スポーツタイヤ新商品「POTENZA RE-71RS」の開発テストの裏側をご紹介

スポーツタイヤ新商品「POTENZA RE-71RS」の開発テストの裏側をご紹介

前回の記事では、ブリヂストンのスポーツタイヤ「POTENZA RE-71RS」の開発の裏側として、開発者インタビュー外部リンクをご紹介しました。しかし、「POTENZA RE-71RS」の誕生には、他にも多くの皆様のご協力がありました。「後編」として、POTENZA開発に欠かせないメンバーについてご紹介します。

86

「POTENZA RE-71RS」は、「POTENZA」のストリートラジアル史上最速を実現したタイヤです。
開発におけるタイヤテストは、設計者とPOTENZAドライバーが中心となって進めますが、そのテストに向けては様々なスペックのタイヤを準備し、車両に装着して評価をします。では、タイヤテストはどのようにして行われているのでしょうか。

テストタイヤ

まずは、ブリヂストンの工場で作った開発タイヤをサーキットに持ち込み、ホイールに組み込んだ後空気充てんやバランス調整をおこないます。サーキット場には、タイヤをホイールに組み込む機械「タイヤチェンジャー」などがないケースもあるため、サービスカーと呼ばれるタイヤチェンジャーやコンプレッサーなどを完備した大型のトレーラーをサーキット場まで運び作業をすることもあります。持ち込んだタイヤのセット数や車両台数によっては、分刻みのスケジュールでこれらの作業を行わなければいけません。これらを安全に確実に実行するチームの皆さんのサポートが不可欠です。

テストタイヤ取り付け
(タイヤの脱着やブレーキなどの車両コンディションを確認)

また、「POTENZA RE-71RS」はサーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力とコントロール性を高めたタイヤなので、試験走行には足回りなどサーキット走行に適したチューニングを施した車両も必要です。また、テストは長時間の走行や夏場の高温下での走行など車両にとって過酷な環境下で実施することが多いため、車両を常にベストなコンディションにメンテナンスするメカニックの皆さんのサポートも欠かせません。

ロードスター
(雨天時でのウェットテストを実施)

そしてタイヤテストは様々な環境での検証も必要です。ドライ路面やウェット路面、冬場の低温域から夏場の高温域といった様々な環境でしっかりと性能が発揮できることをチェックすることが大切です。
そのため、何度も試験を重ね最適なタイヤを追求しています。

展示タイヤ

メカニックの皆さんが車両をメンテナンスし、開発したタイヤを確実にホイールへ組み込み車両に装着。
それにより、始めてPOTENZAドライバーが開発したタイヤを試験できるようになります。
多くの皆さんのサポートにより、「POTENZA RE-71RS」は誕生することができました。

POTENZA

「POTENZA」は1979年の誕生以来、世界のハイパフォーマンスカーに認められモータースポーツの世界でも結果を残し続けているスポーツタイヤブランドです。"走り"に対する深いこだわりや多様化したニーズにお応えし、より多くの方にご愛用いただけるように、「POTENZA」はこれからも進化し続けます!

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148