その他の社員インタビュー

技術系職種

タイヤ生産設備開発(電気)

材料システム制御開発部

2017年 新卒入社
工学研究科 機械理工学 専攻S.Y.

技術系 タイヤ製品開発 S.Y.

キャリアステップ

  • 2017年

    • エネルギー・検査技術開発部
  • 2017年

    • AI・センシング開発部
  • 2019年

    • 材料システム制御開発部

※記事の内容及びプロフィールは取材当時(2019年11月)のものです。

「この人たちと一緒に仕事がしたい」
そう思わせてくれた、魅力ある職場。

ブリヂストンへの入社を考えた最初のきっかけは、事業所見学会の時に見た先輩社員たちの楽しそうに働く姿。その雰囲気がとても魅力的に感じ、一緒に働いてみたいと素直に思えたことです。
仕事をする上で、一人でできることは限られています。だからこそ、「何をするか」以上に「誰とするか」を重要視しなければならない、と常々考えていたなかで、ブリヂストンはまさしくぴったりの環境でした。
当時の私は生産工程における人の作業を自動化する技術に興味があり、ブリヂストンが今後自動化技術の開発に力を入れていくという話を聞いたことも入社の決め手になりました。

学生時代に魅力を感じた人間関係の良さや温かい雰囲気がある職場のイメージは、入社後も変わっていません。技術者として活躍していけるかという不安はもちろんですが、社会人としてちゃんとやっていけるかという不安も抱えていた自分にとって、基本的なビジネススキルやマインドを丁寧に教えて頂けたことは非常にありがたく、ここなら安心して働き続けられると感じています。

photo

最新の技術と知識を活用し、
ブリヂストン製品の品質を守る。

現在は材料システム制御開発部に所属し、タイヤサイド面の自動文字検査装置の技術開発に携わっています。これは、タイヤを三次元形状計測したデータと設計図にある文字データを照合し、文字違いや欠陥などの不良を検知するシステムです。私はその中でも特に、機械学習による不良判別ロジックの判定根拠を見えるようにする技術の検証と、設計図に依存しない検査システムの新規開発を担当しています。

たかが文字違いと思われるかもしれませんが、これが誤って世に出てしまうと、リコールなどに発展してしまう可能性もあり、お客様にご迷惑をおかけしてしまうかもしれません。そのため、フォント違いすらも正確に見分けるような、精度の高い検査装置を開発しなければなりません。

求められる要望や解決すべき課題は多くありますが、ディープラーニングやAIといった最新の技術を実際に検証し、実用化を目指すことは面白く、やりがいがあります。以前、AIが肖像画を描いたというニュースに触発され、自作のAIにタイヤの測定データを学習させてみたところ、文字らしきものを描くことに成功。まだ実際に使える技術にはなりえていませんが、こうした技術の進歩の最前線で働けている面白みを感じた一件でした。

photo

良質な人間関係の構築が、
仕事の質を向上させてくれる。

仕事をする上で大切にしているのは、いかに楽しく働ける環境を作るかということ。ギスギスした職場はそもそも好きではありませんし、人間関係が原因で生み出せる技術や成果の質が落ちてしまっては元も子もありません。周囲とのコミュニケーションを積極的にとりながら、協力し合うことが当たり前な空気をつくりつつ、自分自身も余裕のある納期を設定するなどして、精神的に無理をしない状況を作れるようにしています。

幸い、与えられる裁量範囲は非常に広いため、自分のペースを守ることは難しくありません。それでも試作プログラムが想定通りに動かず、煮詰まってしまうことも多いのですが、この辺といかに折り合いをつけていけるようになるかということも、今後私が目指すべき成長の要素と言えるのかもしれません。

いずれにしても開発は進んでいますので、少しでも早く実際の設備に導入し、本格的な運用開始を達成できるとうれしいですね。またその中で培った機械学習の技術を活かして、設備以外の自動化や困りごとの解決につなげていきたいと思います。

photo

プライベートの過ごし方

家族と近所のショッピングモールに行ったり、会社の先輩・同期と釣りに行ったり、気の向くままに自由に過ごしています。また社会人になってからゴルフも始めました。仕事柄、座り仕事が多くなっていますので、できるだけ体を動かして、心身ともにリフレッシュさせることを心がけています。

ある1日のスケジュール

  • 8:30
    出社後、メールや
    スケジュールを確認
  • 9:00
    購買品納期、
    見積書確認
  • 9:30
    メーカーと仕様調整
  • 10:30
    開発テーマDR
  • 12:00
    昼休み
  • 13:00
    ソフト仕様検討、
    仕様書作成
  • 14:00
    雑談、相談
  • 15:00
    説明資料作成、
    技術資料まとめ
  • 16:00
    ソフト動作確認
  • 17:30
    ロジック検討
  • 18:30
    メール対応、内容理解
  • 19:00
    帰宅

未来の仲間へのメッセージ

就職活動時は、色々な企業や仕事を知る絶好のチャンスです。
「これがやりたい!」「ここで働きたい!」というのがよほど明確に決まっている場合以外は、アンテナを高く張り、色々な分野を見て行ってほしいですね。そうすることで、想像もしなかった興味や魅力の対象を見つけることができるかもしれません。

いずれにしても、企業選びは自分でしかできませんから、悔いのないようがんばってください。