ブリヂストンのトラック・バス用タイヤ「ECOPIA」の公開燃費テストを開催

ブリヂストンタイヤジャパン株式会社(以下、ブリヂストン)は、2月23日に東京都江東区有明でトラック・バスの事業者様を対象に低燃費タイヤECOPIA(エコピア)の公開燃費テストと安全作業のご紹介を行いました。
ブリヂストンは「商品」と「メンテナンス」で、事業者様と一緒に日本の輸送の足元を支えていきたいと考えており、それをご紹介・提案するために開催したものです。
当日は、首都圏・関東地区の輸送事業者様89社129名に加えて多数のメディアにもご参加頂き、大盛況でした。

公開燃費テストは、ブリヂストンの低燃費タイヤECOPIA M801(エコピア エム ハチマルイチ)の燃費性能を実証するために行いました。時速70kmの一定速度で横風や渋滞の影響を受けにくい、「東京湾アクアライン浮島IC~海ほたるPA」間(往復12km)をECOPIA M801と通常タイヤで走行し、燃料の消費量を比較しました。事業者様は追跡用のバスに乗車頂き、試験車両の後方を走行頂きました。
燃料消費量は随時トラックからデータを入手し、追跡用バス前方のディスプレイに表示されます。
(テスト車両はタイヤが12本装着される大型トラックを使用)

気になる燃費テストの結果は・・・。ドキドキ。

--------------------------------------------------------------
・低燃費タイヤ ECOPIA M801(平均燃費:6.49km/L)
・通常タイヤ ECOPIA M800(平均燃費:5.96km/L)
--------------------------------------------------------------
ECOPIA M801の方が、約8.9%も燃費が向上しました。
タイヤを変えるだけで燃費がこんなに変わるとは驚きです!
⇒トラック・バス用タイヤ ECOPIAの詳細はこちら外部リンク

(左:ECOPIA M801、右:M800。見た目はそっくりなのに低燃費性能は違います!)

燃費テストの後は、ブリヂストンの直営店でタイヤの安全作業のご紹介を行いました。 タイヤのメンテナンスは、トラックの安全運行確保においてとても重要です。ブリヂストンはタイヤメンテナンスを行うスタッフの人材育成にも力を入れており、どの店舗でも高品質で均一なメンテナンスサービスを提供することを意識しています。

 (作業の実演風景。「確実、迅速、丁寧」な作業をプロスタッフが披露しました)

ブリヂストンは、輸送事業者様の「タイヤ+メンテナンス」業務を一括請負し、総額で契約するプランである、TPP(トータルパッケージプラン)を展開しています。2017年末時点で750社、2万2000台に採用を頂いており、契約件数は年々増加しています。

ブリヂストンは輸送事業者様の「環境経営」「経費削減」「安全運行」に貢献できるタイヤの開発、サービスの提供を常に目指し、これからも様々なご提案を進めていきます。

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148