• トップ
  • 働く環境
  • ダイバーシティ推進:ワーク・ライフ・バランス実現に向けた取り組み

働く環境ENVIRONMENT

ダイバーシティ推進

ワーク・ライフ・バランス実現に向けた取り組み

ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事と生活の調和が取れている状態」=「個人が仕事上の責任を果たしつつ、多様なライフスタイル・ライフステージに応じた希望を実現できるようにすること」を意味します。
ブリヂストンでは、このワークとライフ双方がお互いに良い影響を与え合う好循環を生み出すことを目指し、様々な取り組みを行っています。

  • ワーク・ライフ・バランスに関する社内講習会

    著名社外講師による講演会を全国の事業拠点で開催するなど、ワーク・ライフ・バランスの推進をはかっています。

  • くるみんマークの取得

    次世代育成支援推進法に基づき、子育て支援のための取り組みに関して一定の基準を満たした企業として、厚生労働省・東京労務局から2010年、2012年、2014年、2016年の四度にわたって認定を受けています。

  • キャリアデザイン研修

    妊娠、出産などライフイベントの影響を受けやすい女性に、家庭とのバランスをとりながらキャリアを積んでもらうための研修を実施しています。併せて上司向けの研修も行い、女性社員の成長と活躍を支援しています。

  • なでしこ銘柄の選定

    経済産業省と東京証券取引所が共同で女性の活躍推進に優れた企業を紹介する「なでしこ銘柄」に5年連続で選定されました。

  • パパママランチ交流会

    男女問わず子育てや介護をしながらでも働きやすく活躍できる職場づくりを目指して、交流会を実施しています。「仕事と育児の両立」や「仕事と介護の両立」など、活発な意見交換が行われ、社員の声を会社の各種施策などに活かしています。

  • 育児休職者セミナー

    休職中の情報不足や復職後の仕事と育児の両立に対する不安を解消するため、育児休職者及び妊娠中の社員を対象にセミナーを開催しています。参加者からの質問に、育児経験者や人事・労務担当者が回答・アドバイスを行い、安心して休職期間を過ごし、復帰して頂けるよう支援をしています。

  • 育児・介護ガイドブック

    「育児・介護ガイドブック」を制作し、全社員へ配布しています。育児・介護に関わる社員やその上司のみならず、会社全体の育児・介護支援制度への理解を高めることで、多様な人々が活躍できる職場環境の実現を目指しています。

  • 各種制度導入

    多様な働き方を支援するため、「テレワーク制度(在宅勤務制度含む)」や「短時間勤務制度」、「配偶者海外転勤休職制度」 (配偶者が海外勤務の際最大3年間休職可) を導入するなど、人生の各段階でワーク・ライフ・バランスの充実を支援しています。また、結婚/出産/育児/介護を理由に退職しても、希望者には職場復帰ができる再入社制度を導入しています。

  • ダイバーシティ講演会

    ダイバーシティ推進の一環として講演会を開催しています。
    「各人が多様性・多面性を受け入れ、活かす職場づくり」等をテーマに取り上げています。

  • 女性活躍推進法への対応

    女性活躍推進法に基づく第1期行動計画を策定し、女性管理職人数を2020年までに2013年比4.2倍とすることを目標としています。