2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

商品のお求めとお問い合わせはお近くのブリヂストンタイヤ取り扱い販売店へお願いいたします。
各店舗の詳細は、下記、地域一覧からご覧いただけます。

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

二輪車用タイヤの基礎知識 タイヤ製造年と週

みなさんは、自分のマシンに装着されているタイヤの製造年をご存知ですか?

購入した年月はわかっていても、そのタイヤが製造された年月は知らない、という方は少なくないのではないでしょうか。

実際の走行距離だけでなく、タイヤの製造年月も確認しておき、交換するタイミングを検討することが、性能の低下を防ぎ、安全で安心な走行につながります。

では、どうやって確認するのでしょうか?

はい、答えは簡単です。
01_KV_img01.jpg
タイヤのサイドウォールに「4ケタの数字の刻印」があります。この刻印を見ることで製造された年、週がわかります。
この刻印はタイヤの片側のみに入っています。
01_KV_img02.jpg
上記の刻印の"4311"の部分で、そのタイヤの製造された年と週がわかります。
"4311"の場合、前の2ケタの"43"はその年の第43週目(10下旬)を示しています。
次の2ケタの"11"は年(西暦)の下2ケタを表してます。つまりここでは「2011年」ということになります。
よって、"4311"の場合、「2011年の43週目(10月下旬)」に製造されたタイヤであることがわかります。

なお、あまり履いていただきたくなのですが、1999年以前に製造されたタイヤでは3ケタの数字で製造年週を示しています。
"129"と刻印されている場合、最初の2ケタは製造週、最後の1ケタは製造年(西暦)の下1ケタを示しています。

したがって"129"の場合は1999年12週(1999年3月下旬)に製造されたタイヤとなります。

同じタイヤでもフレッシュなものほど弾力もよく、マシンの性能をしっかりと路面に伝えることができます。
タイヤの製造年をきちんと把握しておくことが、安全で安心な走行につながるだけでなく、走る楽しみにもつながっていくことでしょう。

バックナンバー

購入サポート