タイヤだけじゃない?ブリヂストン「POTENZA」のアルミホイールをご紹介します!

「POTENZA」は、ブリヂストンのスポーツタイヤブランドです。モータースポーツをはじめとした“走り”を追求していますが、その「POTENZA」にはタイヤ以外の商品があるのをご存知ですか?

ご存じのとおり、タイヤはそれだけではクルマにつけることができません。ホイールとセットにすることで初めてタイヤとして機能します。 「POTENZA」は“限界を楽しめ。”をコンセプトにしています。タイヤが“走り”の性能を最大限に発揮できるようにということで生まれたのがアルミホイール「POTENZA」です。

「POTENZA RW006」

走りを重視したリアルスポーツタイヤ 「POTENZA RE-71R」にマッチしたアルミホイールとして、2015年に発売。RE-71Rのもつ高いグリップ性能をアシストするべく鍛造製法を採用。また、サイズごとにリムの深さを変更したバリアブル形状を取り入れ、軽量化を図っています。

※鍛造製法・・・製造時に金属素材に高圧をかけて作る製法。加熱しながら高圧プレスを繰り返し成型することで、高剛性でかつ軽量のアルミホイールです。

「POTENZA Adrenalin SW005」

幅広い車種に対応する、スポーティな走りをスタイリッシュに演出するタイヤ「POTENZA Adrenalin RE003」が発売された2014年に、洗練されたシャープな意匠を具現化しつつ、エッジを立てすぎない品のあるアルミホイールとして誕生しました。鋳造リムスピニング製法によりデザイン性を高めながら軽量化することにより、スタイリッシュ性を高めています。

※鋳造リムスピニング製法・・・ディスク部を鋳造で製造し、リム部をスピニング処理で製造する製法。ディスク面は、鋳造特有の「デザイン自由度・細かさ」を表現し、リム部は「剛性+軽量化」を図ったアルミホイールです。

「POTENZA SW010」

2019年4月発売の新商品として、運転の楽しさ・走る歓びをコンセプトに、鋳造リムスピニング製法によりデザイン性・剛性/強度を高いレベルでバランスさせたスポーティ&ストリートアルミホイールとして誕生。

クルマにとって、タイヤは路面に接地する唯一の部品です。クルマの性能を高めるためには、タイヤだけでなくタイヤと一緒に組み込むホイールも重要です。ブリヂストンのアルミホイールは、「強度」「デザイン性」「軽さ」「外観品質」「精度」にこだわり、多くのお客様のニーズにお応えします。

ブリヂストンは、クルマを足元から支え、安全・安心で楽しいカーライフに貢献していきます。

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148