その他の社員インタビュー

技術系職種

品質保証

タイヤ品質保証システム部

2013年 新卒入社
総合化学研究科 総合化学 専攻S.M.

技術系 品質保証 S.M.

キャリアステップ

  • 2013年

    • 化工品・多角化・外注品質保証システム部
  • 2017年

    • タイヤ品質保証システム部

※記事の内容及びプロフィールは取材当時(2017年11月)のものです。

世界への影響度が大きい会社で
「社会に貢献する」使命を果たしたい

私は、地球規模で起こっている環境問題について、何か貢献できるようになりたいという思いを学生時代より抱いていました。その視点でいろいろな会社を見ていく中で、ブリヂストンに目が留まりました。
調べてみると、ブリヂストンは、モノづくりの過程で排出されるCO2を2020年までに2005年対比35%削減することを宣言し、転がり抵抗の低減による燃費向上や、リトレッドタイヤの普及による資源の使用削減に努めるなど、地球規模の問題に積極的に取り組んでいることを知りました。

タイヤは、世界中の人々の生活に欠かせないものです。世界No.1のシェアを持ち、さまざまなシーンで人々の生活に寄り添うような製品をつくる会社で、もし自分に革命的なことが起こせたら、それは世界レベルで影響をもたらし、社会に貢献できるのではないか、と考えました。
その気持ちを後押ししたのは、創業者・石橋正二郎の言葉でした。 「よりよい製品を創造して社会の進歩発展に役立つよう心がけ、社会への貢献が大きければ大きいほど事業は繁栄する」というもので、今でもブリヂストンはそれを受け継ぎ、企業理念として「最高の品質で社会に貢献」を使命(ミッション)にしています。
広く社会の発展に寄与し、世界中の人々の安全と、快適な生活を支えることを目指していることに共感をおぼえ、また、説明会などでお会いした社員の方々が誇りを持って働いていると感じ、入社を決めました。

photo

生産現場から不良品を無くすことを目指して

現在の私の仕事内容を一言で言うならば、「今までできなかったことをできるようにする」ことでしょうか。
工場での生産現場では時に不良品が発生してしまうことがあるのですが、それを適切なタイミングで発見してお客様の手元に届かないようにすることはもちろん、そもそもそういった不良品が発生しない仕組みを構築することを目指しています。
例えば、何らかの理由でパンクする可能性のあるタイヤの不良品が生産されてしまったとしても、生産時にすぐそれを検出できるように、設備開発担当者と協同して、品質保証の観点から設備設計のコンセプトの見直しを提案することもあります。
また、従来とは異なる方法で不具合が見えるようにする方法を考えたり、新製品や新設備などの新しい技術が導入される際にも不良品を発生させないよう、製造技術担当者と連携して製法を検討したりするなど、常により良い品質保証システム構築を目指し開発をしています。

photo

力不足は成長へのチャンス

ブリヂストンには、世界中に170以上の生産拠点がありますが、世界中のどの工場でつくられた製品も高品質でお客様に届けられるように、品質保証システムを全世界に展開していくことも私の大事なミッションです。
そのためには、世界の各拠点から情報を集めてそれぞれの課題を明確にし、世界中の多様な価値観を持つスタッフと力を合わせて新しい仕組みを構築することが不可欠です。
しかし、様々な国、立場の違う他部門とのやり取りの中では、解決すべき課題を本質的に理解できていなかったり、自らの考えを適切に伝えられなかったりすることもあり、自分の力不足を痛感することも少なくありません。
ですが、言い換えれば、それは成長する伸びしろでもあると思っています。
今こそ成長するチャンスであると捉え、毎日30分はその日の反省と勉強を兼ね、考えを整理する時間を作るなど、少しずつでもいいから地道に積み重ねて成長していこうと努力しています。お手本となる上司や先輩が身近にいることも大いなる励みで、たくさんのことを吸収していきたいと思っています。

photo

プライベートの過ごし方

一番の趣味はバスケットボールで、学生時代の仲間はもとより、ブリヂストンの同僚とも楽しんでいます。
地域大会にも出場しており、チームが一丸となり試合に勝利した時の喜びは、この上ないものです。プレーしている時は、仕事から完全に頭を切り離すことができるので、メリハリをつけて生活しています。
また、仕事と家庭の両立も大切にしたいと思っています。産まれたばかりの子供ともよく遊び、妻の代わりに料理もしますが、これもいい気分転換になっています。

ある1日のスケジュール

  • 8:00
    出社、メール&スケジュールの確認
  • 9:00
    課内会議
  • 10:00
    グローバル会議資料作成
  • 12:00
    昼休み
  • 13:00
    会議資料について部内レビュー
  • 14:00
    部内レビュー結果に基づいて資料改定
  • 15:00
    関連部署との会議(新技術開発の進捗状況確認)
  • 16:00
    会議内容整理・議事録作成
  • 17:00
    メール返信、翌日のスケジュール確認
  • 19:00
    帰宅

未来の仲間へのメッセージ

実際に働き始めて実感するのは、ブリヂストンには魅力ある社員が多いということです。困ったときには助けてもらっていますが、自分も成長していつか恩返しできればと思っています。
お手本となる人が多く、尊敬できるメンバーと一緒に働けることに喜びを感じています。
就職活動では、興味のある会社の説明会や会社訪問には積極的に参加するのがよいと思います。実際にそこで働く人と直接コミュニケーションを取ることで、初めて感じる思いがきっとあるはずです。
そうして選ばれるのが当社であれば光栄です。
皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。