ロードレースにMTBクロスカントリー、トラックやトライアスロン、パラサイクリングなどのアスリートへのチームサポート及び自転車機材サポートを発表

2月2日に、ブリヂストンサイクル(株)主催の発表会がありました。

まずは、今年で54年目を迎えるブリヂストン アンカー サイクリングチームの体制発表です。

 (左:ロードチーム)(右:MTBチーム)

2016年全日本ロード優勝の初山 翔選手は2017年への意気込みを語りました。

また、選手たちが使う自転車ANCHOR(アンカー)のモデルがこちらです。

これらのモデルの自転車で選手たちは世界中を駆け巡っています。

つぎに機材サポートの選手として、トライアスロンの上田 藍選手、パラトライアスロンの谷 真海選手、パラサイクリングの石井 雅史選手、川本 翔大選手、藤井 美穂選手、日本パラサイクリング連盟の権丈理事長、そして若手育成チームとしてEQADS(エカーズ)の浅田 顕監督が登壇しました。

トライアスロンの上田 藍選手をはじめとした選手からの挨拶がありました。

ブリヂストンは選手たちの大活躍を応援しています!そして、技術開発を進めた自転車で、世界最高峰を目指し、日々鍛錬するアスリートを支えていきます。

こちらもどうぞ(ブリヂストン アンカー サイクリングチームのブログでも紹介されています)外部リンク

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト
  • motobridge
  • technology_innovation