年間10万人以上の久留米市民が利用!「コスモすまいる北野」をご紹介

年間10万人以上の久留米市民が利用!「コスモすまいる北野」をご紹介
外観

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋…秋は気候も少しずつ落ち着いて、さまざまな楽しみがありますね。
今日は「スポーツの秋」に関連して、ブリヂストングループが施設の管理代行を行っている「コスモすまいる北野」についてご紹介します。

創業の地・久留米での健康づくりをサポートしています

教室風景

コスモすまいる北野(福岡県久留米市北野複合施設)は、市民の健康づくりをサポートするために設置された社会福祉施設で、北野保健センター、久留米市立北野図書館、久留米北地域包括支援センターが設置されています。

この施設の管理を代行しているのが、全国でスイミングスクールやフィットネスジムなどを運営するブリヂストンスポーツアリーナ株式会社。
2020年4月より、ブリヂストングループとして初めて指定管理者(※)として施設の管理を行っています!
※地方公共団体から指定されて公の施設の管理を行う民間事業者やその他の団体

現場で活躍中のブリヂストンスポーツアリーナ社員に話を聞きました

社員
(左から)延さん、柴田さん、山内さん、岩田さん

今回は、館長と副館長としてコスモすまいる北野に勤務しているブリヂストンスポーツアリーナ(株)柴田社員、山内社員にインタビューしました!
※役職は9月の取材当時のものです。

中の人も現地でシェイプアップしたいところですが……今回はメールにてお話を伺いました。

Q.休館期間が終わり、施設が再開されてから2か月ですね。どんなお気持ちでしょうか?
A.4月から運営を受託していたものの、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から施設全体としては運営ができない状態でした。マスク姿ではありますが、利用者の皆さんの姿を毎日見ることができてうれしいですね。(柴田社員)
毎日、老若男女問わず多くの方にご利用いただきうれしく思っています。また、7月の豪雨時は福祉避難所として開設されるなど、改めて地域住民の方の心の拠り所になっている施設だと実感しています。(山内社員)

Q.コスモすまいる北野にはたくさんの体験プログラムがありますが、その中でも特に人気なのはどのプログラムなのでしょう?
A.有料教室のラテン系ダンスフィットネス「ZUMBA」です。一般的なスポーツクラブと同じプログラムを、家の近くで、なおかつ会員にならなくても受けられるということもあり、キャンセル待ちが出るほどです。特に女性に人気でレッスン後のガールズトークも楽しみのひとつになっているようです。(山内社員)

Q.山内さんが中心になって開発されたプログラム、「アクティブ健康教室」の提供も始まると聞いています。プログラムの詳細や、力を入れたポイントを教えてください。
A.男性シニアに特化したアタマ・カラダ・ココロが一度に“整う”プログラムです!インストラクターと参加者という構図ではなく参加者同士が能動的に参加できる仕組みとして、自然と笑いが起こる“コーディネーション運動”と、それらを巧みにまわすアテンダント(インストラクター)の存在がポイントとなっています。

Q.施設に関して何かアピールしたいところはありますか?
A.コスモすまいる北野のWebサイトではスタッフブログを更新しています。各スタッフが交代で情報発信していくので、ぜひそちらもご覧ください!あとは館長の柴田さん、最後に一言お願いします。(山内社員)
想定外続きの運営スタートとなりましたが、利用者の方はもちろんの事、スタッフも毎日元気に頑張っております!日常が戻るその日を信じ、「すまいる」であふれる施設づくりを目指します。応援よろしくお願いします!(柴田社員)

ありがとうございました!

暑さも和らぎつつある今日この頃。お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148