その他の社員インタビュー

技術系職種

タイヤ材料開発

革新材料基盤研究部

2017年 新卒入社
物質理工学院 有機・高分子物質 専攻Y.T.

キャリアステップ

  • 2017年

    • 革新材料基盤研究部

※記事の内容及びプロフィールは取材当時(2019年11月)のものです。

自分の興味・関心に対し、
真正面から向き合える会社。

世の中で起きている現象や変化について、分子レベルでどのようなことが起きているのかを知りたいという興味から、大学では計算科学・シミュレーションの研究室を選択。高分子を含む化合物の状態変化予測や物性予測について研究していました。
就職活動時も、自分がこれまで学んできたことを活かしつつ、興味が持てる仕事がしたいという想いから、計算科学やシミュレーションを開発に広く活用しているゴム業界に興味を持ち、ブリヂストンのインターンシップに参加。
そこで働く先輩社員が本当に楽しそうに仕事をしていて、ここなら自分の理想が叶えられると思い、入社を決意しました。

入社してわかったのは、この会社は本当に「頭の良い人」が多いということ。それは単純な学力の話ではなく、着眼点やアイデアなど、自分にないものを持っている人がたくさんいて、とても刺激を貰える環境です。
また、自らの興味や探求心を追い求める一方で、しっかりとビジネス思考も持っており、「これが会社のためになるのか」ということを常に考えています。そうした先輩たちの姿はとても輝いており、目指すべき指標になっています。

photo

より良い製品の開発を
目指し、原材料やゴム素材のメカニズムを解明する。

私が所属しているフィラー・薬品研究ユニットは、カーボンブラックやシリカなどの充填剤、ゴムに加える配合薬品などの原材料を開発する部門です。
その中でも私は主にカーボンブラックの開発を担当しているのですが、これはタイヤの耐摩耗性や低燃費性に大きく関わってくる重要な原材料です。目標性能を達成するためには、どのような性質を持ったカーボンブラックを生み出せば良いのか、それによってゴムの性質はどう変わるのか。世の中にたくさんある原材料を調達し、一つずつゴムと混ぜ合わせる実験を繰り返すなど、作業そのものは地味かもしれませんが、さまざまな謎やメカニズムを解き明かしていける仕事であり、毎日がとても充実しています。

中には製品として使われているものの、その仕組みが解明されていない原材料なども存在しますし、仕組みがわかっても、タイヤの形にした途端に性能が発揮できなくなってしまうなど、一つ謎が解ければまた新しい謎がいくつも出てくるような世界です。
否が応でも知的好奇心が刺激されますし、苦労の末に答えを導き出せた時の感動はひとしおです。
そうして自分が開発した材料が採用され、タイヤとなってお客様に届いた時は、高揚感にも似たやりがいを感じます。

photo

研究開発の成果をしっかりと追い求め、
決して自己満足では終わらせない。

原材料の開発は、タイヤ開発全体の中ではかなり上流工程に位置しており、他の工程に比べればより様々な可能性を追求する開発ができる環境ですが、私は納期を意識して、決められた期間の中でしっかりと成果を出すことを大切にしています。確かに色々な可能性を追求し、時間をかけてゆっくりと研究開発を進めていけば、いつの日か画期的な原材料を作り出せることもあるかもしれません。
しかし、ビジネスとして取り組む以上、限られた期間の中で一定の成果をしっかり残すことは、絶対に果たすべき使命でもあると考えています。

私たちの部署では、カーボンブラック以外にもさまざまな材料の開発を行っていますが、正直その中で実際にタイヤに使われ、お客様の手に届いているものは決して多くありません。性能は良くても生産に向いていないなど、タイヤとして使うことで初めて課題が見つかるケースなどもあり、研究は一筋縄ではいきません。
だからこそ、いち早く自分の研究成果を確立し、私が開発した材料がタイヤの性能向上やお客様のモビリティに貢献できるよう励んでいます。

photo

プライベートの過ごし方

休日は会社の同期と遊んだり、趣味のサッカーをして過ごすことが多いです。また当社は長期休みも長めなので、海外旅行に行くことも多いですね。社内には海外通の方も多いので、穴場スポットを教えてもらったりできるのも魅力の一つです。
自分のペースで仕事を進められますので、有給休暇を使ったり、用事があるときは早めに帰宅したりと、プライベートの時間は確保しやすい環境だと思います。

ある1日のスケジュール

  • 9:00
    出社後、メールや
    スケジュールを確認
  • 9:30
    実験仕掛け
  • 10:00
    開発テーマ
    進捗共有打合せ
  • 11:00
    各種書類チェック、
    試験依頼文書作成
  • 12:00
    昼休み
  • 13:00
    社外との打ち合わせ
  • 15:00
    実験
  • 17:00
    データ整理
  • 19:00
    会議資料、
    技術資料作成
  • 19:30
    帰宅

未来の仲間へのメッセージ

ブリヂストンには、自分の仕事や技術に対するプライドをしっかり持っている方が多く、また常に危機感を忘れず、成長し続ける意欲に満ちた空気感があります。会社全体がそういう雰囲気だからこそ、新しいチャレンジにも積極的で、やりたいと思ったことに挑戦しやすい環境です。
チャレンジ精神旺盛な人にとって、これほど理想的な環境は他にはないのではないでしょうか。熱い想いを持った人と一緒に働けることを期待しています。