「タイヤソリューション」のメンテナンス/セールススタッフの競技大会

9月9日(日) ブリヂストンタイヤジャパン株式会社主催の「技能グランプリ全国大会」「生産財セールスマンコンテスト」が開催されました。

昨今、輸送業界では運送ドライバーの高齢化や自動車整備士の不足が課題となっていますが、荷物を安全・正確にお届けするには、運送事業者様の安全運行を足元から支えるタイヤのメンテナンスは非常に大切です。

そこでブリヂストンが、運送事業者様のタイヤメンテナンスに関わる負担を軽減するために推進しているのが、商品とタイヤメンテナンスサービスを組み合わせた「タイヤソリューション」です。「タイヤソリューション」とは、運送事業者様それぞれが抱える「経費削減」や「安全運行」といったさまざまな課題に対して、最適な解決策を提案するものです。その中核を担うのは、タイヤメンテナンススタッフと、セールススタッフです。

■技能グランプリ全国大会
技能グランプリは、タイヤメンテナンススタッフのサービス品質の向上及びスタッフの育成を目的に2010年から毎年開催しており、今年で9回目の開催になります。
第1回大会から現在まで、トラック・バス用タイヤを取り扱うブリヂストンタイヤショップのスタッフが、ブリヂストンタイヤジャパンが制定したタイヤメンテナンスの作業標準(ルール)に基づき、その技術と知識を競い合っています。これまで、全国各地区で開催された予選大会を含めると、のべ約3700名が参加。全参加者は最高峰のタイヤメンテナンス技術と知識を有するリーダーである「技能マイスター」を目指し、日夜技術を磨いています。

競技は、お客様への接客、タイヤ交換などの一連の作業について、制限時間内に確実に完了できるかを、歴代の「技能マイスター」の厳しい目で審査されます。競技者がつけているワイヤレスマイクからは、競技者のピリピリした緊張感が伝わってきます。

今年の技能グランプリでは、新たに6名が「技能マイスター」に加わり、現在26名が認定されています。「技能マイスター」は、今後ブリヂストンタイヤジャパンが目指すメンテナンスサービスの方向性、作業標準を創る重要な役割を担うとともに、全国で導入する新たなサービス機材の開発や後進のメンテナンススタッフの育成に取り組んでいます。

お客様の安全運行を足元から支えるタイヤメンテナンススタッフの更なる活躍を期待しています!

■生産財セールスマンコンテスト
生産財セールスマンコンテストは、2015年から毎年開催し、今年で4回目の開催になります。
トラック・バス用タイヤを取り扱うブリヂストン代理店・ブリヂストンタイヤジャパン生産財カンパニーの直営店/卸セールススタッフ398名が地区予選を戦い、上位14名が参加しました。

出場者には、あらかじめ運送事業者様の情報(拠点・保有台数、取引状況、荷主等)が伝達され、その情報をもとに、お客様の課題や困り事をヒアリングします。そうして見出した課題や困りごとを解決に導くために、新品タイヤ・リトレッドタイヤ・メンテナンスサービスなどを組み合わせ、如何に適切なプランを提案が出来るかが厳しく審査されました。
14名の出場者のうち、最もお客様の課題を的確に把握し、課題解決の提案をした1名が最優秀賞を受賞しました。

ブリヂストンのカタログには、「安心・安全を追求。それがブリヂストン」とうたっています。
すべてのお客様の輸送ビジネスへ、これまでにない価値を追求していく。
全国各地のブリヂストン販売店でその取組みの中核を担っているのがメンテナンススタッフであり、セールススタッフです。
ブリヂストンは今後も、メンテナンスサービススタッフの技術力向上と、セールススタッフの課題解決/提案力向上を図り、安心・安全につながる高品質な製品とサービスを追求していきます。

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148