「冬も性能でちゃんと買い。」 冬のカーライフにはスタッドレスタイヤが必要不可欠です。

「冬も性能でちゃんと買い。」 冬のカーライフにはスタッドレスタイヤが必要不可欠です。

少し寒くなってきました。寒くなると、温かいおでんや鍋が恋しくなってきませんか?

11月後半に入ると朝晩が冷え込み、外気温が3度を下回ることが多くなります。外気温が3度以下になると、路面が凍りやすくなります。特に橋の上や、トンネルの出入り口付近など。

冬になると、人はコートを着るなど温かい格好をするだけでなく、足元もブーツを履いたりします。ブーツは寒さに強いだけでなく、路面が凍るなどさまざまなシチュエーションでも安全に歩くことができます。クルマもヒトと同じように冬支度が必要で、クルマの足元であるタイヤもスタッドレスタイヤに履き替えることをお勧めします。

凍結路面①

タイヤを冬仕様にする、つまりスタッドレスタイヤを装着するということですが、なぜスタッドレスタイヤを装着した方がいいのでしょうか?それは、夏タイヤやオールシーズンタイヤでは凍結した路面を走行すると制動距離が長くなるためです。

日本の多くの地域ではシベリアなどの極寒地とは異なり、凍結路面をタイヤが転がったり、人が触れるなどするだけで、氷の表面が解け水の膜が生まれます。その水の膜が潤滑剤のように滑りやすい環境を作ります。そのため、その水の膜を取り除き、氷の路面とタイヤがしっかりと密着することが、クルマを安全に走行できるポイントです。

凍結路面②

スタッドレスタイヤは、ゴムが柔らかく、サイプと呼ばれる細かい溝があります。サイプにより氷の上にある水を除去することができ、またゴムが柔らかいことで、ミクロな氷の凹凸に密着することができます。特にBLIZZAK(ブリザック)は、トレッドゴムに当社独自技術である「発泡ゴム」を採用しています。路面と接地する部分に気泡と水路が生まれるので、より水の膜を除去することができます。夏タイヤやオールシーズンタイヤでは氷の凹凸に密着ができません。そのため、制動距離に差が生まれます。

アクティブ発泡ゴム2

そこで、ブリヂストングループでは、“冬道こそタイヤをちゃんと選んで欲しい”と多くのお客様にご提案しています。

■効きで選べばブリザック

ブラックアイスバーンや下り坂のカーブ、橋のふもとなど、様々な滑りやすい冬道を、危険な道にするか、安全な道にするか、それはタイヤ次第。「BLIZZAK VRX2」を装着した車が凍った道で左折するときなど、運転手が落ち着いてブレーキを踏むと、車はしっかりと止まります。
ブリヂストンの独自技術の発泡ゴムが進化した「アクティブ発泡ゴム2」を搭載した「BLIZZAK VRX2」は、積雪路や凍結路でのグリップ力を支えるのはもちろん、効きが長持ちするスタッドレスタイヤです。
“スタッドレスタイヤは、ちゃんと買い。”

■冬道をちゃんと想定内に

突然の雪での渋滞、雪でのスタックや凍った上り坂で空転したクルマなど、冬道のドライブでおこる想定外のシチュエーションは、突然降った雪のせい、氷のせいなのでしょうか。
雪が降った後の横断歩道を渡る親子と左折してくる車が映し出しだし、突然の雪の後でも“スタッドレスタイヤ”を装着したクルマは夏タイヤと比べてキュッと止まる。冬道でのトラブルを想定外ではなく、「ちゃんと想定内に」しておくことがとても大切です。

冬には冬用専用のタイヤを装着して安全なカーライフを送ってほしい。
ブリヂストンは「BLIZZAK」を通じて、雪が降る地域はもちろんのこと、冬道に不慣れな降雪が少ない地域のお客様にも、より安全で安心な走行をサポートし、クルマ社会へ貢献していきます。

冬用専用タイヤ「BLIZZAK」装着車

関連リンク

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148