外寸内に納めておりますので、スペース効率に優れており、その分住居を広く設計することができます。

ハーフパンの特徴 [省清掃性]

浴槽と洗い場を一体成形しているため、面倒な浴槽下の清掃が不要です。

ゆったり安心な「浴槽」

限られたスペースでもゆったり。すべりにくい工夫もプラスした浴槽。

小さなお子様や妊娠中の女性、ご高齢者も安心して入浴が楽しめるバスルームに。心にも体にも「やさしい」バスルームを目指し続けるブリヂストンは、またひとつ「やさしさ」をカタチにしました。浴室の床と浴槽の底にすべり止めを装備。入浴中の安定感にも配慮しました。これまでも、これからも、ブリヂストンはみんなに「やさしい」バスルームをご提案し続けます。

浴槽のすべりにくさ

滑り止めパターンは、ブリヂストンの浴槽すべてに適応されます。(*)

1116、1216浴槽(JS、JL、EP、EL)
1014浴槽(JS、JL、JF、JC)
1014浴槽(JS、JL、JF、JC)
1116、1216浴槽(JS、JL、EP、EL)

スーパー楕円浴槽

バスルームの主役であるバスタブは、まず出入りしやすい高さにこだわりました。また、一息にまたぎにくいお年寄りやお子様のために、バスタブの縁に"腰掛けスペース"を確保しました。バスタブの底には滑り止めパターンを施し、両脇には肘掛けスペースをつけ、入浴中の安定感にも配慮しています。広めのバスタブなので、ゆったり入浴していただけます。

腰掛けスペース

腰掛けスペース

クレシェンテ浴槽

クレシェンテ浴槽

クレシェンテ浴槽は、「出入り気配り設計」+「くつろぎ安定感設計」の、カラダもココロも癒されるユニバーサルデザインの浴槽です。
浴槽の高さをまたぎ易い443mmに設定し、"腰掛けスペース"や"三日月形イメージの浴槽縁"を設けて、浴槽の出入りのストレスを軽減。
また"肘掛けスペース"や"ヘッドレスト"は入浴時の安定感をキープし、ゆったりとしたくつろぎのバスタイムをお楽しみいただけます。
<CX 対応>

ダウンロードサービス

リサイクルの取り組みについて FRP製品廃棄物のリサイクルを進めています。