その他の社員インタビュー

技術系職種

化工品材料開発(ベルト)

ベルト開発部

2014年 新卒入社
理学研究科 物質理学 専攻S.N.

キャリアステップ

  • 2014年

    • 化工品材料開発第1部
  • 2019年

    • ベルト開発部

※記事の内容及びプロフィールは取材当時(2019年11月)のものです。

魅力的な仕事と、温かい人柄。
理想的な環境が揃う会社。

就職活動では、「私たちの身近な暮らしに貢献するモノを作りたい」という視点で企業探しをしていました。そんな中でブリヂストンは、タイヤや免震ゴム、ホースなどさまざまな製品を生み出しており、「人々の暮らしを足元から支える」という会社の一貫した想いに共感したのが、興味を持った最初のきっかけです。

また、インターンシップを通して、ここで働く社員の人柄を知ることができたのも大きかったです。なんとなく大企業と言えば、各個人が黙々と自分の仕事に没頭している様子を想像していたのですが、ブリヂストンではその真逆。我がこととして仲間の相談に乗る社員の方々の姿に感動しました。 長年団体競技をしていた私にとって、こうしたチームプレイで仕事を進めていける環境には憧れがあり、ここでなら仲間と一緒に自分を高めていけると思い入社を決めました。

入社後、インターンシップの時とは異なる部署に配属となりましたが、そこでも人の温かさに変わりはなく、若手の意見も積極的に受け止めてくれる懐の深い環境で、のびのびと働くことができています。

photo

「失敗した」ではなく、
「成功へ一歩近づいた」と考えることが大切。

私が担当しているのは、コンベヤベルト用ゴムの材料開発です。材料開発ではエンドユーザーのニーズにお応えすべく様々な種類のゴム材料を開発しています。
例えば鉱山やトンネルでは、粉塵抑制のために水が撒かれることがあるのですが、水分を含んだ搬送物はコンベヤベルト表面に付着し、周囲の道や設備を汚してしまうことがあります。こうなると、搬送効率の低下や作業環境の悪化など、お客様にとってさまざまな負担が出てきてしまうため、それを軽減できるような付着防止ゴムを開発しています。

ゴム材料開発の仕事は、一言でいえばクッキーを作る工程に似ています。配合する材料とその分量を考え、それらを練り上げて、焼き上げます。作ったものの期待通りの結果が出ず、苦戦することも少なくありませんが、そもそもゴムは解明されていない現象も多く、失敗も含めて次に活かせる成果となるため、モチベーションは尽きません。そして苦労の末に壁を乗り越え、お客様から良い評価を得られた時の喜びは何物にも代えがたく、それが仕事の醍醐味になっているとも言えます。

photo

生産者からエンドユーザーまで、
すべてのお客様を満足させる仕事を。

仕事をする上で心がけていることは、全てのお客様を把握し、彼らに満足していただける材料を作ること。
材料開発における主なお客様は、「製品を作る人」「製品を販売する人」「製品を使う人」となりますが、誰か一人でも疎かにしてしまうようなことがあっては、それは良い製品とは言えません。いくら性能が高くても、作るのが難しければエンドユーザーの元には届きませんし、逆に作りやすさを優先して質を落としてしまえば、エンドユーザーが満足できない製品となってしまいます。だからこそ、理想と現実のギャップをしっかりと把握し、その差をどうすれば埋められるのか、日々試行錯誤を繰り返していかなければなりません。

時間の使い方においても、自分らしい働き方、キャリアの作り方を模索している最中です。通勤時間がかかる場所に住んでいるため、最近は上司の勧めもあり、積極的にテレワークを活用して仕事と家庭生活との両立を図っています。
心のゆとりを持たせ、体調を整えることで、仕事にも集中できるとてもありがたい制度だと思っています。後に続く後輩たちに、理想的なロールモデルを示していければ嬉しいです。

photo

プライベートの過ごし方

メリハリが大事だと思っていますので、休日は仕事のことは忘れて、料理をしたり、運動をしたり、好きなアーティストのライブに行ったりしてリフレッシュしています。
私は地方の出身なので、関東のお店やイベント多さにはいつも驚かされており、ここでしかできない遊びや観光を探しながら楽しんでいます。

ある1日のスケジュール

  • 7:00
    出社後、メールや
    スケジュールを確認
  • 7:30
    打合せ準備、
    書類対応
  • 10:00
    打合せ
  • 11:00
    報告会
  • 12:00
    昼休み
  • 13:00
    実験
  • 16:00
    データまとめ、
    資料作成
  • 17:00
    メールチェック、
    身辺整理
  • 17:30
    帰宅

未来の仲間へのメッセージ

私が就活をしていた時は、他の企業の選考に落ちたこともあり、まるで自己否定をされたような気持ちになって落ち込んだこともありました。しかし、それでも諦めずに続けたからこそ、今の環境を手に入れることができました。皆さんも諦めずにチャレンジすれば、絶対に結果は付いてきますので、前向きに努力を重ねてほしいと思います。

ブリヂストンは制度の面でも人柄の面でも、自信を持っておすすめできる会社です。いつか皆さんと一緒に働ける日がくることを楽しみにしています。